447

凝視のようで凝視ではないなにか

by
タロイモ
タロイモ
凝視についての記事がたくさんあがっているのでウェーブに乗らねばと執筆しました。

最近の出来事を凝視に絡めて呟きます。

試される文章力!!

気軽に対戦をしていた時のことです。
レート3000オーバーの猛者が対戦してくれました。

おいおい強すぎじゃないか?
何をやっても鉄壁の布陣で凌がれるんだが

3段埋めて、追撃でトドメを指そうとしたときに事件が起きました。
「これは勝った。16連敗したけど、これで連敗ストップじゃ!」
相手に対応手がなく、お邪魔が降ることを確認して、意気揚々と追撃の連鎖を放ちました。なんと7連鎖です。

「少し長いかなぁ……。まぁでも3段埋まってるしへーきへーき。」
あとは勝利の瞬間を待つだけ、そう思った時に神ツモが来てしまいました。
同色ゾロ4連続からの欲しい色が順番に全部きて掘りきられました。

いやもう、フフッてなりました。運でも勝てないとかどうするんだこれ。
エンジョイしてるだけだし、まぁこんなこともあるよね(悲)

惜しかった試合はこんな感じで、大体中盤で埋められるか、本線先打ちで負けるかでした。
連鎖尾側でデカイの構えてるなぁ、でも私にはもう何も対応手ないなぁ(哀)という状態でした!

蛇足ですが、操作ミスで何故か打てた2トリがブッ刺さって押しきれた試合はありましたが、すごく申し訳なかったことを報告します。
作成日時:2019/10/24 22:57
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア