477

2連鎖と3連鎖を考えてみる

by
pis
pis
ここでは「2連鎖」と「3連鎖」について考えてみようと思います。


まず、2連鎖とは…

    

    

こんな感じで連続して2回ぷよぷよが消えることを2連鎖と言います。

その流れで、連続して3回消えれば3連鎖です。


では、様々な2連鎖、3連鎖の形を見ていきましょう。

    

これらは「階段連鎖」と呼ばれるものですね。
作りやすさ、分かりやすさはピカイチです。

はじめて作るならこれがお勧めです。

階段連鎖には、他にも形があり…

    

「2-2階段」「1-3階段」といった形もあるので、
いろいろ作ってみてください。


次は挟み込み

    

こちらも「挟む」ということを理解しやすい形です。

これにも他の形があり…

    

こんな感じですね。

☆ちなみに先ほどの階段も含めて必ず4つのぷよぷよで、
作らなくてはならないわけではないので、
5つでも6つでも連鎖になっていればいいと思います。

    

こんな感じで、各色のぷよぷよの連結数が4つでも5つでも
とにかく繋がって連鎖になればいいと思います。


ここからは、様々な形だけを載せていきます。

    

    

    

以上です。

「階段」だけとか「挟み込み」だけとかに囚われずに
様々な形を組み合わせて、連鎖を作ってくれればと思います。

また、慣れてきたらできるだけ早く作ってみましょう。

下ボタンを押しながら高速で作れるようになったら文句なしです。


最後までお読みくださってありがとうございました。
更新日時:2020/11/01 12:27
(作成日時:2020/11/01 12:26)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア