640

ぷよ通スコアアタックの魅力(スコアタ初心者目線)

by
きゃらめる(repair)
きゃらめる(repair)
こんにちは、スコアアタック初心者のきゃらめるです。
2月24日に3DS版ソフト、3Dぷよぷよ通を買い、そこからスコアアタックをはじめました。
今更……と思うかもしれませんが、とても面白いので是非やってみて欲しいです!
そこで、スコアアタックの魅力をスコアタ初心者目線で書いてみようかなって思います。
(あとは、上達したときに読み返して、こんなことに悩んでたのかと振り返れるように)





スコアアタックをやろうと思ったきっかけ

そもそもなんでスコアアタックに手を付けたかから書きます。
昨年末あたりに初めてBOXQ3の対戦会に行きました。BOXQ2時代に1回だけ行ったことあるけどね。
当然ぷよぷよ通での対戦ですが、操作が難しすぎて自分の思うような積みが出来ませんでした。

また別の日にBOXQ3でAZKさんと対戦し、AZKさんが13連鎖を打つ中わたしはMAX9連鎖……悔しくて仕方がなかったです。
家に帰ってぷよクロで14連鎖くらい打ってやろうと思ったら、ぷよ通の積み方に偏ってしまいクロでも11連鎖くらいしか打てない。かなしい。

その時はそれで終わりでしたが、徐々にこんなことを思い始めました。
「ぷよぷよ通を買って練習すれば、ACでも普通に組めるようになるんじゃないかな」

先月たまたま3DS版のぷよ通があることを知って購入をしましたが、今思えばこのことがきっかけだったのではないかと。





スコアアタックの魅力(スコアタ初心者目線)

★20分の空き時間でやれる

ぷよクロ民として思うことは、20分の空き時間って物凄く微妙な時間だなって。オンライン対戦だと4~5試合くらいだし、連戦募集してもつれるまでに時間がかかる&即つれても10先くらいまでしかできない。

でも、スコアアタックならたとえ5分の空き時間でも軽くやれちゃいます!

もちろん5分でクリアは出来ないので、ちょっと練習するくらいになっちゃいます。でも、そもそも一発でクリアまで通してやることなんてめったにないですし、ほとんどがスケルトンTに負けるか納得いかない状態でリセットをかけることになるので、5分あれば十分楽しめます。

クリアまで考えても、ストレートで行けば20分くらいで足りそうです。しかもオフラインだからどこでもできるし。



★誰にも迷惑をかけない

対人戦は楽しいですが、確定発火だったり積み・戦術の練習とかをするのは、ちょっと申し訳ない気持ちになったりします。なんとなく真剣に対戦することがマナーだって思っているので、すこしだけ肩が凝ります。

でも、スコアアタックなら何をしても誰にも迷惑かかりません!

大体NOV式かKenny式の階段を組むのですが。失敗しても暴発しても、リセットしても自由です。
ひとりでのんびりプレイできるので、本当の意味でぷよぷよと向き合うことができます。
叫ぶのはダメです、迷惑かかるので。



★精神力が鍛えられる

この一か月で、一体何回スケルトンTに5連鎖以上を打たれたことか。
そのくらい、スケルトンTと過ごす時間が長いです。スコアアタックの8割くらいはスケルトンTと対戦している気がする。

同じ面を何度も繰り返し、ひたすらに大連鎖を狙い続け、17連鎖発火間際に単発で潰されて、そんな日々を過ごしています。最初は『くそー、また最初からかよ!』と思っていたけれど、最近ではとても冷静に『……(リセット)』です。

もはや、組み上げた連鎖が発火できなくても心が揺さぶられることはありません。とても穏やかな気持ちで、ひたすらに階段連鎖を組み続けます。

でも、発火間際にルルーが自滅するのだけはいまだに許せません。

スコア更新が掛かっている時に限って自滅するのはなんでだろう。





スコアアタックから実践に活かせるものは『凝視力』

これはfron君からご教授頂いたことです。
スコアアタックをやっていて一番実践に活かせるものは何かと尋ねたら、迷うことなく凝視力と答えが返ってきました。
一番活かせるというか、唯一活かせるものとも言っていました。

私はぷよ通の速さについて行けず全く凝視できていませんが、そうすると3面くらいからは10連鎖組むのが限界です。
それでスコアが伸びるかって話。伸びません。

スコアアタックのwikipediaにも書いてありますが、すべての面を通して得点を狙っていくのがスコアアタックであり、1面で稼いであとはちびちび……なんていうのはスコアアタックではありません。1面チャレンジです。

閑話休題、実際スコアアタックを進めていく上で、3面以降は凝視できないと話になりません。
じゃあどこで凝視すればいいのかも聞きました。
自分が単発を打っている間や、ぷよをちぎって設置するまでの間など、操作が止まる場面で凝視するのが良いと言っていました(間違っていたらごめんなさい)。

この話を聞いたとき、とてもワクワクしました。私は凝視が苦手ですが、スコアアタックを頑張り続ければ、対人戦でも凝視が出来るようになるのではないかと。
たまに凝視を意識した連戦とかやってズタボロになっていたけれど、そもそも対人戦で練習しなくても身につけられるのなら最高じゃないかと。


凝視は結局意識の問題なので、どうしても凝視が出来ない人はぷよぷよ通で一緒にスコアアタックを練習しましょう!





オマケ

いま現在の私は、1面24~30万点くらい、2面8~10万点くらい、3面以降1~2万点という得点構成です。さっき10連鎖って書いたけど、大体8連鎖くらいです。
それをバランスよく稼げるようになれば、目標の70~80万点にたどり着けるようになるはずです。数か月後にこの記事を読み返して、『そんなこといってたなー』と言えるようになっていたいですね。

さて、オマケの内容ですが、スコアアタック業界はまだまだ賑やかな感じです。
先日マスターズにお邪魔した際、石川ぷよ勢は対人戦ではなくスコアアタックをやっていました。
なんなら、スコア勢は未定邸にお邪魔してまでスコアアタックをやっていたくらいです。
   
あのどらぽんさんやしろまさんでさえ一発ではこのくらいのスコアを出したりするんです。初心者だって希望を持てる業界じゃないですか?
 
是非スコアラーだらけになって、食事会の一卓を埋め尽くしましょう!!!
更新日時:2019/03/21 16:22
(作成日時:2019/03/20 16:12)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア