991

6月ぷよぷよカップレポ~敗北直後の真実~

by
TS
TS
ぷよぷよカップ6月大会お疲れ様でした。

参加者約200人、25の予選リーグ、驚く要素だらけで何度も経験した2先大会なのに震えが止まらず空元気のアゲアゲテンションでごまかしてたらいつの間にか「芸人枠」とか「発狂枠」のレッテルを貼られてました。TSです。

予選開始

4月大会は6勝1敗が3人並び、予選3位で敗退というあまりにも悔しい終わり方をしたため、あの大会を終えてからずっと逃げてきた安定性や運に頼らない技術の向上に全力を注いできました。

手渡された30番のプレート、明かされる21番ブロック予選
「よかった……プロいねえ」
と安堵して予選会場についてリーグ表を見る。すると気づいた
この大会は番号が若ければ若い程有利だ。

どういうことかというと、予選リーグも決勝トーナメントもチャンピオンシップにも、参加者に1P2Pの選択権は一切ない。運営が勝手に決める。
そして予選リーグにおいての1P2Pの決定方法は「1Pの優先度は番号が若い程高い」

大会に参加してて察しの良い人は既にわかるだろう

番号が1番から15番までという事が確定しているプロ勢、超高確率でずっと1P

プロ勢有利すぎんだルルォン!?!??!?!?!?


まあ、21番予選にはプロはいなかった。けども10番台~20番台が3人もいやがったせいで優先序列は4位、微妙of微妙!!!!!!!!!はーつっかえ!!!!!!!!!!!!!!!



まぁなんだかんだあって予選を全勝で突破。前回の屈辱を思い出して狂喜乱舞、思わず雄たけびを上げて後ににっきーさんにいじられる



予選通過者インタビュー
司会者「予選通過してどんな気分ですか」
ワイ「(緊張ヤバすぎて)叫びたいです。」
司会者「どんな風に叫ぶ?」
ワイ「え”……(思考停止)」
司会者「考えてないんかーい」
ワイ「マイクぶっ壊しちゃいますもん^^;(精一杯のイキリ)」
司会者「マイク遠ざけるから言って見なwww」
ワイ「(公開処刑かあああああああ!!!)いやいやいやwww本当に言う時の価値なくなっちゃいますやんwww」

なんともぐだぐだである。猛省

さて決勝トーナメントが始まったわけだが

俺にはちょっとしたルーティーンがある。

というのも、対戦の直前に好きな曲を聞くというだけで、気分を良くしようとするよくあるアレなわけだが

よく聞くのは
・Flying High
・パワプロ8伝説最強戦
・パワプロ2018OP
・ポケモンチャンピオン戦BGM
・ポケモンフロンティアブレーン戦BGM
・アンテの曲いろいろ
・好きなアニメのOP/ED

等々、え?ぷよの曲きかねーのって?…………許してクレメンス

で、いつも通りランダム再生をかけて最初にかかった曲は

ただ~ようそ~らを~どこ~かと~おく~

・・・

あの有名なシーンが頭をよぎるよぎる……

さぁ!初戦!これに勝てば飛車さんが待っている!!!そして次はたぶんりべさん!!!決勝で待ってろよくまちょむさん!

(1P)いどい2-1TS(2P)
 

ごめんよオルガ……TSUTAYA行ってもう1回オルフェンズ見るから許してクレメンス……


とはいえ、予選通過したから次回大会はエントリー抽選免除だそうです。

アイルビーバック…………b
更新日時:2018/06/05 14:30
(作成日時:2018/06/05 14:28)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア