435

スコアアタック用 土台メモ

by
takezou
takezou
kenny式の記事に触発されたので自分も書き溜めていたスコア用土台のメモを投稿します。

図が多すぎて全部は載せるのは大変なため、その他の形式や許容形などはサイトの方にまとめています。
サイトの方はたまに更新しています。
https://puyoloft.net/memo/score_dodai

-----------------------------------------------------------------------------------------------
主にぷよ通スコアの1面で使うような土台を研究している。
4色で相手の攻撃がほとんど無い状態でいかに効率よく無駄消しなく大連鎖を組めるかを追求したい。

ぷよ通スコアの2面以降の追求は連鎖というよりも整地や対応技術の追求という感じがするのでここではほとんど扱わない。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
この記事の項目
・「5段パーツ土台」
・「3段土台」
・「6段折返し土台」

-----------------------------------------------------------------------------------------------
●「5段パーツ土台」

5段で平らに収まるパーツ土台を第1土台として、その上の第2土台以降も含めた許容形を網羅しパーツの組み合わせを強く意識した土台。
パーツの種類は「連鎖尾」「折返し下部」「折返し上部」「第2折下部」「第2折上部」。
基本的にそれぞれのパーツは3列で一塊になっている。

同時消し含みの連鎖尾パーツを積極的に採用する。
15連鎖以上は連鎖ボーナスがカンストしていて、17連鎖、16ダブ、15ダブ16連は同じ点数になるため、許容形を増やすことに活用している。

・5段パーツ土台とkenny式の関係
5段パーツ土台の各パーツはkenny式の各パーツの輪郭と一致するため互換性がある。
kenny式も5段パーツ土台の1種といえるが、階段土台の利点を最大限受けていることがkenny式の強みである。

5段パーツ土台は、kenny式に代わるスコア用土台を目指して研究しているが、研究するほどkenny式の優秀さ思い知ることになる。
kenny式は、形が単純で、色制約が少なく、暴発し難く、連結足しやすく、大連鎖を撃てる最も効率のいい5段土台の基本形ということを疑うことは難しい。
同時消し含みの3列連鎖尾パーツをkenny式の許容形の一部として使えばkenny式の完成度をもっと高められる可能性はある。

・5段パーツ土台の理想
許容形の中にも良形悪形があり、良形パーツのみを組み合わせて大連鎖を構築するために、最上部の領域までの良形パーツの許容形を網羅することが重要。
その上で良形パーツの優先度をすべて明確にして、ツモを優先度の高い形の順に当てはめていくというイメージ。

--------------------------------------------------------------
基本形。

--------------------------------------------------------------
連鎖尾パーツ。

4列目に繋がる受け口は必ず2段以下にする。
パーツ土台は許容形をいかにたくさん増やすかという目的があり、階段土台の4列目縦3の形の3段受け口は折返し下部の許容形が少ないため採用できない。

連鎖尾パーツ。下の「青」から消す。
連鎖尾の「┗左下L字」は「┏左上L字」とズレに互換性があり置き換えられる。
 

「┛右下L字」も使用可能だが、許容形の数が他の2種と比べて著しく減り積極的に採用はできないので、ここでは「┗┏」のL字許容形を載せていく。


--------------------------------------------------------------
連鎖尾許容形。下の「青」から消す。
---------------------------------
超良形。34列目に2個ブロックを追加しても暴発しない。
  
---------------------------------
良形。34列目に1個ブロックを追加しても暴発しない。
    
   
   
   
---------------------------------
良形。34列目に1個ブロックを追加しても暴発しない。
「┗」とはL字上下逆の形。
   
   
   
   
---------------------------------
普通形。暴発しても得点ロスが少ない形。
「┏左上L字」使用の形は、下記と形が似てるのでここでは省略する。
   
   
   
---------------------------------
普通形。さらに少し暴発しやすくなるが、暴発しても得点ロスが少ない形。
   
   

他の暴発しやすい許容形などはサイトの方でまとめている。

--------------------------------------------------------------
5段パーツ土台の同時消し連鎖尾パーツをkenny式で活用する例。
    

--------------------------------------------------------------
折返し下部パーツ。
4列目受け口1段2段に対応できる許容形。

    
    

--------------------------------------------------------------
折返し下部パーツ。
4列目受け口1段2段3段に対応できる許容形。
4列目受け口3段のkenny式でも採用可能な形。
 
図1
図2
図3



図1。折返し下部で一番優秀な許容形はこの階段折返しになり、それがkenny式の強さを表している。
図2。カギ積み折返しをパーツに組み込めるのは面白い。kenny式の折返し下部で1,3列目が同色になったときの回避形としても使える。この形は1列目や2列目に「青」を縦2個追加すると暴発するので優劣でいえば階段折返しより劣る。
図3。折返しが2段受け口になっているのが優秀。3列目の青が青2つで暴発するのはやや欠点。


折返し下部パーツは上記以外にも許容形はたくさんあるがここでは割愛する。
他の許容形はサイトの方でまとめている。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
●「3段土台」

3段で平らになる土台。
第1土台を3段で作り、その上に第2土台を4段のカギで横に伸ばす
第1土台と第2土台を含めた全体は7段土台になる。

通常5色面でよく使われる第2土台を含めた8段土台では、落下速度や5色の影響で第2土台を毎回組み上げる難易度が高いため、
第2土台の段数1段下げて耐久性を上げることで第2折まで組める確率を上げる狙いがある。

--------------------------------------------------------------
基本形。許容形。
他にも許容形はたくさんあるが、なるべく第1土台を平らに作り第2土台は色制約の少ないカギ積みを優先する。
第1土台と第2土台を平らに作れば上部で耐えるときに巻き込みを避けやすく、第1土台の暴発もしづらくなる。
連鎖尾を拡張する場合は3連結露出する形は避ける。
    
-----------------------------------------------------------------------------------------------
●「3段1加土台」

平らな3段土台から折り返し部分を1ブロック分連鎖尾側にズラす。
結果的に連鎖尾が1マス分盛り上がる形になる。
この形のほうが折り返しの後乗せ具合の収まりがいい。
第2折を簡易的に組みやすいため、平らな3段土台よりもこちらの方がいい可能性がある。

折返しはGTRだけじゃなく、1-1-1カギでL字を挟み込む形も優先度が高い。
5色面は折返しを組むときに色ブロックを1個を省いて後乗せ任せにできる利点がある。

また、階段の折返しが優れているのも、折返し下部の2列目の色に繋ぐ受け口が3段あるためで、2段分の余裕がありそれが後乗せしやすさに繋がっている。
折返しの1-1-1カギの受け口は2段なので、階段ほどではないが1段余裕があり、後乗せのしやすさがある。

--------------------------------------------------------------
許容形。
連鎖尾で3連結が露出する形はなるべく使いたくない。
    


-----------------------------------------------------------------------------------------------
●「6段折返し土台」

折り返しの3列が6段で平らになる土台。
主に4面以降の5色面で使うことを想定している。
耐久性を高めて発火率を上げる狙いがある。
相手の猛攻に耐えつつ、発火点を確保しながらU字構築として上に伸ばす。
基本的には連鎖尾側で対応ネタを作りながら前伸ばしを敷き詰めていく。
連鎖尾は回収率重視で同時消し多めで構わない。
 
図1 基本形
図2
図3

図1。基本形。3列目に繋げる形で平らな6段になればよくて許容形はいくつかある。
図2図3。基本的には3列目のキーぷよは外した状態で、なるべく1、2列目に敷き詰めるように伸ばす。

前伸ばしはキーぷよを外した状態であれば、連鎖尾側で対応ネタを用意できなかったときに緊急手段の対応ネタとして使える。
左折にするのは自由落下が高速になった時に確実に1、2列目に置けるようにするため。
図では4色だが5色面で使うものなので土台以降はもっと無駄が多くなる。

--------------------------------------------------------------
折返し許容形
一番左の形がもっとも暴発少なく色制約も少ないのでなるべくこれを組みに行く、
   

-----------------------------------------------------------------------------------------------
 
更新日時:2020/05/11 13:55
(作成日時:2020/05/05 14:56)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア