58

超初心者向け!③連鎖テクニック初級編

by
ナナシの気まぐれ
ナナシの気まぐれ

こんばんは。


ここでは連鎖テクニック初級編ということで、私も1から見直していこうと思います。


①連鎖とは?

4つ以上の同じ色のぷよが集まって消える。するとその上に乗っていたぷよが下に落ち、そこでさらに4つ以上の同じ色のぷよがくっつくと消える。これが連鎖。


 →  
           ↓

 →  

最初の1つ目のぷよが消えることを1連鎖、2つ目以降を2連鎖、3連鎖と呼ぶ。


これら連鎖をする方法として代表的なものが2つ「階段積み」と「挟み込み」というテクニックがある。



②階段積み

連鎖をパターン化した基本ともいえる積み方で、土台となるぷよが消えたら、上に乗っているぷよが落ちてきて横のぷよとくっつく。さらにくっついたぷよが消えたら上のぷよが落ちてきて横のぷよとくっつく。この繰り返し。

 →  

土台となっている赤色のぷよを消すと、上に乗っている青色のぷよが下に落ちてくる。

 →  

その青色のぷよが落ちてきたことで横の青色のぷよとくっついて消える。そして上に乗っている黄色のぷよは下に落ちる。

 →  

そして、横の黄色とくっついて消える。この繰り返し。


段階的に崩れながら消えていくようすから、名付けられたのがこの「階段積み」。組み方が分かりやすく、見た目で判断できるので初心者にも理解しやすい。


下の土台部分を3個のぷよで作り、1個を落としていくのが基本。

 → 

土台部分、この場合、赤と青それぞれ縦に3個つなげて土台部分を作り、赤→青と消えるように赤の上に青を1個乗せて置く。

もし、赤→青ではなく、青→赤と消したいのであればこのようになる。

 →  

先ほどは左から右へ(赤→青)、今回は右から左へ(青→赤)と、どちらでも好きな方を作ろう。

この3つの上に1つというかたちを「3-1積み」と呼び、この他に「2-2積み」「1-3積み」がある。

    

左が「2-2積み」右が「1-3積み」。


無駄なく組むことができれば、連鎖がスタートする最初の列を除いた5列で5連鎖ができる。

    

 



・階段積みのやり方

まずは同じ色をそろえていく。

 →  

違う色がきたら空いている反対側へ。

 →  

ゾロぷよがきたらラッキーなので有効活用。

 →  

赤の縦3個の上には隣の色を置く。

 → 

今回の場合は左側から右に消えるかたちを意識したので、赤の上に青を置いたが、右側から左に消えるようにしたければ、赤の上には黄色を乗せる。

 →  

このように、連鎖を組む時にはぷよが消えていく方向にも注意して、方向を間違えないようにしよう。



③挟み込み

階段積みがかたちの決まったパターンなのに対して、挟み込みは降ってくるぷよによって手を変えていく積み方。基本的には4つの同じ色のぷよの間に他のぷよを挟み、挟まれたぷよを消して連鎖させるというもの。挟まれた色のぷよでさらに別のぷよを挟むことで連鎖は延びていく。

 →  

4つの青色の真ん中に赤色を挟み、挟まれている赤色を消すことで、次の青色につながる。

 →  


・かぎ積み

階段積みのように挟み込みにもパターン化した積み方があり「かぎ積み」という。

    

左のように3段目が出っ張ったかたちもあれば、2段目が出っ張るかたちもある。これは左から消えるように作ったが、右から消えるようにするにはこのかたち。

    

どちらでも組みやすい方でやってみよう。

無駄なく組むことができれば、階段積みの5連鎖よりも1つ多い6連鎖ができる。



・挟み込みのやり方

まずは階段積みと同じように色をそろえていく。

 →  

繋がらない色は次の土台として使えるように横に置く。

 →  

土台の上は隣の色で挟み、その上に土台と同じ色を置く。この場合は土台となる赤色の上には青色、その上に土台と同じ赤を置く。

 → 

すると、青→赤の順番で消えるかたちになり、青が消えた後に赤がくっつくかたちになる。これと同じように消えたあとに上に乗っているぷよが下のぷよとくっつくように置いていく。

 →  

今回は右側から左に消えるように作っているが、階段積みと同じように連鎖を組む時にはぷよが消えていく方向にも注意して、方向を間違えないようにしよう。



・挟み込みの応用

挟み込みはパターンにとらわれず、挟み方によってさまざまなかたちを作れる。その自由さを活かしたのが下のようなかたち。

 

「赤」から消せば5連鎖。
「緑」から消せば4連鎖。
「青」から消せば2連鎖。

このようなかたちが作れるのも挟み込みの特徴。



④実践的な積み方

階段積みと挟み込みの基本を身につけたなら、それを実践的に使えるようにしていく必要がある。


・階段積みと挟み込みを合わせる

どちらかのかたちにこだわりすぎると、連鎖に組み込めないぷよがゴミぷよとなり、そのゴミぷよばかりが積みあがってしまいやすくなる。降ってくるぷよが良くないときにはパターンにとらわれず、「階段積み」と「挟み込み」を上手く合わせながら組めるようにしていこう。

 

この組み合わせでは、階段積みは難しい…そこで、挟み込みを入れてみよう。

 

これなら赤から緑につながるので、ゴミぷよにはならず活かすことができる。次の黄と赤は挟み込みを意識して置く。

 

次には青ゾロがきたので、すでに置いてある上手く使えなかった青にくっつくように階段積みをする。

 

このように、階段積みと挟み込みを合わせることで、ゴミぷよも減りやすくなる。



・連結や同時消しを狙う

例えば同じ3連鎖でも、4個ずつ消した3連鎖と5個ずつ消した3連鎖では5個ずつ消した3連鎖のほうが得点は高くなる。また、消えるときに別の色も同時に消えると同じように得点は高くなる。得点が高くなるほど、対戦時では相手に発生させるおじゃまぷよも多くなるので、連鎖を組む時には連結や同時消しも考えよう。

    

左側が連結。右側が同時消し。



・おじゃまぷよに備える

対戦時の場合、相手からのおじゃまぷよが降ってくることも考えて、発火地点を高くしておくこともときには重要。

階段積みであれば発火地点が3段あるので、おじゃまぷよが2段降っても発火地点は埋まらない。

 →  

反対に挟み込みであれば埋まる可能性が高いので、より考えて組んでいきたい。

 →  



以上です。



今回は初級編ということで、基本になりそうなことをやりました。目標連鎖数は1~5連鎖+6連鎖というところです。久しぶりに階段積みや挟み込みに触れましたが、現代のぷよぷよもどんなに最先端のかたちになっても基本はこの2つだなと個人的に思ったので、振り返れてよかったです。


次回は中級編になります。↓
https://puyo-camp.jp/posts/149827


長くなりましたが、最後までありがとうございました。

 
更新日時:2021/11/20 23:00
(作成日時:2021/11/19 23:44)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア