383

おいうリーグ用自己紹介など雑書

by
へみおす
へみおす
B2級Fグループのへみおすです。同リーグの皆さんよろしくおねがいします。


先に日程調整の話をしておきます。対戦できない日程を列挙すると

・火曜日の夕方(~20:00ほどまで)
・木曜日

が固定です。週末の予定は不定期になっており、

・8日・29日の土曜日の夕方以降(16:00~)は不可
・9日の日曜日は終日不可
・15日・22日の土曜日は終日不可
・19~21日は出張のため不可


となります。こっちに可視化しておきます。思いのほか予定が立て込んでしまって申し訳ないですが、上記以外の日程なら平日でも対戦できると思うのでよろしくおねがいします!



以下、せっかくなので自己紹介などつらつら書こうと思います。


両親いわく初めてぷよぷよを触ったのは1歳の頃で、SFC版す~ぱ~ぷよぷよでワケも分からずコントローラーを叩いていたらしいです。全然記憶にありません。なので一応ぷよ歴は23年ということにしておきます。強そう。ちなみに初めてぷよぷよ通が世に出たのが1994年で同い年らしいですね。

まっとうにぷよぷよをやりだしたのは高2の頃にクラスの友達とへらへら対戦をしてた頃で、当時はお粗末な連鎖力でこいつは11連鎖で死ぬなどと散々に言われていました。それから徐々に形を覚えながらDSのネットぷよに触り始めていきました。何を狂ったか当時の自分がぷよを学ぶのに選んだお手本は定型連鎖でも先折りGTRでも上級者の動画でもなく、一部界隈(初代ぷよ)で有名な「ぷよm@s」という動画シリーズでした(とても面白いので興味がある人はニコニコで見よう!)。「究極の効率を目指す」という言葉に惹かれた私はひたすら千早式究極連鎖法と呼ばれる連鎖を練習しました。千早式の左端を22階段ではなく31階段にするアレンジを発見し、喜々として友人に話したところ、「それただのくま積みじゃんw」と一蹴されたのも良い思い出です。余談ですがこれをきっかけに私は千早Pです

大学以降の自分のぷよの変遷としては、まず入学時に大学のサークルであるところのぷよぷよサークルHOPEに入りました。1年生の頃は先輩が1人、同期が1人と活動人数が少ないながらも、毎週のように3人でDSを持ち寄って集まり、何故か3人対戦で様々なルールを回して遊んでいました。スロットのフィールド交換は許せない。2年生になるとありがたいことに後輩が5人ほど加わってくれ、賑やかに活動することができました。サークルとして学園祭のぷよ大会を運営したりなぞぷよを作ってイベントを開くなど精力的に活動していた時期もあったのですが、いろいろな不幸が重なって現在は活動を続けるのが難しくなってしまいました。しかしHOPEは昔一度同じような苦境を乗り越え復活した経緯があるので、いつの日か復活してまた日の目を見る時が来るといいなぁとは思っています。普段は言わないけどね。

またぷよらーとしてご多分に漏れず、ACぷよの動画に憧れを持っていた私はいつかACぷよにも触ってみたいなぁと思っていました。大学生後半になった頃にサークルの同期や後輩に誘われ、身内同士の対戦や大会のみという形でACぷよに触れるようになっていきました。そして当時中心であったであった飛車ちゅうさん(現プロ)に半ば強引に誘われたこともあり、今は亡き立川オスローぷよぷよ対戦会に参加するようになりました。とは言うものの、ACぷよに日常的に触れるようになってからはオスロー以外の対戦会や大会に顔を出すことも多く、蕨デイトナIIIや鹿島田マットマウスでもぷよをやるようになりました。立川のぷよ対戦会も復活する可能性が残されているので期待したいところですね。

そして現在に至るのですが、今のぷよ環境はと言うと、不幸にもサークルも対戦会も所属したところが失われてしまい、最近ではだいたい知人とネットぷよをするか稀にデイトナなどに顔を覗かせるくらいですね。むしろ何故か初代勢の知り合いが増えた今ではAC初代ぷよ対戦会に参加することのほうが多い気がします。自分のぷよの原点がぷよm@sだから原点回帰してますね。ぷよカップの当選方法知っている方はこっそり教えてください。

思ったより長いチラ裏書きになってしまったのでこのへんで終わりにしたいと思います。これから対戦する方々は改めて対戦よろしくおねがいします!
更新日時:2018/09/06 02:59
(作成日時:2018/09/06 02:33)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア