117

気が楽になるかもしれないポイント②対戦について

by
ナナシの気まぐれ
ナナシの気まぐれ
真夜中にこんばんは。

せっかくなので続けて書いています。


※楽しくなるから改名(11/12)



気が楽になるかもしれないポイント②
「対戦について」です。

まずはじめに、みなさんはぷよぷよのどこに楽しさや面白さ、好奇心、興奮などしますか?

・キャラクター
・連鎖
・相殺
・組む過程
・なんとなく

など、なんでもいいです。
無いなら無いでも大丈夫です。

こういったことは人それぞれで人の数だけ面白さや楽しさなどが生まれるものだと思います。そこに優劣はないので、自分だけのオリジナルな楽しみ方を模索していくことが大切かなと思うこの頃です。


そこで提案したいのが…
「オリジナルの魅力をみつけよう!」です。


対戦という言葉につられて競いがちになってしまいそうになりますが、スポーツととらえれば分かりやすいかもしれません。

例えばマラソン。本来はタイムを競いますが…

・自分のペースで走ることが目的な人
・ただ走ることが好きな人
・とにかく完走することが目標の人

など様々です。


同じようにぷよぷよでも

・連鎖を組むのが好き
・ぷよぷよが消えるのが爽快感
・相手との駆け引きが面白い
・出来上がる連鎖のかたちの創造

など、いろんな楽しみ方があっていいと思います。


なのでそれを対戦しているときに応用して…

「相手はどんな組み方するんだろ?」
「そんな返しある!?」
「よし!対戦中に○○が組めた!」
「えっ…それ返ってくるの…orz」
「今だ!催促!!」
「本線対決だぁー!!」

などなど、考えてみたら対戦が楽しくなるかも?



ちなみに私はぼっちで、本格的に始めたときから1人情報もなくネットの海に旅立ちましたが、それでも楽しかったです。なんせ対戦相手がそこにいると思うだけで興奮しましたから。

勝てはしないものの経験だけは積み重なったので、後にこれをドMゾンビ戦法と名づけたりもしました。



今のネット対戦もなかなか新規には入りづらい環境かもしれませんが、COMのAI向上やネットを使った募集やコミュニティなど、練習環境としては進化しています。

さらには先人の知識や知恵も共有でき、技術面でのハードルは下がっていると思います。

ただし、その結果が最初の敷居の高さや必須技術などにも繋がっている気がするので、難しいところですね。


以上です。


参考までに…

今のネット対戦の初期レート付近のレベルがどの程度かわかりませんが、最強COMと真正面から戦っていい勝負ができているなら、レート戦(初期付近)でもそこそこなんとかなると思います。

あとは対戦に慣れることが大切です。


ちなみにレート戦をやりはじめるとレートごとに目安や目標がわかるようになるのと同時に自分に足りないものにも気がつきやすくなります。
​​​​​​
100~200レートずつくらいに壁があって、自分より少し上のレートの人と自分の違いはなんなのかを考えたり、対戦結果から足りない技術を考察していく感じになります。

・火力が足りない→のばしor連鎖尾を意識
・組ませてもらえない→臨機応変を意識
・上手く組めない→効率と速さ安定を意識

レート戦のいいところはいろんな人と対戦ができるので、人によっては癖があったり、パターンがあったりと面白いです。


では…今後とも楽しいぷよライフを…
 
更新日時:2021/11/12 18:18
(作成日時:2021/11/10 04:46)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア