318

第9回飛車ぷよに出没した話

by
Bright
Bright
ぷよキャンへの初投稿です。
私Brightと申しまして、ぷよぷよ戦術技術開発研究所(早大のぷよぷよサークル)の幹事長をしております。


いい感じに予定が合ったので3年振りにオフラインの飛車ぷよに出没してきました。

無事起床に成功(なんと7時起き、健康すぎて全米が泣く)したのでサブ大会から出ることができました。

3人チームの各人3ライフの9本先取のルールでありまして、私が振り分けられたチームがこちら
・えだ くん(サークルの後輩)
・Bright(わたくし)
・リッキー プロ(ちょうつよい)
…あれ、齢21にして私チーム最年長?

年齢はさておき、結果は惜しくも準優勝でした。決勝までの2試合は先鋒・中堅で相手の大将の残りライフを1まで持って行けたことで大将の余力を残した状態で勝てましたが、決勝で当たったチーム「国立西洋美術館」は先鋒の方からして手強く、7-9で負けてしまいました…
しかし準優勝ということで個人的にはとても満足です、でも賞状欲しかったぁ





余談ですがチーム名は「自滅の刃」でした、一回も自滅しなかったですけども。


さて、本題のメイン大会ですが、大変なグループに振り分けられました。地獄かよこのグループ…





結果としては2勝9敗、オフ大会ということで緊張して動きが固くなってしまったなーという感じです。もっと場慣れしないとね。

決勝トーナメントはどこも熱い試合でした、対戦してる後ろからがやがやしながら試合見るのやっぱり楽しいよね、うん。


というわけで超個人的な飛車ぷよ感想レポートでした。本日お会いした方、対戦していただいた方、そして飛車ぷよ運営スタッフの皆様、ありがとうございました!
オフ大会に戦国時代を余裕で投入できるぐらいのメンタルが欲しいですわ〜。
更新日時:2022/04/30 20:13
(作成日時:2022/04/30 20:09)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア