842

一年前を振り返る

by
まこと’
まこと’
ちょうど一年前の4/14、ぷよぷよesports第一回四国大会が開催されました。


ということについさっき気づいたので、ちょっと感慨に浸りつつ、当時のことをざっくり振り返ってみようと思い立ち、急遽投稿してみることにしました。





これがその大会の時のポスターですね。
懐かしい…。

liveさん、Temaさん、マッキーさんという3名のプロを迎えるという、今考えるととんでもなく豪華なイベントです。
高知はもとより、四国内での初の本格的なぷよぷよイベントだったと思います。

しかし当時の私は見学だけで、参加するつもりはありませんでした。

というのもこの頃はそんなにぷよぷよをやっていなかったんですよね。
ゲーム機もまだWiiUで遊んでいたくらいで、ぷよらーどころかゲーマーと呼べるのかもちょっと怪しかったくらいです。

ぷよぷよの実力としては、一応GTRで折り返して不安定ながらも8連鎖程度は組めるというくらいでした。
初心者ではないものの、ガチガチに強いぷよらーの皆さんにはとても歯が立たない。
オフラインのゲームイベントというものにこれまで全く縁がなかったこともあり、ちょっとここはひとまずどんな雰囲気なのか、見学だけでもさせてもらおう。そういうつもりでいたんです。

ところが…。


ぷよキャンのイベントページをちょくちょくチェックしていたのですが、いよいよ大会一週間前という時期になっても、参加者が僅か「4人」。

その後ちょっと増えたけどそれでも7人止まり。

これではトーナメントすらまともに組めないではないか…。

そんな中、高知県esport協会さんの「四国ぷよらーの皆さん、地方でのイベントに『次』はないかもしれないんです…」というようなツイートを見て、これは見学している場合じゃないなと考えて、参加を決意。
せっかくプロの方が3人も来るのに、高知で四国で初のイベントだというのに、全く盛り上がらないなんてことになったら悲しいですからね。
ボロ負けでもいいから、人数合わせのためだけでも参加しようという感じでした。

ぷよキャンからの登録申請にTwwiterアカウントが必要だったので、それまで見るだけだったTwwiterもこの時に開始。



で、大会当日。


半屋外のスペースで、生憎の荒天でした。

大会環境としては、正直結構厳しかったw
雨のせいもあって、指がすぐに冷たくなったのを覚えています。
主催側の皆さんもほぼ初めてのイベント運営で、いろいろ手探りだったと思います。


この時に、参加者の皆さん、運営の皆さん、そしてゲストのプロの皆さん、全員に初めてお会いして。
初めてのゲームイベント、大勢の知らない人達と交流するというのが新鮮でした。
この時に知り合った皆さんと、今でも高知や四国のぷよぷよイベントで交流が続いています。
そう考えると、私自身にとっても、高知や四国のぷよコミュニティにとっても、とてつもなく意義のある大会でした。

この頃はぷよらーと呼べるか怪しかった私ですが、この後の国体予選参加などを通じて、もっと本格的にぷよぷよを強くなりたいなと思い、本格的にぷよらーの道を歩み始めました。
今はぷよらーと言えると思います、一応。

一年前のこのイベントに参加していなかったら、おそらく今、ぷよぷよはもちろん、オフラインのゲーム活動はしていなかったと思います。
きっかけ一つでゲーマー人生が大きく変わりました。この時参加して本当に良かった。


今現在、新型コロナウイルスの問題で残念ながらオフラインのゲーム活動は全国的に中止を余儀なくされています。
高知でも9月から毎月開催されてきたぷよぷよ交流会が、4月は中止。
この一年でぷよぷよ界隈がかなり盛り上がりを見せてきただけに残念ですが、来るべき時に備えて今は力を蓄え、ぷよコミュニティが再開できる日を心待ちにしたいと思います。
更新日時:2020/04/14 22:13
(作成日時:2020/04/14 19:44)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア