50

超初心者向け!⑤連鎖テクニック上級編

by
ナナシの気まぐれ
ナナシの気まぐれ

こんばんは。


中級編からまた1歩進んで、最後の上級編です。

中級編が気になる人はこちらから↓
https://puyo-camp.jp/posts/149827


始める前に…

※常に下ボタンを押しながら操作していますか?

上級編からは基本的に下ボタンを押したまま操作することが大切になってきます。対戦やタイムアタックにも重要ですから、まだ操作に慣れていない場合は、下ボタンを押しながら操作をする習慣を身につけよう。



①スピード

このスピードとは早く大きい連鎖を作りあげること。他のどの要素よりも重要になりうる技術。

具体的に早くする点をあげると、

・なるべくちぎらない
・ぷよをなるべく消さない

などがある。

また、ぷよを高く積み上げるほどに落下する時間が短くなる。特に真ん中付近は、ぷよが降ってくる位置が左から3列目なこともあり、端よりもさらに早くぷよを置くことができる。こういった仕様もあるので、合わせて考えたい。



②飽和

連鎖にしても得点にしても大きいほど、有利になりやすい。そのためゴミぷよを出さずに連鎖を作ることができれば、必然的に連鎖数や得点も上がっていく。また、対戦時では相手の連鎖中であればその間も連鎖が組めるため、1個の連結、同時消しが勝敗を分けることもあるため、意識したい。



③対応力

ここでいう対応力とは、昨今の対応技術のことではなく、臨機応変のこと。連鎖を組む時に、どうしても理想やイメージ通りに作れないときに妥協をした組み方や、対戦であれば、おじゃまぷよが降ってきても問題ないかたち、相手の小連鎖に対して、相殺させるための連鎖、など状況に応じて対応していく。



④相手の状況を知る(凝視)

上記3つのテクニックを活かすためのもの。対戦において、相手の状況を知った上で自分がどのような行動をしていくのかを考えていくことが重要になるため、自分の連鎖中や相手の連鎖が聞こえたときなどに相手がどんな状況なのかを知って、それに合わせて適切な行動をしていく。



⑤小連鎖の有効活用

対戦では先に連鎖をしたほうが不利になりやすい傾向があるため、大連鎖をそのまま発火するのではなく、小連鎖を作って発火してみよう。邪魔をして相手の出方を見て自分の行動を考える。大連鎖をしてきたら、その間に相手よりも大きい連鎖を。そのまま邪魔が有効的になったら、たたみかけるように自分の連鎖を発火。状況を知るために小連鎖をしてみるのも1つ。



⑥対戦における様々な戦術

ここでは2つ紹介

・速攻

対戦序盤に大量連結や同時消しなどを応用して、相手の発火点を潰しにかかる戦術。決まればあっという間に1戦が終わる。しかし、対応されると本来組める連鎖数に比べ火力が低くなりがちなので、デメリットも把握したうえで相手の隙をつくタイミングで行いたい。


・カウンター

連鎖を高く積むことで、一定のおじゃまぷよが降ってきても対応ができるかたち。基本的には左2列を使って組むパターンと右3列を使って組むパターンに分かれる。

    

左から3列目を外す理由は、12段目が埋まったら負けになるため。左側2列のメリットは降ってくるぷよが左3列目なため、右側より早く組める。デメリットは右側より組める連鎖数が少ない。右側のメリットはこの反対がそのまま当てはまる。

これを活かした組み方として、右側と左側を繋ぐ架け橋をいれることで大連鎖にもなる。

 

これらは相手の状況を見ながら、速攻が来るのであればカウンターにしてみたり、速攻の具合によって積む高さを調整したりと練習が大切。



以上で終わります。

テクニックや戦術は日々、様々な先駆者が開発、改善等しながら公開されているので、興味があれば調べてみてください。私が紹介したものはあくまでも基本となるようなものを選んだだけなので、ここから先は自身で試しながら身につけていってください。


この上級編をもちまして、超初心者向けは以上となります。

この手引きが少しでも誰かのなにかに役立てば幸いです。



最後までありがとうございました。


※ここで終わる予定でしたが番外編として、土台集も作っておこうと思うので、参考までに。

番外編↓
https://puyo-camp.jp/posts/149871


 
更新日時:2021/11/21 23:16
(作成日時:2021/11/21 20:58)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア