212

凝視の哲学

by
あるにー/aruni084
あるにー/aruni084
どーも。あるにーです。
あるにーって文系だからこういうこともありよりのありなわけで。
まあつらつら適当にやりまーす。

まず、ぷよキャンの投稿欄を見直してみましょう。
形についての投稿、中盤戦についての投稿など・・・
いっぱーいありますね。いいこといいこと。

ここで注目して欲しいのが、凝視についての投稿。
Capriceさんのやつとかぴぽにあさんのやつとか。
正直、ここまで言語として説明ができるのはすごいなーって思います。
あと普通に参考になるし。いやほんとありがとうございます。

で、なぜ凝視に注目するか。
答えから言うと、ぷよぷよの中でもっとも見えない力だからです。

誰かのぷよぷよの対戦動画を見るとします。誰でもいいです。
この時、見えているのは対戦者の連鎖、中盤、速攻など・・・
そうです。見えるものが見えています。当たり前ですね。

じゃあ見えない力は?そうです。凝視とかです。見えるようにした動画もありますが。
普段、みんながぷよぷよを上手くなるために動画見るんじゃないかと思います。
その時、皆さんが五感として感じること、それらは見えるものです。見えないものは含みません。

これの何が大事かって、おそらく見えないところにぷよぷよの対戦において重要なところがあることだと思います
だからこそ、凝視が見えるものとして説明されている投稿が伸びてるわけだし。

じゃあ、この見えない力、凝視をどうやって伸ばすか。
見えないだけに、見えるもので伸ばすことはなかなかできない。


答えは多分簡単です。簡単だけどとても難しい。

常に凝視を意識し、挑戦し続けることです。

見えるものに挑戦することは意外と簡単です。意識しなくても見えるから意識してしまう。
だから無思考で真似をするだけで力としてはついてしまう。
じゃあ、見えないものはどうでしょうか。そうです。意識しない限り絶対に変わりません。

方法はさっき述べた人たちの記事が参考になると思います。ですが、実際に実行するのはあなたです。
全て皆さんの意思と挑戦にかかってます。
なにかに挑戦したことある人はわかると思います。続けることの難しさ。
だからこそ、これに挑み続ける姿がスポーツであり、esportsであり、て感じなんだろうなあって勝手に思ってるんですけど。

以前、momokenさんが視点を追従してくれるやつの動画でめっちゃみてんなあ・・・って皆さんなったんじゃないかと思います。
あれがなかったら、ほとんどの人はmomokenさんの形の綺麗さ、中盤力の高さに目がいくと思うんです。
ただ、あの動画のおかげでmomokenさんの本当の強さがもっと目に見えてわかったんじゃないかと思います。

もちろん、凝視力だけで全てを語っちゃダメです。見えるものも見えるものとして素晴らしい力です。
連鎖力、中盤力と凝視は完全に相互的な関係だと思います。連鎖力によって相手の連鎖がわかり、相手の連鎖によって新たな連鎖がわかり。
だからこそ、こっちの方が大事、あっちの方が大事、とかじゃないんです。どっちも大事なんです。欠けちゃいけません。


まとめます。
見えない力の存在を忘れないでください。見える力と見えない力は相互作用的関係、どっちも大事です。
片方でも疎かにすることはいけません。どっちもです。何回も言います。どっちもです。どっちもです。


まああれです。
凝視って意識し続けない限り絶対にうまくならないよって言うのと、どっちも平等に大事って言うのが伝わればいいです。
この見える力と見えない力の関係は以外とぷよぷよだけでなく、テトリスとか、超盛るなら生き方にも通ずるものがあると感じているので...


哲学的ですね。あるにー文系だからまあこんなもんです。
また気分が乗ったら書きます。


 
更新日時:2018/07/31 01:09
(作成日時:2018/07/30 15:17)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア