182

ぷよぷよとバスケットボールの関連性について。その1

by
TNK#たぬき
TNK#たぬき
ぷよぷよとバスケの関連性
その1  ぷよぷよにおける凝視や判断との関連性
ぷよぷよにおいて凝視は程度の違いはあるが、
おそらくみんなしている。
(相手の連鎖が始まって本線かどうか確認など)
その上でのばしや発火など様々な判断を
しているプレーヤーは多いと思う。
このことをバスケに当てはめると
自分がオフェンスの場合、相手ディフェンスに
合わせてプレーを判断し実行するということだ。
例えば、ディフェンスを3つのパターンに分けて
考えるとする。
・1つ目はディフェンスの方も相手の動きに
合わせてくるタイプ。
・2つ目はボールを奪うために積極的に仕掛けて
くるタイプ。
・3つ目は仕掛けを使って相手を誘導して
守りやすいようにしてくるタイプ。
この3つをぷよぷよに当てはめると
・1つ目はキーぷよ外して対応手持ちつつ相手が
本線ならキーぷよ入れるみたいに
相手に合わせるタイプ。
・2つ目は速攻や早い2ダブや2トリなどで
攻撃してくるタイプ。
・3つ目は2ダブなどを構えて、相手に対応手を
作らせるように誘導してから、組み替えで
本線につなぐようなタイプ。


ぷよぷよにせよバスケにせよ
相手がどのパターンなのかを見分けることは
重要であり、その見分けることこそが
ぷよぷよで言う「凝視」だと自分は思う。
そして「凝視」して見分けた後、自分がどう行動
するのかが「判断」の部分になってくる。
では3つのそれぞれのパターンの攻略法を
バスケの視点から考え、ぷよぷよに繋げて
みたらどうなるのだろう。


1つ目のパターンは自分の動きにディフェンスは
合わせてくる訳だからフェイントが有効であり、
なるべく小さなフェイントで相手を動かせると
オフェンスが成功する確率が高まる。
これをぷよぷよに当てはめると、
小さなフェイントとは単発や2連鎖で、
相手を動かすということは5連鎖以上の副砲を
打たせたりキーぷよを入れさせて本線を打たせる
ということになる。そうなれば時間がもらえる
ため、のばしなどが成功しやすくなるはずだ。

2つ目のパターンはボールを奪いに相手が
仕掛けてくる訳だが、逆にそれをかわせば
一気にオフェンスが成功しやすくなる。
これをぷよぷよに当てはめると、
相手の速攻に対して本線を打てたり、早い2ダブや
2トリに対して、かぶせるように本線を打つ
ような感じということになると思う。

3つ目のパターンは相手が誘導してくる訳だから
相手がどう誘導しようとしてるのかを考えて
その誘導と逆に動いたり、逆に自分から
フェイントをしかけて相手に誘導する余裕を
与えないことでオフェンスが成功しやすくなる。
これをぷよぷよに当てはめると、
相手の構えに対して、きっちり対応しようと
するのではなく思い切って多めに対応したり、
いっそ本線を打つということ。また自分から
フェイントを仕掛けるということを今回は
自分が先に構えを作るという風に考えると、
構えを先に作ることで相手が後手に回らないと
いけない状況にするということ。

このように意外とぷよぷよとバスケを
重ね合わせてみると共通点があると思う。
実際、自分はぷよぷよ始めてからバスケでの
1on1の勝率が上がった。
判断の部分に関してはあくまでバスケの視点から
考えたものであり、自分はぷよぷよの実力が
高くないため正しいかどうかの判断は
わからないところが多い。
それでもそこそこ正しい判断だと自分は
思っている。🤪
作成日時:2020/12/15 19:09
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア