210

オンライン大会に出まくった話(彗星ぷよ杯とウェルプレイドリーグと私)

by
ぽいずん
ぽいずん
この一年間で、たくさんのオンライン大会が開催された。

そして予定が被ってない限り、私は全ての大会に出場した。

特に彗星ぷよ杯(@yatsutakiさん、@suipuyo1440さん)にはたくさん出場した。
モチベーションがどうとか関係なく、大会のお知らせを見た瞬間にエントリーのボタンを押していたと思う。


唐突だけど、ふと気になった。


そこで過去を漁って、その結果を振り返ってみたくなった。


以下が過去の戦績だった。


第1.5回 29位/65 4勝3敗
第2回 26位/43 3勝4敗
第3回 23位/51 4勝3敗
第4回 30位/43 3勝4敗
第5回 未参加
第6回 24位/47 4勝3敗
第7回 31位/47 3勝4敗
第8回 25位/29 2勝5敗
第9回 11位/19 3勝4敗
第10回 未参加
第11回 14位/41 4勝3敗  予選通過(ベスト16)
第12回 15位/42 4勝3敗  予選通過(ベスト16)
第13回 19位/56 4勝3敗
第14回 未参加
第15回 未参加
第16回 未参加
第17回 16位/44 4勝3敗 予選通過(ベスト16)



全部で12回出場しており、3回が予選突破、その全てで本戦1回戦負け(ベスト16)

基本的には全体の真中〜真中下が定位置になっていることがわかった。

また、予選突破しているものの滑り込み通過が多い。

第10回までは予選通過とは程遠い成績を重ねていたが、第11回から通過のボーダーライン上に立つ回数が増えていった。

また、4勝3敗から本戦進出が見えてくるが、前半回と後半回では順位に大きく差があるようにみえる。
これは出続けた次第にバブルブレイク(バブル:最終ラウンドで予選通過の当落線上にいること。(バブル)ブレイク:バブルラウンドを制し、予選突破を果たすこと。)が増えていったとみえる。




以下感想



続ければ上手くなる、なんて言いますが間違ってはいないんやなって。
正直、ギリッギリの通過で運が良かっただけだったりすることも多いですが、最終ラウンドを残して16位(ボーダーライン)付近にいることが増えてきたなと思います。


11回を皮切りに彗ぷよの結果も良くなってきましたが、これはあながち偶然ではなく、この頃からオンライン飛車ぷよでも決勝トーナメント進出する機会がちらほら増えてゆきました。この頃から大会に出ることが楽しくて仕方ない。


大会になれてきたのか、上手くなってしまったのか。実感はあまりないですが、どっちもだと思いました。これだけ出れば多少はね。


モチベーションが高いかと言われると、特段そうでもないですが、大会を見つけたら即エントリーしていました。大会が終わったら不思議と上手くなりたい欲が発生していて、また大会があって、上手くなりたいと思って…の永久機関です。
だからとりあえずエントリーしてみるムーブを連発していました。(もちろん、上位に残る本命の大会には狙いをすましていましたが。)


行動は大事なんだなと改めて思いました。


結果をみればわかりますが、特段強いかと言われるとそうではありませんし、鬼のようにぷよぷよやってるかと言われるとそうでもない。
上達のスピードはそんなに早くもないですが、着実に進歩しているんだということがわかって安心しました。


まずは余裕で本戦出れるくらいになりたいし、本戦の初戦で勝ちたいです。そのために、これからも歩み続けようとおもいます。
彗ぷよの発展を願って。


これからは徐々にオフライン大会が増えていくと予想されますが、オンラインから競技デビューした自分としては、オンラインも廃れずにいってほしいな、と思います。
ウェルプレイドリーグで大会デビューした自分の感想ですが。




ウェルプレイドの意志を継げ。



 
作成日時:2021/07/05 21:32
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア