427

【12/20(水)発売号】朝日小学生新聞に全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2023 KAGOSHIMA「小学生の部」のレポートを掲載!

by
セガeスポーツなかのひと
公式
セガeスポーツなかのひと
 2023年11月25日(土)・26日(日)に、鹿児島市にあるライカ南国ホール、センテラス天文館にて『全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2023 KAGOSHIMA』が開催されました 。

12月20日(水)発行の『朝日小学生新聞』にて小学生の部の大会レポートを掲載しています。
 
朝日小学生新聞

優勝した「ゆうき」選手をはじめ、都道府県代表決定戦から勝ち上がり鹿児島本大会に出場した選手や、当日スクールキャストとして取材・カメラマンを担当した鹿児島商業高等学校の生徒による戦評も紹介されております。


▼以下、紙面に入りきらなかった鹿児島商業高等学校の生徒による戦評のすべても公開中▼

11月25日(土)に開催された全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2023 KAGOSHIMA ぷよぷよ部門の試合で、
16名の中から2日目の決勝戦へと駒を進める選手を決める熱い戦いが行われた。



その結果、 東京代表のゆうき選手と大阪代表のおのぴ一選手の2名が明日の決勝戦の切符を勝ち取る。


▲向かって左から「おのぴー選手」、「ゆうき選手」

11月26日(日)に行われた決勝戦では、小学2年生のゆうき選手と、今年で小学生部門への参加が最後になるおのぴ一選手が対戦。



互いに実力はプロレベルであり、大人のプロを打ち負かした記録もある。 決勝戦では、アグレッシブな動きをするゆうき選手に対し、おのぴー選手はほとんど動かされる戦いになってしまい、一本先制されてしまった。 アドリブカはゆうき選手が大きく勝っているように見えた。冷静にぷよを積んでいくおのぴー選手だったが、スピード面で圧倒され、連鎖をさせてくれなかった。



結果としては、2-0でゆうき選手の勝利となった。
お互いに実力も高く、惜しくも敗れてしまったおのぴ一選手も動きで翻弄されたものの、負けず劣らずな戦いだった。 


表彰式では、細山田プロデュー サーからはトロフィーが渡され、大内副事業部長からはメダルとともにパネルが授与された。
見事決勝戦を勝ち抜き優勝したゆうき選手、「本当にすごくうれしいですね。やっぱ内容的にもよくできたし、がんばったな、と思いました。」と語った。

 取材・記事執筆:鹿児島商業高等学校 有志取材チーム
更新日時:2024/01/23 15:04
(作成日時:2023/12/25 16:56)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア