617

第21回NINJACUP ぷよぷよeスポーツ大会 結果報告

by
延谷卓哉
延谷卓哉


【概要】
日時:2023年2月25日(土)13:30~18:00
場所:ネクスト・ワン名張本店 1Feスポーツコーナー
参加人数:16名
観戦者数:10名

※午前中にreoruプロによる個人レッスン開催。小学生6名参加。事前予約。

【感想】
午前中にreoruプロの個人レッスンを小学生6名に開催しました。その中から2名が大会にも参加してくれました。ぷよぷよの楽しさや大会の緊張感などを楽しんでくれていました。ぜひこれからも練習して大会に参加してほしいです。





 第21回となる大会は16名参加でポイント対象大会となりました。ありがとうございます。
 予選は4名の4リーグに分けて、各リーグから2名ずつ決勝トーナメントに進出します。組み合わせは写真の通りで、まさかの私、延谷卓哉が決勝トーナメント進出することになりました!楽しみです。予選では小学生と激戦を繰り広げているときに、他の対戦が全部終わって全員が見ながら感想を言い合うという楽しい光景も見られました。





 決勝にコマを進めたのは以下の8名。

みみみ
太陽の申し子
延谷卓哉
あん
ktr
リッキー
かるきゅう
light
(敬称略)




みみみ選手は今回初参戦ながら、プレイは去年からという新参プレイヤー。プレイの内容はそうとは思えないほどの超絶プレイを見せていました。ほかは私を除いて常連が決勝メンバーということで今回も激アツな試合が見られました。熱戦の模様はライブ配信のアーカイブからご覧いただけます。

配信URL:https://youtube.com/live/jDycqzMuVSY?feature=share

 私も決勝トーナメントで今まで応援してきたあん選手と対戦しました。気合の2ダブで1本とれた以外はなすすべなくやられましたが、貴重な経験ができました。大会を実況しつつ、横でプロの解説を聞きながらやっていると、それまで階段積み5連鎖が最大だったのが折り返しできて9連鎖まで出来るようになりました。見て学ぶことはとても大切だと感じましたし、それを実現するのはとても難しいことも分かりました。一番の驚きは、2セット目に連鎖を考えることが出来なくなってきたことです。思考のスタミナというか、連戦+対戦のプレッシャーを受け続けながらプレイする選手たちはすごいです!

 決勝戦はあん選手対リッキー選手となりました。前回のオフライン大会の決勝カードと同じです。前回はリッキー選手が勝利でしたが、今回はどうなるか。
 1セット目は4-4のフルカウントまでもつれ込みながら、最後の1本をもぎ取ったあん選手が1セット目をとっていきます。
 続く2セット目はリッキー選手が1セット目のあん選手の熱いプレイに火が付いたのか、怒涛の攻めを見せてとっていきます。
 最終3セット目に突入して、両者細かい中盤戦を繰り広げながら勝ちへの執念を見せていきます。最後はあん選手が5-2で勝利して、NINJACUP初優勝をつかみました!おめでとうございます!




 今回新しい試みとして、セットごとに1P側と2P側を入れ替え可能にしました。1セット目を取られたほうが選択権を得ます。大体の対戦で2P側で負けた人は1P側を選択しているのが見られました。ぷよぷよeスポーツは練習環境から1P側が有利と言われています。サッカーやテニスのようにコートを入れ替えるように、1P側2P側も選択できればより公平に戦えるのかなと思い、このやり方を取り入れました。最初はジャンケンで決めるので勝ったほうが1P側選択権を取れるので有利なのは変わりませんが、ずっと2P側でプレイになるよりはましかなと思っています。場所によってはオフだけどオンラインでつないで全員1P側でプレイするように配慮されるところもあるかもしれませんが、できるところでの選手ファーストでこれからも対応していければと思います。

 3/18にぷよぷよのプロ選抜が行われます。ポイントランキング上位16名が呼ばれるこの大会ですが、NINJACUPに参加している選手たちが活躍することを祈ります。今回の10ポイントであん選手もボーダー圏内に入るかもしれません。また、今回小学生で参加してくれた子たちも今後上達してプロを目指す人が出てくるかもしれません。そういった人たちがNINJACUPを登竜門として活躍していってくれるよう、今後もNINJACUPを開催していきたいと思います。みなさま応援よろしくお願いいたします。
三重県で開催していますが、ぜひ出てみたいという方がいらっしゃいましたらご参加お待ちしております。

延谷卓哉

 
作成日時:2023/02/27 10:42
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア