211

ネットがない環境下でのぷよぷよ上達

by
二十四
二十四
どうも、こんばんは

今となってはネットが普及しており、誰でも上級者のプレイを見ることができるようになりましたが、ネットが普及する以前は定期的にゲーセンに集まって教え合ったり、上級者同士のリプレイをダビングして色んな人にそれを配ってたとかなんとか

私がぷよぷよを始めたのは9年前の時です。ぷよぷよ7から始めました。当時、ネットはある家庭にはあるといった具合でしたが、私の家庭はネットを使える環境ではなかったので、何をすればいいのかよく分からず、がっこうモードで少しずつ学びました。階段積みと挟み込み(鉤積み)を学び、挟み込みは邪道な感じがしたので階段積みを選び、5連鎖組めて満足してました。折り返しは難しかったのでハチイチ待ちの6連鎖と、階段の上にテキトーにぷよを敷き詰めて祈り、最高8連鎖まで組めるようになりました。

しかし、「こんなんでは柔軟性がないやろ!」と思い、COM対戦で階段を組むことはありませんでした。階段積みの形は覚えたものの、しばらくはテキトーに置いて連鎖を祈ってました(所謂カエル積みです)。しばらくして「カエル積みなんか柔軟性と安定感がないやろ!」と思い、階段と挟み込みとカエル積み以外で5連鎖が安定する方法を考えました。



その結果、「連鎖が消える仕組みを理解しながら置く」という結論に至りました。ざっくりいうと不定形です。といっても、カエル積みしかやってこなかった私にとって、連鎖の仕組みを理解するのはかなり難しかったです。「4個同じ色のぷよを繋げると消えるよ!」という単純なゲームなのに、、(今も難しい)

最初はゆっくり考えながら置き、少しずつ早く考えて置けるようになっていきました。不定形もどきが安定してきたところで、様々な形の連鎖を覚えていきました。

ん?おま、ネット環境ないんじゃ………

ぷよぷよシリーズには裏技コマンドでCOMを最強、自分をCOMにすることができます(この情報はネットで調べましたなんて言えない)。それを利用して最強COM同士をよく闘わせてました。すると、何個か覚えやすいもので使えそうな連鎖の形を見ることがありました。
例えば、

このような形。だぁ積みっぽい形ですね。これをCOMが組んでいるのを見て「これ使えるなぁ」と思いました。なぜ、これを使えるなぁと思ったのかというと、当時の私は「通」はせずに、「だいへんしん」か「フィーバー」しかしていませんでした。2つのルールは通と違い、ツモパターンがキャラによって異なり、最大で4つのぷよが1つのツモとして扱われます。このだぁ積みっぽい形はこのルールでは作りやすく、

このようにして置くと、だぁ積みの子供ができます。
また、

このように置いても作ることができます。初手でこの形が作れる場合は殆どこの形を固定にして

こんな感じで伸ばしていました。中辛は組み辛かったので、激甘でやってましたが、大体こんな感じで4〜5連鎖は安定して組めるようになりました。

ぷよぷよ7にはフィーバーモードが収録されています。フィーバーモードとは、フィーバーに突入すると連鎖のタネが降ってきて、連鎖のタネを消すと段々大きな連鎖のタネが降ってくるようになり、最大で15連鎖のタネが降ってくるようになります。

この連鎖のタネを見て「これ使えるぞ!」と思ったものを盗んでは使っていました。
例えば

このような形。普通の階段にも見えますが、上に紫ぷよが4つ乗っています。これは連鎖尾として6連鎖目に回収されます。「これめっちゃ使える!」そう思った私は色んな形(雪崩やかんぬきなど)を覚えました。連鎖尾の概念を理解することができ、7連鎖超えの連鎖を組むことができるようになりました。

ですが、折り返しが難しく、10連鎖以上はなかなか組めるものではありませんでした(今でも難しい)

このようなステップを踏んで、フィーバールールで最強COMと激甘で互角になるくらいには強くなりました。まぁ、フィーバールールを激甘ですると、相手に大連鎖を打たれても2連鎖打てばフィーバーに突入できるんで、最初グダッてもフィーバーに突入して延命できます。COMがフィーバーでグダることもよくあったんで、ミスらなければ大体勝てるんですが………

………

このレベルになるまで2〜3ヶ月くらいだったように記憶しています。それで満足してしまって、たまにぷよぷよを起動してはCOMを殴る遊びをしてました。

何を思ったのか今年の8月末、ぷよぷよを再開し、ネットぷよデビューすることになりました。きっかけになったのは あめみやたいよう vs めいせつ の試合です。
プロの試合の中でも飛び抜けて再生回数が多いこの動画です。まぁ、この試合がきっかけというよりはジェイ&エルが可愛かったからというのが本当の理由なのですが。ジェイ&エル使ってみたさと、多少腕に覚えがあったので再開することに。それまでは別のパズルゲームをやっており、それにも飽きてきたところでした。

しかし、実際にぷよぷよワールドに飛び込んでみると、「なんじゃこりゃ」と驚きました。私は完全に井の中の蛙でした。正直、めいせつあめみやの動画を見てなんとなくは察していたんですが………

という経緯で再開して今に至ります。昔は柔軟性がないだの言って不定形組んでいたのに、今はほとんど鉤積みしか使ってないなんて言えない。自由度の高いgtrも難しくて使用頻度がかなり低いなんてことも言えない………

そういえば、たまにソフマップに設置されているDS用のwifiで遊ぶことがあった(よくモンハンしたり、うごメモ見たり、ダウンロードのソフト買ったり)んですが、2回だけぷよぷよのネット対戦をしたことがあります。うっすらと覚えている記憶では、相手はgtrとだぁ積みを使っていたように記憶しています。たしか7〜8年くらい前だったと思うんですが、当時からgtrを使うプレイヤーは一定数いたんですね。




 
作成日時:2020/12/28 21:22
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア