400

雪崩の要素を整理してみよう その5

by
ヌリトオ
ヌリトオ
ある列が1段降ってくることにより4連結が成立する。
それが雪崩の一つの基本形ですが、他の形もあります。

複数の列が1段以上降ってくる形も案外多い。
メリ土台とかくま積みとか男色積みだとか、
横2やL字のように降ってくるやつです。


表記については前回までと同様で、
横2Y字のように、4、5列目が1段凹んで消えるなら「45凹」
サブマリンのように、4列目が1段、5列目が2段凹んで消えるなら「455凹」
という具合です。
段々ややこしくなってくるのは仕方ありません。

そういうわけで、

雪崩の45凹は、

















雪崩の56凹は、

















あとは他にも、横3と多連結挟み込みからのケースとして、



雪崩の46凹は、




























こうして並べて眺めてみると、
5凹と56凹で重複する形があるとか、
2列雪崩でも3列雪崩でも使える形があるとか、
目に見える形での発見があります。

多くの人が経験や雰囲気でやってるのかもしれませんが、
とりあえず組んでおくとまあまあ消えそうな形ってのは、
やはりあるような気がしてきました。

L字型はちょっと長くなりそうなので次回にしましょう。
更新日時:2023/09/01 23:17
(作成日時:2023/09/01 23:16)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア