241

ぷよぷよに関しての記録を兼ねた自分語り

by
こま
こま
ぷよぷよは小5の時にどちらかといえばテトリス目当てで買ってもらったWiiUのぷよぷよテトリスから始めました。それ以前にもトイザらスなどのおもちゃコーナーで体験版をプレイしたことはあったと思いますが、初めての対人戦は家族としたぷよテトからです。ちなみにテトリスは家にPS1のソフトがあったので当時はぷよよりテトの方が得意でした(ハードドロップやTスピンなど初めて触れるものもありましたが)。
家族と一緒にCPUを真似てカエル積みを始め、だんだん縦3を含むように積むようになり、そしてぷよテトのレッスンで見た鉤積みを積むようになりました。
今では長くお世話になっている鉤積みですが、レッスンの「折り返しを作らずに六連鎖を作れる」という謳い文句、ただそれだけをきっかけに始めました。

小6の冬に、3DS(new3DSLL)を買ってもらいました。それまで家にあったゲーム機は据え置き型のPS2、Wii、WiiUのみだったので本当に嬉しかったです。
そしてその夏にぷよぷよ!!(スペシャルプライス版)を買ってもらいました。
あやしいクルークやかわったエコロなど、イラストや動画でしか知らなかったキャラクターでプレイした時は感動しました。
ぷよぷよ!!はソフトを持っていない人ともローカルプレイで対戦が出来たので、よく公園で友達と対戦したり(初心者なのにたくさん対戦してくれた友達、ありがとう)、家族やいとこと対戦したりしました。
当時は家にインターネット環境が無かったので、くら寿司やマクドナルドなどでインターネット対戦をするようになりました。
そこでは普段激甘設定で遊んでいたのもあり、ぼっこぼこにされました。それでも、「インターネットで対戦する」ということが刺激的だったのと、何よりぷよが大好きだったので、めげずにたくさん対戦しました。

中1の夏、家のインターネット環境が整いました。この時恒常的にインターネット対戦が出来るようになったのは今の自分へもかなり影響を与えていると思います。
強化CPUと対戦したり、インターネットの猛者と対戦したりする日々が続きました。

ぷよぷよクロニクル(初回封入特典同梱版)を買ってもらったのは、その冬です。
ぷよ!!ではしばらく遊んだ後にコマンドで隠し要素を解放しましたが、ぷよクロでは自力で隠し要素を解放しました。
この頃から、本格的にインターネット対戦するようになりました。
実力が上がるにつれて、周りで鉤積みをしている人は減っていきましたが、特に気にしていませんでした。

そして、去年の夏、ぷよぷよ用のツイッターアカウントを立ち上げました。「ぷよクロ」をツイッターで検索して、「ぷよぼ」というものを知ったのがきっかけです。
連戦したのはぷよ垢を作ってからのことでした。とても楽しかったです。

そして、ぷよぷよでの友達も出来ました。
私の鉤積みに興味を持ってくれる方や連戦してくれる方、ぷよぷよについて真剣に考えている方、素敵な方ばかりです。
皆さんの考察をかじるために用語について調べたり、気分転換に他のぷよらーさんの真似をしてGTRなどを組んだり、自分の中の「ぷよぷよ」に多様性も生まれました。

自分は、まだまだ未熟者です。向上心もそこまでありません。
ですが、ぷよぷよが大好きだということは言えます。これからも、ぷよぷよや鉤積み、フォロワーの皆さんにお世話になっていくと思います。

どうか、これからも、このこまをよろしくお願いいたします。
更新日時:2019/03/26 11:29
(作成日時:2019/02/09 14:24)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア