411

インパクトブルーのぷよらーとしての歴史

by
impactblue1018
impactblue1018
どうも。ブルー杯の主催・運営を務めているインパクトブルーです。最初はインパクトブルーのぷよらーとしての歴史や現在・今後の活動などについて語りたいと思います。

1.ぷよぷよはいつから始めたのか
僕がぷよぷよを始めたのは小学生低学年の頃です。最初にプレイしたぷよぷよはスーパーファミコンの「す〜ぱ〜ぷよぷよ(初代ぷよ)」でした。従兄弟のお兄さんが飽きたからということで僕にプレゼントしてくれました。それは僕がぷよらーになったきっかけの一つと言っても過言ではありません。


2.ぷよぷよフィーバーを始めたのはいつか
僕がぷよぷよフィーバーを始めたのは中学1年の頃でした。GC版のぷよぷよフィーバーを誕生日プレゼントとして買って貰っていっぱい遊んでました。

3.ぷよぷよ15th時代について
ぷよぷよ15thが発売された直後は高校受験がまだ終わっていなかったので買って貰えなかったですが、高校の合格祝いに買って貰えました。そしてこのぷよぷよ15thからWi-Fi対戦ができるようになって全国のぷよらーとぷよ勝負することが可能になりました。このWi-Fi対戦で僕は全国のぷよらーのレベルが如何に高いのかを目の当たりにしました。これを機に、僕は15thのぷよぷよフィーバーを極めることを誓い自分に合ったキャラクターとそのキャラクターを使うにあたっての戦術、積み方を独学で勉強してノートに書き留めました。そして高2になった時、ライバルが現れました。そのライバルは当時Wi-Fiランキングで僕よりもかなり上にいるフィーバー勢のぷよらーでした。僕はその人と友達になり、学校で毎日欠かさずぷよ勝負をして切磋琢磨し合いWi-Fiランキング7位まで登り詰めました。これが僕の全盛期だったと思います。


4.大学時代について
僕は高校を卒業し、ライバルだった友達と別の大学に進学しました。大学に入ったらぷよぷよサークルかゲームサークルに入ろうと思っていたのですが無かったため自分でサークルを作ろうと思い大学で出来た友達にも布教しましたがみんな遊戯王などのカードゲームに夢中だったので全く興味を持って貰えませんでした。僕のぷよぷよのモチベーションは少しずつ薄れて、友達付き合いでカードゲームを始めました。やがてぷよぷよは全くしなくなりました。大学3年になって就職活動が始まる前に、企業にアピールできるような活動を大学生の間にやっておきたいと思い元々好きだったぷよぷよのイベントを開こうと思いました。これがブルー杯の始まりです。実際にイベントの主催をしてみた感想と致しましては、参加者数がかなり少数でこじんまりとした感じでしたけど物凄く楽しかったです。そして回数を重ねていくにつれて少しずつ知名度が上がっていきました。


5.現在と今後の活動について
現在の活動としましてはぷよぷよeスポーツのレート戦配信やぷよぷよクロニクルのオンライン対戦会の主催運営、ブルーリーグなどのオンライン大会の主催運営、ブルー杯の運営主催を主な活動としています。2018年12月26日は大阪で「第一回ぷよぷよ武闘会」というプレイヤーランキングポイント対象大会も開催します。これからも引き続きぷよ界を更に盛り上げるために貢献していきますので、これからも何卒よろしくお願い致します。長文失礼致しました。m(_ _)m
更新日時:2018/11/24 17:19
(作成日時:2018/11/24 17:13)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア