235

レート2700前後の私が対戦中に考えていること!(脳筋ポンコツでもよければ参考に)

by
ナナシの気まぐれ
ナナシの気まぐれ


こんばんは。


前回、初心者や新規、復帰の人たちが疑問、不思議に思っていることを聞くために記事を書いて投稿したのですが、疑問に対して私が言語化できないだろうなと思ったことと、登録しないとコメントできないことや、あまり表だって聞けない人のことを考えると、なんか違うなと思ったので消したのですが、なんかできないかなと思って「そうだ!私が考えていることを書こう!」と思い立ったので、書きます。

ね…実社会なら自分で質問したり、調べたりと意欲的にしている人向けが多く、そうでない人のために時間を割くというのはなかなかないと思いますが、私個人としては、少しでもぷよぷよに興味をもってもらえればありがたいのでね。…やります!

あと、知らない人や初対面の人に質問するのって勇気がいりますからね。笑



※注意事項

あくまでも私個人のことです。他のぷよらーがどう考えているかは分かりません。たぶん私よりも考えている人のほうが多いと思うので、あまり深くは捉えないでください。参考程度でお願いします。それと、私はレート2800前後でまだまだ発展途上なので、2800以上の考えは分かりません。それでもよかったらどうぞ。

※2022年現在レート2700に下がりました。



①対戦中に考えていること


Q.どうやって連鎖を組んでいるの?
A.勘(感覚)
:説明
うん。勘ですね。


Q.対戦中は何を考えているの?
A.どうしよっかなー。
:説明
あんまり考えていないですね。


ここで、気づいた人もいると思いますが、私は何も考えずに「勘(感覚)」だけでやっていますね。


なので、あまり言語化もできなければ、説明もできないです。ただ、それだと記事にならないので、言葉をひねり出していきますが、あまり期待はしないでください。



②私の中で明確なこと


私は考えながらぷよぷよをしていることはほとんどなく、反射と想像でやっています。それを「勘(感覚)」でできるように何度も繰り返し行って、馴染ませていく感じなので、説明ができないんですね。

あとは、対戦中に「考える=思考」をすると、私の場合は手が止まってしまい、何をやっていたのか分からなくなってしまうので、とにかく感覚に落とし込んで、ひたすら実践かな。



③それをふまえた上で考えていると思われること


Q.どうやって連鎖を組んでるの?
A.ネクストを見ながらとりあえす色を繋げていく。
:説明
土台に関してはある程度決まった手順が確立されているので、それをきたぷよに合わせて当てはめていく感じ。感覚的に置いているけど、置いている場所は自分が練習して、置き慣れた場所に置いていってる。なので、土台で迷うことはほとんどなくて、あとはミスしないように気をつけるぐらい。


Q.置く場所の優先順位は?
A.そのときどき。
:説明
基本的に折り返しが優先かな。折り返しが使えなくなると考えることが増えるので、そうならないように折り返しを優先。折り返しを作りつつ、土台の後ろも別のぷよでなんとなく作る。折り返し完成後は、相手の状況やネクストぷよ次第で高く積んだり、土台のかたちを優先したりかな。


Q.どうやって高く積むの?
A.なんとなく。
:説明
私は深く考えないので、その場のノリで適当に積んでいきますが、これは連鎖の組み方を知らなかったときにひたすらに高く積んで消す遊びをしていたから、あんまり困ったことがないのが理由。あえて説明するなら全消し、速攻などの場合は、おじゃまぷよが降っても消えるように作る。そうでない場合は崩しやすいように作ったり、耐久前提で組んだりする。


Q.全消し戦のときは?
A.嫌だなー。
:説明
いつも以上に相手の出方を見つつ、連鎖を組んでいくことを求められるので、面倒なときは即消化。自分が全消しを取り逃したときは「しょうがない」と思いながら「どうしよっかなー」と思いながら連鎖を組んでる。


Q.そもそも全消しってどうやってするの?
A.勘(感覚)
:説明
対戦開始時は6手ぐらいまでは意識してるかな。4手までなら確実にとる。それ以降は状況によって考える。もちろん大連鎖を組むときには全て回収する意識をもって組むので、ツモが噛み合うと、そのときは全消しするって分かる。


Q.速攻がきたら?
A.やめてー。
:説明
正直困る。でも、ちゃんと見ていれば分かるので、対応できなければ自分が未熟だったなと思う。ちゃんと警戒しないとなと戒めてる。


Q.色がこないときは?
A.しょうがない半分、技術不足半分。
:説明
本当にどうしようもないときもあるけど、そうならないようにできることがあったかなと振り返る。あとは無理矢理ツモりに行く。


Q.ミスしたときは?
A.内心焦る。
:説明
よほどのミスでなければ、どうしよっかなー?と思いながら、きた色と相談しながら無理矢理繋げる。本当にどうしようもないときは、相手の出方を窺いつつ、連結や同時消しを狙って場を荒しにいく。ただ、上に行くほど1つのミスが敗因になるのがほとんどなので、やっぱりミスをしないように練習。


Q.自分と相手の連鎖数って分かるの?
A.私は分からない。
:説明
解説とかみると一瞬で把握している人も多々みますが、私は分からない。…ので、これも感覚化しました。おおよそのかたち、画面全体でどのくらいぷよが使われているのか?、土台折り返し時の連鎖数、合計得点、などで私は判断します。それを繰り返すとだんだんおおよその連鎖数と得点がわかるようになってくる。


Q.どうやって相手の状況を知るの?
A.なんとなく。
:説明
上に行くほど「凝視」「対応」が重要になっていきますが、私はできないので「勘」だより。もちろん見るタイミングは決めていて、最初、中盤、連鎖が聞えたときで、あとは勘。最初は速攻などの注意。中盤は催促がよくくるから。連鎖が聞えたときは繋がっているかどうかみるため。私としても凝視の感覚化はしたいので、今は練習中ですね。


Q.相手画面で見るポイントってあるの?
A.私も知りたい。
:説明
とりあえず私の場合はかたちかな。あとはきた色。自分の連鎖が組みづらいときって相手も組みづらそうにしていたりするから、どうしてるかな?って感じでみる。色が偏ったときも多連結や同時消しがくる?と警戒しながら今組んでいるかたちがどんななのか見るかな。連鎖が大きそうなら、折り返し上にきーぷよが乗っているか確認したり、画面全体のどの部分から連鎖が始まったのかな?と見たりするぐらい。


Q.有利不利ってあるの?
A.たぶん…。
:説明
折り返しがきつそうとか、これ掘れなくない?とか、そういうとき?。あとは相手がミスったとき。催促が刺さったとき。こういうときは有利なことが多いけれど、よく見ないと有利が一転、不利になる。そこが面白い。


Q.勝ったときってなにを思うの?
A.なんで勝ったんだろう…?。
:説明
運が良かったのか?戦術?組み方?タイミング?など、勝った要因を考える。自分が勝っても「相手がこうしてたら負けてた?」とか考える。相手のミスで勝っても、それは自分がミスを見極めたからなのか?それともたまたま?とか考えるかな。なのでよほどのイメージ通りの勝ち方をしない限り、振り返ることの方が多い。


Q.負けたときは?
A.なんで負けたのか考える。
:説明
自分のミスはもちろん。そのリカバリーにもっといい方法はなかったのか?。相手の状況を把握していなかったのか?とか考えますね。あまりにも相手が上手いと「相手の人上手過ぎ(笑)」とか思ったりします。そんときは素直に実力の差なので、しょうがないと同時に自分も同じところに行けるように、日々練習ですね。


Q.連鎖を組んでいて困ったら?
A.どうしよっかなー?。
:説明
困らないように置いていくことが大切ですが、ツモによっては困ることも多いので、そのときは流れゆくままに置いていく。妥協しないといけないときは妥協したほうがいいですから、その判断は実際にやって覚えていくしかないので、そんときに考えます。あとは対戦後見返したりして、相手はどうやって組んだのか確認したりするかな?。


Q.おじゃまぷよが降ってきた!
A.…まじかー。
:説明
連鎖がきた時点で対応できるか判断はしますが、降ってきたらしょうがないです。自分の注意不足。それでも1段ぐらいならなんとかする。2段ぐらいもなんとかする。3段以上は降らせないようにする。…しかない。


Q.他に何を考えているの?
A.どうしよっかなー。
:説明
状況に応じて盤面が変わるので、流れにそってやっていくかな。あとはオンラインだと、ぷよの操作感をみて考える。感覚として相手が初心者なら、連鎖数を確保する。先打ちや本線ぶっぱが多いので、シンプルにそれより多い連鎖数にするため。また、催促がきても後打ちに火力がのっていないことも多いので、やっぱり連鎖数を確保。中級者ぐらいだと催促警戒かな。上級者なら、速攻、潰しも警戒しつつ、食らい付こうと必死。



④その他の疑問について考えてること


Q.上手いと思う人は?
A.自分より手順がキレイな人。
:説明
ぷよをやっていると自分より上手いかどうかなんとなく分かってくる。自分より上手い人は、手順とその後のかたちが私と全然違う。催促、牽制、潰し、速攻など、ぷよを使ったあとのかたちもキレイなので、その差を実感しつつ、自分なりにその差を詰めていくようにひたすら実践。けっこう対戦中とか「相手の人うまいなー」とかつぶやいたりしてる。


Q.初心者はなにしたらいい?
A.ぷよぷよをしたらいい。
:説明
とにかくやってみないと分からない。「階段積み」「挟み込み」の理解ができているなら、あとは自分の組んでみたいかたちを組むといい。「階段積み」「挟み込み」で大事なのは、その消え方を理解することなので、それさえ分かれば、あとはご自由に。ときどき1連鎖ばかりする人がいたりするけど、そのときは「せめて2連鎖は組んでくれ!!」と思いながらぷよぷよしてる。


Q.消え方って?
A.乗っていたぷよが下に落ちる
:説明
「階段積み」「挟み込み」がなんで初心者向けなのか私なりに考えたところ、連鎖そのものよりもぷよぷよがどうしたら消えるのか?という点において、これほど分かりやすいかたちが他にないから。なので、この連鎖が組めるようになるよりも「こうやって消えるんだ!」という理解の方が大事。それが分かれば、どんな連鎖も理解はできる。…理解ができても組めるとはいっていない。


Q.土台ってどうやって組むの?
A.かたちをある程度決めて組む。
:説明
作りたいかたちを決めてそれにそってぷよを当てはめていく。あとは勘。練習するときは手元に見本のかたちを置いて見ながら作っていくのがいいかと。やっていくうちにできること、できないことが明確になっていくので、まずはそれを知るためにも何度か作ってみる。やっていくとだんだんパターン化されて、そのうち考えなくても置けるようになる。


Q.どうやって練習するの?
A.私は対戦。
:説明
もちろん土台や連鎖が組めないなら、とこぷよなどで練習をしたほうがいいです。私の場合は相手との差を知りたいので対戦が基本です。相手と自分の差が今の自分にはないものなので、それを知るために対戦して、対戦しながら修正したり、練習したりですね。


Q.練習内容はどうやって決めるの?
A.相手にあって自分にないもの。
:説明
私は対戦がメインなので、自分より上手い人は何かしら私にはない特徴があると思っているので、それを感じとっていく。負ける原因が自分にあってそれを分かっているならそれを練習。原因が分からないのに負けるときは、自分より相手の方が合理的で効率的な場合がほとんどなので、組み方や優先順位、タイミングなど見直しながら修正。


Q.オンライン対戦はいつからやればいい?
A.いつでもいい。
:説明
ランダムマッチが実装されている以上、いつでもいい。よく、上手くないのにオンライン対戦するな!という人もいるけど、私的にはそんなことはないから、やりたい人はやってみてと思う。ただし注意事項として、上手い人に勝てないのは当たり前なので、簡単に勝てると思わないでほしい。ぷよぷよで対戦をしている人は向上心を持ってやっている人がほとんどなので、容赦ないと思うかもしれないけどそれは仕方がない。あとは「きがるにたいせん」というのもあるけど、人によっては上手い人を求めている場合があるから、そこも注意。まぁ、とりあえず入ってみて、なにかあればキックされるし、対戦できたら気にせずやればいいと思う。


Q.オンライン対戦で勝つには何が必要?
A.しつこさ
:説明
負けても繰り返し練習して挑み続ける気持ち。最低限事前に欲しい技術は約2万点出せること(連鎖数でいうと8連鎖ぐらい)。あとは相手との違いに気づくこと。速さ、効率、タイミング、技術など、実際に感じとって感じとったままにその差を埋める練習をする。


Q.下ボタンが押せない…
A.それでも押してみるしかない。
:説明
全部に言えることだけど、とりあえずやってみるしかないんだよね。やってみてできなければ、その要因を探して、1つずつ潰していくしかないかな。



⑤私が今に至るまでの流れ

いろんな疑問を自分なりに考えて応えてみましたが、私自身あんまり考えてこなかったので、ざっくりとしてしまいました。その理由も含め私の流れも書いて置こうと思います。


1、きっかけは統一王座

それまでは3連鎖しかできなかったです。統一王座を見て、初めて連鎖を調べて、練習(?)しました。練習というよりは大連鎖を組みたくて、ひたすらGTR10連鎖をやりましたね。なので最初の目標は10連鎖。


2、初めてのネット対戦

最初は全然勝てませんでした。10連鎖を組むこと自体は数週間でできましたが、対戦では組ませてすらもらえず、ただ一方的に負けるという展開。相手との決定的に違うのは組む早さ。なので次の目標は素早く連鎖を組むこと。ちなみ、ネット対戦で「ザコは来んな!」と直接言われたのも、このときが初めて。…つらかったな。


3、ぷよぷよクロニクル

少しずつ勝てるようになってきたものの勝率は未だ低く、この時ぐらいからいろんな情報をあさったり、動画を見たりしたかな?。素早く組むのには慣れ始めたので、この時ぐらいからかたちを意識し始めた。レート戦もやったけど、対戦募集の人とも結構やったね。速攻、潰し、などいろんな戦術を試したけれど、上に行くほど通用せず、連鎖数でも負けるので、基礎連鎖数をあげるためにとりあえず対戦で10連鎖を安定させたいと思いはじめる。なので次の目標は対戦で10連鎖(3万点)を組むこと。


4、ぷよぷよeスポーツ

このあたりから、ようやく対戦で10連鎖(3万点)が安定して組めるようになった。今では3万点の壁から脱出して平均5万点になったり、だんだんと対応ができる組み方になってきたり、いろんな応用ができるようになってきた感じですね。今の目標はレートを3000に乗せるためにとりあえず、基本的なことの向上を目指しています。


こんな感じで、私の場合は明確な目標がその時々にあったので、あんまり疑問に思うことも少なかったですね。ここまでに約7年ぐらいかかりましたが、やっていくほどに自分の中で疑問も解消されていくので、自分で振り返ったときにも、初心者のときになにを思ったのか覚えていないんですよね。笑

なので、今は分からなくてもやっていくうちに分かることもある!というのが今の私ですね。



⑥これ以上は聞かれても分からない

言語化してみたものの、やっぱり「勘(感覚)」でやっています!というほうがしっくりくるので、これ以上は説明できないですね。ぷよキャンの記事とか見ていると「そんなことまで考えているんだ!」と思ったりしますけど、私の場合は「分からん」「理解が追いつかない」「なんだそれ?」とポンコツ丸出しなので「とにかく回数こなして実戦しかない!」と、いきついた結果がこれなので、非効率極まりないですが、私的にはピッタリな方法だと思っています。



以上です。


何度もいいますが、これはあくまでも私の場合なので「みんな思っている」と誤解しないでくださいね。他のぷよらーが何を思っているのかは私にも分からない。あと、私が最近ひそかに思っているのは「上手い人はどんな景色が見えているのかな?」と考えつつ「自分もいつかその景色をみたいな!」と思いながらぷよぷよをしているので、疑問は疑問のままでも結構楽しいですよ。笑

 
更新日時:2022/01/04 20:24
(作成日時:2021/11/27 23:02)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア