1483

「ぷよぷよフィーバー」のススメ!

by
リペヤー
リペヤー
はじめまして、リペヤーと申します。
ぷよぷよeスポーツ、発売おめでとうございます! みなさん楽しんでいらっしゃると思います。

今作では「ぷよぷよ通」「ぷよぷよフィーバー」の2つのルールが採用されました。
2018年10月30日現在、どちらかというと通ルールの方が人気があるようで、フィーバーは若干下火の傾向があります。

せっかく同じぷよぷよなのに、片方だけなんてもったいない! と思うので、レート2200-2300程度の超下手ながらフィーバーのことを語りたいと思います。
(まるっきり間違っている部分がありましたら申し訳ない……)



さて。
基本的に、ぷよぷよフィーバーは「本線火力」「本線構築力」がモノを言うルールになります。



理由1:極度の大連鎖は、フィーバーモードでは返すことができないため。

「フィーバーってついてるくらいなんだから、フィーバーモードがカギじゃないの?」と思われがちなのですが、これは少々誤解があります。

確かに「5連鎖までしか組めない」タイプの人同士では「フィーバーで逆転!」という戦術がとりやすいです。
通常連鎖数が少なく、フィーバーモードでも十分返し切ることができるので。

しかし「8連鎖以上安定、セカンドでも5-6連鎖」あたりから2回フィーバーモードに入れないと逆転が難しくなり、

「10連鎖以上安定&セカンドでも余裕で8連鎖以上」のような上級者同士の場合、フィーバーではほとんど返すことができなくなります。

通常連鎖の火力がフィーバー連鎖の火力をはるかに上回るためです。(マージンタイムまで粘らない限り)


理由2:「序盤の潰し」がやや弱いため。

また、通ルールより全体的に火力が低い&単発消しでもすればお邪魔が降らないため、序盤に潰しに行くという戦術がとりにくくなっています。
火力自体が低いので「お邪魔受け」もそこまで難しくなく、整地の単発消しをしながらでもお邪魔ぷよを防ぐことができます。
※ただし「潰し」自体が弱いワケではありません。あくまで「序盤の潰し」がちょっと弱いだけです。後述。



主にこれらの理由から、上級者同士だと本線勝負になりやすいです。



では本線勝負に勝つにはどうすればよいでしょうか。
そう、「後打ちの有利の法則」通り、連鎖を伸ばして後打ちすればよいのです。
しかもフィーバールールは7回相殺すればフィーバーモードに入れます。
相手の連鎖に打ち勝った後にこちらのフィーバーでの追い撃ちが入れば、もはや勝利確定といって良いでしょう。


では、連鎖を後出しするには? そう、今度は「潰し」が重要になってきます。
潰しが弱めなのはあくまで序盤のみ。互いに連鎖を積んだ後半での潰しは脅威となります。
フィーバールールで上級者同士の戦いでは、後打ちを狙うためフィールドギリギリまで伸ばした状態からの潰し合戦が起こります。



そう!
通と同じく「催促で敵に本線を撃たせ、こちらは伸ばして本線を後出しする」という戦術がそのまま通用するのです!
「フィーバールールもやってみたいけど、戦術が分からない」という方はこの戦術を使用して大丈夫です。



〇おすすめキャラについて。
フィーバールールは通ルールと異なり、キャラ性能に差があります。
通常連鎖が得意で合ったり、フィーバー連鎖が得意であったり、組ぷよ数が少なかったり、多かったり。
通ルールからフィーバールールに挑戦する方への個人的なオススメなキャラは3人います。


①アルル
組ぷよがすべて2個組なので、通ルールと同じ感覚で連鎖を組むことができます。
大連鎖も非常に狙いやすいですし、通常連鎖レートも高めなのでとても扱いやすいキャラクターです。
一方、連鎖数が無意味となるマージンタイムまで相手に粘られた場合、アルルは2個ぷよしか降ってこないので相殺が最もしづらい=最弱キャラとなります。

②ルルー
「現実的な最強キャラ」の異名も持っています。
組ぷよパターンに3個ぷよが入っていないため、非常に連鎖を組みやすいキャラクターです。
しかも通常連鎖レートがアルルを上回るという優秀っぷり。
組ぷよ数が少ないとはいえ、一応アルルよりは上なため、相手にマージンタイムまで粘られても最低限の粘りも持ち合わせています。

③シェゾ
「理論上の最強キャラ」となります。
最強の通常連鎖レートを誇り、10連鎖以上ならば1連鎖上回られても打ち勝てるケースも少なくありません。
ただし、組ぷよが若干独特で、通ルールからの移行だとかなり組みにくく感じるかもしれません。
しかしながら、大連鎖さえ組めてしまえばすべてのキャラクターに有利を取れる、文字通りの「理論上の最強キャラ」です
マージンタイムまで粘られても、組ぷよ数が多いため、決して引けを取りません。

(偶然ですがおすすめキャラが魔導ARSとなりました(笑))


いかがでしたでしょうか。
もしこの記事をお読みしていただけたことで、「フィーバールールもやってみようかな」と思ってくださる方がいれば、大変光栄です。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


今回の記事を書くにあたり、
男庭様の

「【ぷよぷよeスポーツ】フィーバールールにおける連鎖倍率」https://puyo-camp.jp/posts/67754
「【キャラランク】ぷよぷよeスポーツにおけるフィーバーの連鎖倍率」https://puyo-camp.jp/posts/66414

を参考にさせていただきました。
心よりお礼を申し上げます。
更新日時:2018/10/30 15:16
(作成日時:2018/10/30 15:16)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア