123

ぷよぷよのハードルは低くて高い

by
OOOO=1
OOOO=1
いつの間にか「敷居が高い」の意味に、ハードルが高い的な意味が追加されたらしい。
言葉って面白いね。

本題。

ぷよぷよのハードルって低いですよね。

十字ボタンとABボタンだけで操作が完結していて(厳密には違うが)、その操作方法も至って単純(厳密には)。
かつ、ルールは明確で、わかりやすい(厳)。

ぷよぷよ以上にハードルが低いゲームって早々無いと思います。多分。

でもぷよぷよのハードルって高いですよね。

運の要素がそれなりに強く、求められるハンドスキル(連鎖構築、凝視、キャンセル等々)は非常に高い。
かつ有利不利の判断がとっても難しい。

リリースから25年以上立っているのに、どうやったら上達できるのか、まーるで確立されていない(人それぞれ理論がそれぞれ過ぎる)

世界一とは言いませんが、世界百ぐらいにはハードルが高いゲームだと思います。

始める分にはとってもハードルが低いですが、上手くなる分にはとってもハードルが高い
これが、公式大会でよくよく強調されている「シンプルだけど奥が深い」ってやつなんでしょうね。

いやあ、ぷよぷよって不思議なゲームですね。

・・・何もオチがねぇ。

終わり
更新日時:2019/12/01 18:33
(作成日時:2019/12/01 18:26)
カテゴリ
日記
コメント( 1 )
OOOO=1
OOOO=1
12月1日 18時31分

書いてて思ったけど、この記事、ぷよぷよをテトリスに置換しても大体通じそう。

コメントするにはログインが必要です
シェア