2052

「速いだけの雑魚」への道

by
ta-ti
ta-ti
「速いだけの雑魚」

このよくわからない言葉を知っている人は今はそこまで多くないのではないでしょうか。

自分がこの言葉を初めて目にしたのは「ぷよぷよ2ちゃんねる」のプレイヤー、「goo様」に煽られた時だと記憶しています。

「雑魚」と煽られたら流石に気分はよろしくありません。

この
「速いだけの雑魚」
の意味は
「本線しか無くて中盤戦の駆け引きもできない、凝視もしていない、ただ速く本線を組めるだけの雑魚」
という意味と捉えています。

goo様はおそらく中盤戦をやりたくて催促を打つのですが、その催促が大きすぎて相手に即打ち本線を打たれると火力不足に陥っていたのでしょう。
それでプンプンして煽りチャットを送ってくるのです。
これを送られたプレイヤーは本戦力がある実力者と「goo様」に認められた証明です。

「中盤戦に付き合わずに本線だけ組んで相手の催促に即本線を被せる」
これは相手からしたら「発火催促」の典型的な成功例なんですが、これで催促を打った側が負ける場面は昔から多いです。

この負けるパターンは昔から大体決まっています。
1.催促後の伸ばしが下手
2.伸ばしはある程度できるがそもそも催促後の形が悪くて伸ばせない
3.催促でぷよ量を使いすぎて相手の本線中に限界まで伸ばしても足りない

大体このパターンです。
セカンドで返されるパターン、相手の本線が途中で暴発して伸ばしの途中で負けるパターンは今は考慮しないようにします。

各パターンの特徴を記します。

1.催促後の伸ばしが下手
単純に相手が本線を打った後に伸ばせないパターンです。
このタイプの人は相手がいてもいなくても完全に自分の責任で負けています。
とこぷよで本線力を鍛えなければいけません。
そもそも催促を打ってはいけません。
貴方には本線がありません。
色んな形で素早く12連鎖組めますか?
色んな形で連鎖尾組めますか?
色んな折り返し組めますか?
CPUをフルボッコにできますか?

全部に自信を持ってYESと答えられない人は催促を打ってはいけません。
「本線の練習をしてください」と自分は催促をしているのです。


2.伸ばしはある程度できるがそもそも催促後の形が悪くて伸ばせない
1を通過した者が通る課題。催促後の形が悪くて伸ばせないパターンです。
所謂
「残しが悪い」
という状況です。
1を通過した者はある程度の折り返しのパターンをマスターしているはずなので、少しの「残し」を意識する事で解決する事が多いです。


3.催促でぷよ量を使いすぎて相手の本線中に限界まで伸ばしても足りない
これは催促の打ち合いと化した現代ぷよで多い負けパターンです。
相手の催促に対応しようとするあまり、その催促が強大になって催促を逆に「打たされて」負けるパターンです。


以上の3パターンが代表的なものです。

まずは1.のパターンを潰すのです。
とにかく速く連鎖を組むのです。
ひたすらそれだけで良い。


1.を通過した者には
「速いだけの雑魚」
の称号を与えましょう。























































※個人的に「速いだけの雑魚」になればPS4でレート2700は固いと思っています。
更新日時:2020/04/05 23:48
(作成日時:2020/04/05 21:29)
カテゴリ
初心者向け
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア