378

ぷよぷよの上手いと強い

by
いさなあっきー
プロ
プロ
いさなあっきー
どうもこんちゃーすレ〇トルトと申しまーす!

嘘です…

今回書いておこうと急に思い立ってびゃーっと書くので気が向いたら読んでください。特にぷよに対しての指南はないと思います。

まず、僕のぷよを知ってる人が何を思い浮かべるかというと先折GTRですよね。
それに付随して多重折だったり火力だったりが出てくると思いますが

自分自身のぷよを強いとは思えませんが上手いではあると思ってます。

何せ元々どういう風に連鎖させるか、消え方を綺麗にするにはどうすればいいか、から始まってサブマリンやらだぁ積みやらを経て
自分が一番上手く組みやすいのが先折GTRだっただけなんですよね。

対戦は二の次で、「自分の連鎖を組み上げることが楽しかった」だけだったんです。

思い返せば2011年あたりにクラシックだったり2ぷよだったりVCAだったりをずっとやってて、
幸い対戦相手には恵まれていたので色んな人と対戦をやらせてもらいましたが勝つことより負けることのほうが圧倒的に多かったです。
でも楽しくぷよぷよが出来ていたのは自分のぷよに対する考え方を最初から、連鎖を組むことが一番楽しいから始まっていたので
レート戦でもレートを溶かしているのは自分の組み方が下手だからイラついてたし、
50先100先での勝ちも負けも自分の組み方が上手かった、下手だったがかみ合っていただけっていうのがわかっていたからだと思います。


勝手に名前を出しますけど、僕とよくぷよをやるあらんは正直糞へたくそwでした。

最近本人から聞くのは形が綺麗だから負けると思った試合のほうが多かったって言われるということでした。

僕が教えてたのは先折GTRの綺麗な組み方だけで形を組むのは上手いがまだ強さがついてきてないだけなんだってわかっていましたが教えるのもしゃくなのでそのまま放置してます。色んな人と対戦して、負け方を減らしていけば勝てる相手も増えて行くと思うタイプ。負け筋を減らす方がいいタイプ?なのかな

逆にぢおだったりきんぐだったりは僕と対戦することで負けたくないのほうが先行するためか、
強さのほうが先に出てきて、あとから上手いが付け加えられてるイメージです。
こっちは勝ち方を先にイメージしてると思うので自分の勝ち方ってのを理解しているんだと思います。


昨今、強い中学生高校生のぷよらーが出てきたのは強い人上手い人の動画が溢れていて
勝ち方をイメージしやすいのと勝てる形を増やしやすいからじゃないかなって思ってます。

レート戦やって部ちぎれてる人もいまだにいますが、そういう人は自分のぷよに対するこだわりが強くて上手いのハードルが高い人だと勝手に思ってます。

自分のぷよって上手いのか、強いのかどっちなんだろうって考えてみるとより実力を伸ばせると思います。


 
作成日時:2020/02/13 14:28
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア