183

ぷよぷよの2vs2を考える

by
きぼ(quibo24)
きぼ(quibo24)
グローバルでのeスポーツのTier上位のタイトル( Q2 2021’s most impactful PC games )を見ると、多くのタイトル(LoL、VALORANT、CS:GO、DOTA2など)はチーム戦であり1vs1がメインのタイトルはほとんどない。ぷよぷよがeスポーツシーンでより存在感を示していくためにチーム戦を検討してもよいのではないか。

視聴者側について考えると、勝負の主体が個人ではなくチームとなれば「視聴者が何らかの魅力を感じるひっかかり」が増えるためファンが増えやすいというのはありそう。個人だと人気が分散するというか。

また、プレイヤー側について考えると、1vs1だとひとりで黙々と戦うことになるが、チーム戦だとボイスチャット等でリアルタイムにコミュニケーションを取りつつ役割分担しながらのプレイングになるのでモチベーション維持向上が相対的にやりやすそうではある。一方でメンバー間の予定を合わせないといけないところは制約か。

ぷよぷよでもチーム戦ができないかと考えると、ゲームの今のあり方のままでも大会形式を仮に柔道のような団体戦にすることはできるかもしれないがそれだと結局ゲームの中身は本質的には1vs1なので、新たに「本質的にチーム戦となる新しいフォーマット」を開発しなければならないのかもしれない。

ぷよぷよでも5vs5というのは想像ができないので(画面のわちゃわちゃぶりが)、せめて2vs2で考えてみると、
  • チームメイト2人が自フィールドを共有
  • チームメイト2人はそれぞれ異なるロールを持つ(例えばアタッカーとディフェンダー)
    • アタッカーは自フィールドの上部に予告おじゃまがないタイミングで連鎖をするとおじゃまを多く送れるが、自フィールド上部にたまった予告おじゃまを相殺する能力は小さい。
    • ディフェンダーはその逆で、攻撃タイミングでのレートは悪いが防御タイミングだとレートがよい。
というような。

ロールの実現はゲームバランス調整的にかなり難しいかもしれないが、せめて自フィールド共有はあったほうがいいと思う。絵面的に対決感が出て非プレイヤーが見てもわかりやすいので。

ただ、横幅10列くらいだとすると凝視の難易度は格段に上がりそう。
作成日時:2021/07/26 15:13
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア