630

🆚2019年12月7日ACぷよ対戦会対抗戦レポ

by
k1stadium
k1stadium
参加者一覧

参加者 しろま T,Tたか べーた カレンナ ルイン(以上IPS)ひさ kamestry すけぞー  Rayborn 霞海雪 かるきゅう(以上なごやん)やなせ くらむ PRR カカオ 最中 みつるい まえごん sor norka まにぃ たかせ けい1(以上道場)計23名

ぷよ歴史の生き字引、IPS(石川をぷよで染める会)。kamestry、くまちょむ等のレジェンドを産んだ、なごやんぷよの会。そして関西から世界の道場へ、やなせ19連鎖プロ率いる、関西ぷよぷよ道場。
ぷよの歴史とともに歩んだ2つの伝統ある対戦会と、新進気鋭の道場の激突はその威信をかけた熱い闘いとなりました。
ルールは1先、負け抜け、5連勝抜け。
道場はやなせ19連鎖プロチームとオリンピックチームに分かれて、4チームの総当り30本先取戦。

結果予想投票
事前予想投票では圧倒的にIPS優勝を押す声が多かったのですが、
結果は2勝1敗の三つ巴となり、本数の差でなごやんぷよの会チームの勝利となりました。なごやんの歴史にまた新たな金字塔が立ちました!
全体の印象としては、「若手の台頭」。IPSではルインさんがエース級の活躍を見せ、なぞぷよカレンナさんもかなり実力が向上している様子・・・
道場もやなせ19連鎖プロをはじめとした若手中心のメンバーで、連敗記録を「7」でストップさせ、最後は三つ巴迄追い込み、今後が益々楽しみになって来ました。

結果

今回はなごやんが伝統を守った形になりましたが、2年後~3年後には立場が逆転しているかもしれませんね~
道場オリンピックチームも、若手新人女性2人を抱えながら「ハンデ!ハンデ!」の煽りが効いたのか何度も脚元をすくっていましたね。
私の知る限りでは団体戦では過去最高の盛り上がりでした。遠い所ご参加下さった皆様には感謝しきりです。
今後も伝統ある対戦会対抗戦、この貴重な文化を続けていきたいですね。ご協力よろしくお願いします。m(_ _)m

ライブ配信のリンク( Facebook)
https://www.facebook.com/100002730588943/videos/2129639450470387?sfns=mo

さて、明日(本日)は、いつもおおきにGPと第二十回道場杯と、初代ぷよぷよ頂上決戦の、トリプルマッチです!ACPS4チャンピオンの栄冠はどのプレイヤーに輝くのかぁっー!
多数のご参加お待ちしております。
更新日時:2019/12/30 03:02
(作成日時:2019/12/08 10:58)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア