134

ぷよぷよ動画を見る時の個人的ポイント!~どう見ていいかわからない人向け~

by
aroma
aroma

はじめましての人ははじめまして。そうでない人はこんにちは。

 先日、ぷよキャンの投稿にて「対戦動画を見ても感想しかでなくて…」というような文言を見かけたので、私が個人的に見ているポイントを記事にすることで、同じように思っている人に何かのきっかけになれば…と思って投稿しました。まだまだ未熟な私ですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

※注意事項
 あくまでも私個人のポイントなので、実際は人によって異なります。技術や知識はもちろん、娯楽として見ている人もいると思うので、気軽に見ていただけると助かります。




「個人的なポイント!」
 

①「初手」
 これは、ぷよぷよは対戦する前から情報処理が始まっているので、注目です!

  

 対戦が始まる前に何があるの?と思ってしまいそうですが「ネクスト」「ネクネク」は見えています。実はこの時点で既に、ぷよぷよを置く場所を決めています。そして、始まったと同時に自分が置こうと思っている場所に当てはめていきます。この時、初手にはいくつかのツモパターンがあります。

 AA,AA
  

 AA,AB AB,AA
    

 AA,BC BC,AA
    

 AB,AC
  

 AA,BB AB,AB
    

 AB,CD
  

 ぷよぷよは4色で対戦するので、この9パターンになります(抜けていたらすみません)。さらに、このうち「AA,AA」に関しては「全消し」が定石なので、実際は8パターン(追記参照)ですね。これらのパターンをどこに置くのかを固定していることが多いです。

※アルファベットの説明としては「A=1色目」「B=2色目」「C=3色目」「D=4色目」です。これでも分からなければ調べてみてください。

☆追記
「AB,CD」のツモは、ツモ補正によって現行では来ないということで、説明では8パターンと表記しましたが、実質7パターンでした!


 では、これを知って何を見るのか?


 これは、上手い人の動きを参考にできる、もっともわかりやすい部分です。この初手を参考にすることで、最初に置く場所を迷わなくするようにする練習にもなると思います。ただ、それは自分が組んでいる「土台or折り返し」と同じでないと参考にするのは難しいので、あくまでも自分と同じなときは、より深く注目し、そうでないときは、なるほど!と思うぐらいでいいと個人的には思います。

 また、先折りなのか?後折りなのか?によっても最初に置く場所が変わるので、そういった部分にも注目すると面白いと思います。


 ちなみに…「初手」とは、基本的に最初の「2手」を見ます。ただ、対戦時は時間が止まるわけではないので、始まった時点で「3手目」を見て判断する場合もあります。

  

 分かりやすい例だとこんなツモですね!。この場合、2手で全消しを取るより、3手で全消しを取った方がいいですね。

  

 また、仮に4手目もこんな感じなら、2手全消しを2回取る方が個人的にいいと思います。



 こんな感じで「初手」の固定をしていても、状況に応じて臨機応変を求められるぷよぷよですが、最初の置き方だけは、共通している部分も多いので参考になることが多いと思います。




②「連鎖の構築順序」
 これは、どこから連鎖を組み上げているのか?ということです。
 
    

 先折りなら端っこから、後折りなら連鎖尾、など個性が出つつも上手い人との差ができ始める部分でもあります。「隙がある」という言葉を聞いたことはないでしょうか?。この「隙」とは連鎖を構築しているときにどうしてもできてしまうものですが、これを極端に減らしていくことで、自分を優位な状況に持っていきます。

 全体を見ようとすると難しくなってしまいますが「どうしてここに置くのか?」「なんでそっち?」など動画を見ている時に様々疑問が湧くことがあります。それには意味があったり、ツモ運だったり、そういった背景が見えてくることがあり、また対戦相手の組み方によって連鎖を組む優先順位が変わったりします。なので、疑問に思った時は一時停止をして、どういう状況なのか自分なりに整理してみるといいと思います。わからなければ、続きを見ることで分かることもあり、この辺りは自分のレベルに応じて思考してみるといいかもしれません。


 

③「連鎖の形」
 これは、形の発見や組み方のことです。

  

 これはGTRです。わかりやすいですね!次!

    

 階段と鉤積みです。ここまでは分かりやすいですね。なんとなく見慣れていたり、2連鎖や3連鎖程度なら、見えると思います。ではこれは?

  

 止めてみたり、1つずつ追っていけば、分かると思います。しかし、対戦動画になると急に混乱したり、わけが分からなくなったり、とあると思います。なので私は分けて見るようにしています。

  →  

 左の図では分からなくても右の図ならわかりやすいです。なので、ここまで見て分かったら…

   

 こんな感じで連鎖として確定している部分は考えるのをやめて、連鎖を延ばす場所を1から見るようにしてます。というのも、これ以上、意識をとらわれると他が分からなくなるので、放置です!。自分に必要な情報は既に得たから…といことですね。なので…

  →  

 確認→放置→確認→放置、の繰り返しをして見てます。もちろん連鎖が対応などで崩れたり、よくわからない手順をしたときには再度その周りと列を確認して見るようにしています。この時に普段自分がしない形や、参考になる形を自分なりに抜き取ってみたり、組み方を真似したみたりします。

 
 
 
④「連鎖数と点数」
 まず、連鎖数とは純粋に何連鎖なのか直感的に捉えることです。

  

 実際の対戦中だと難しいかもしれませんが、動画では自分が操作しているわけではないので、連鎖を見ながら発火した瞬間にその連鎖が何連鎖なのか?直感的に言葉にするといいと思います。外れてもいいので、感覚的に捉える事が大切だと私は思っています。あとは、全部繋がっているのか?催促なのか?対応なのか?なども意識しながら見るといいかもです。

 また、画面下にある点数も意識するといいと思います。実際の勝負では連鎖数よりも飽和数…連鎖による得点が大切なので、それがどれくらいの得点なのか確認するといいと思います(これは予備知識が必要になることがあるので興味があれば調べてみてください)。



⑤「対戦内容」
 対戦なので勝敗はつきますが、動画鑑賞では勝敗よりも対戦の内容に注目します。内容と言っても多々ありますが…

 催促→相手に(刺さる)→追撃
 催促→相手の本線発火→延ばして発火
 催促→相手の対応→それを対応
 
 など、説明が難しいですが、ぷよぷよにはいくつかの勝ちパターンがあったり、負けたとしてもしっかり対応をした試合だったり、状況によっていろいろあります。その負けが何故なのか?その勝ちは何故勝ちになったのか?その理由を探ることが大事です。

 「赤が来ない!!」「あと一手!」「試合運びが上手い!」などなど、面白いです!



 基本的には以上です。動画なので、1Pだけに注目したり2Pだけに注目したり、ときには両方みたり、人によって様々あると思いますが、自分にあった方法を見つけるといいと個人的に思っています。あと、全部やろうとすると最初は大変なので、少しずつ自分のペースでやっていくことをお勧めします。

 また、何度も言いますがあくまでも私個人のポイントなので、気軽に見ていただけると助かります。

 長くなってしまいましたがこれで終わります。これが何かのきっかけになったら嬉しいです。
更新日時:2019/02/08 13:54
(作成日時:2019/02/07 23:51)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
aroma
aroma
2月8日 13時45分

hdn060さん
情報ありがとうございます!!教えてくださって感謝です!

のわ
のわ
2月9日 14時6分

初歩的な質問で申し訳ないのですが、動画と同じツモが来るとは思えず、組み方や構築順序、連鎖の形を真似ることなど可能なのでしょうか?

aroma
aroma
2月11日 14時51分

のわさん
 その疑問はその通りだと思います。全く同じツモが来る可能性は0に近いので、完全に真似ることは難しいです。…とは言いつつも「組み方、構築順序、連鎖の形」そのものは真似というか参考にはできますよ!
 真似るというと、つい完全再現やクオリティなどを求めてしまいがちですが、ぷよぷよの場合は「真似る=参考」の方が近いのかもしれません。ツモはランダムなので難しい場面は多々あると思いますが、回数をこなすうちに「似たような場面」が必ずでてくると思うので、そういうときに「これは!!」と気がついてみることが大切かもしれませんね。
 文章を書く時には言葉選びを意識しています。というのも言葉の捉え方は人それぞれなので、私が伝えたい想いと受け取る側の想いが、必ずしも一致というのは難しく、誤解を生んでしまうこともあるので気をつけてはいるのですが、もしかしたら「真似る=完璧にする」というように捉えてしまう書き方をしてしまっていたのかもしれません。私の想像違いかもしれませんが「真似る」といっても、「GTRはこの置き方でもいいのか!」「L字でもいいんだ!」「ここは階段を作ってもいいんだ!」など、シンプルに捉えてもらっていいと思います。
 初歩的な質問といいますが、どんなことでも気になったら聞いてみるといいですよ!私も聞かれたら分かる範囲でお伝えしています。分からなくて悩むより、いろんな人に聞くことで、新しい捉え方ができ、その後に繋がっていくと思うので…申し訳なく思うことはありませんよ!^^

コメントするにはログインが必要です
シェア