416

初カキコ......ども......

by
Althea
Althea
ぷよスポから初めてレート戦に潜りだした駆け出しです.
まぁ負けまくる感じですが,対人戦はそんなもんでしょう.
勝率2割ぐらいでもレート1900はあるので,下手したら他のゲームより良心的なのでは.
というよりこんな初心者と当たるプロの方々が気の毒でしょうがないというお気持ちが.
(レート高い方だと低レートとは対戦拒否するのに,プロの方々は私とも戦ってくださいました,感謝)

という訳で適当備忘録をしていきます.
当方過去作経験済みで,クソ雑魚GTRがお得意・凝視は不可能といった段階です.
おそらくこのレベル以上の成長は簡単には見込めませんし,このぐらいの層が大半だと思います(リアルなら威張れるアレ).
過去作のがっこうモードで階段,挟み込み,折り返しまでを一通り履修し,そこから先折GTRに行き着く正規ルートです.
もし私の記事を読んでいて,かつぷよスポから初めて勝てないと嘆く奇特な運命を辿る初心者の方がいらっしゃるなら,
とりあえず20thを買いましょう.とこぷよもありますし,なによりリデルちゃんがいる良作なので.

閑話休題

上記のボリュームゾーンに私もいるわけですが,どうしたら上の段階に進めるのかという話です.
まず,私は負け試合の理由をとりあえず考えてみました.
それは主に3つです.

・GTR製作中に潰しを受ける > 追撃の2ダブ > 死

・催促に対応できない > こちらは即発火(10連鎖程度)するが,相手には伸ばされて本線発火される > 死

・こちらも催促もどきをする > 相手が発火する > 連鎖を伸ばすが発火できない > 死

主に対高レートだと上の負け筋・対低レートだと下の負け筋になりがちでした.

で,じゃあ自分に何が足りないのかという話.

・速度

・凝視

・催促と合体

だいたいこの3つなんじゃないかな,と.

GTRを覚えたおかげである程度の連鎖が組めるようになり,いよいよ中盤戦を戦う環境になってきたのですが,
中盤戦での立ち回りはCOM戦では殆ど磨かれないので素人そのもの.
そうなると本線は組めたが発火できずに負ける試合が多くなってきて,非常にストレスフル.
なまじっかぷよぷよができるようになったせいで陥る辛い現象を目の当たりにしたわけです.

では,ここからどうすればよいのか.

凝視の話は簡単で,意識的に凝視すれば良いだけですね.
意識的に凝視をするには,意識を凝視に割く必要があるので,自身の連鎖が無意識で組めることが重要です.
また,ある程度連鎖の定型を頭に入れておくと凝視の方も無意識に近づいて良いです.
意識・無意識の話は経験論に直結するので,要は慣れです.沢山死んで覚えましょう.

問題は残りの二つです.

まず,連鎖を組む速度.
これは,ちぎりとゴミが大きく影響してきます.

これはAB/ACの初手を先折GTR決め打ちで組もうとした図です.
ここまでは順調だと思います.

で,つぎにAA(青青)が来たらどうしますか?
私のような雑魚は,これはGTRには不要だ!とか言って6に縦置きしてゴミにしますね.
そしてネクストがまたAAであることに気付いてゴミ掃除!wとか言い出して4連結で消します.

ここでそんなことをしてるから折り返しが完成しないまま潰されるのです.
おそらくこうなってしまったときの対処は,

こうです.
ここから,おそらくはこう置かなければいけません.


この例で何を言いたいのか.
4連結は弱すぎるので絶対やってはいけない,ということもそうなんですが,
如何にぷよを使い切るかという話につきます.
上手い方ほど一つ一つのツモを無駄にしません.

先折GTRを決め打つということは,よくわからないツモはゴミにするということです.
AA2連続を上記のように捌けば,右折の新GTRなども見えてきます.
上手い方達の臨機応変なツモ捌きは,変に決め打たないというところから入るのです.
ちなみに,本当の上級者は全消しの可能性を消す56横置きはしません.
ちゃんとネクネクにAAが来た時のことを考えて初手と二手目をこの形に置かないでしょう.
つまりは,先折GTRを決め打たないわけです.

勿論決め打ち自体は有効な側面が多いです.早く,無意識に組めます.
ただ,それに縛られすぎるとちぎりや無駄な消しが増えて結果として遅くなったり,打点が足りなくなるので,
選択肢は複数あり,そこから最適解を選ぶイメージをはぐくむ必要があります.


催促と合体の話は,まだ形にできそうにありません.
(合体の技術の記事を誰か紹介してください)
しかし1つ言えるのは,GTRを第一折り返しにすると,中盤戦の立ち回りが覚えられないということです.

先ほどのGTRをそのまま形にしようとした図です.
GTRの良い点であり,私たちに害をなす点が露骨に表れていますね.

GTRはキーぷよ外しがしづらい形をしています.
1列目に縦3を設ける形に陥りやすく,それ故にキーぷよが高くなりがちです.
良い催促の条件としては「土台を必要以上に崩さない」ことが挙げられます.
それを一番簡単に達成する方法が「折り返しを多重にしつつキーぷよを外す」ことです.
それがGTRでは(初心者には)圧倒的難度を誇ります.
キーぷよははるか頭上にあり,土台は平坦になりがち,上手く組み替えられたとしても土台がゴミぷよで暴発します.
上手く連鎖尾を入れつつ底上げが出来れば良いのですが,大抵3列目に恐ろしい谷間が生まれて酷いことになります.

勿論解決策は複数あって,

・画像の鉄ぷよ部分を折り返し部と連結させてしまうタブーを犯さない
・連鎖尾や第二折り返しのタネで上手く催促を作る

そして

・GTRから離れる



レート戦を潜ると同レート帯はほぼ全員先折のGTRを組んできます.
私と同じ道を辿っていると分かってほっこりすると共に身が引き締まるのですが,
GTRは中盤戦に弱いと思います.良い形ですが崩しづらく,完成までにちぎりが多くなりがちです.
本線の火力は随一ですが,打てなければ意味がないのです.

私と同じ負け筋を抱えたままレート2000に戻れない日々が続くのであれば,一度GTRから離れるのが良いと思います.



そして,新たな沼,弥生時代が君を待つ
次回「レート1900に戻れない」
更新日時:2018/11/05 17:25
(作成日時:2018/11/05 17:25)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア