737

今までのぷよ歴の詳細など(自己紹介?)

by
トレル
トレル
私がぷよぷよという作品に出会ったのは1996年、
まだ4歳くらいだったと記憶している。
当時、小学生4年だった姉が運動会のご褒美に
「すーぱーぷよぷよ」を買って貰ったのが全ての始まり。
当時まだゲームと言うものを触ったことが無い私は、
姉の見よう見まねで初めてぷよぷよ、ゲームを触った。
「同じ色を4つ繋げて消すだけ」で良い、
それだけで姉や周りの友達と遊べる。
それが嬉しくて楽しくて、誰よりも1番になりたくて、
コッソリ姉が小学校に行っている間に沢山練習をして、
物心が完全についた小学校2年生くらいには、
階段積みで7連鎖は組めるくらいの実力に上がっていた。

その頃には既に姉や周りの友達よりも強くなって、
いわゆる「地元では最強」の状態だった。
しかし、「勝てないから一緒にぷよぷよをしたくない」
という友達も増えた。
それからは、誰かとぷよぷよをするでなく、
「すーぱーぷよぷよ通リミックス」に収録されていた
「通モード」をひとりで何回も何回も繰り返し遊んでいた。
この頃には「誰かと遊びたいから」でなく、
「ぷよぷよが楽しいから」ひとりで練習をしまくってた。

それから月日が流れて2年後、
ここでぷよらーとして1つの成長を迎える。
小学校4年生の頃に姉が、姉の友達から
ニンテンドー64の「ぷよぷよSUN」を借りて来たのだ。
当時の私は、ぷよぷよSUNを触ったことがないので、
ものすごく喜んだのを今でも覚えている。
さっそく「ひとりでぷよぷよ」をクリアする。
しかし、大抵のぷよぷよではハイスコアを取れるのに、
中々ハイスコアの名前入力に辿り着けない。
ハイスコア画面のランキングに映るMAX練習15連鎖の文字。
そう、実は姉の友達はかなりのぷよらーだったのだ。
初めて見る二桁連鎖の文字。この時私に闘争心がわいた。
絶対にこのランキングに入ってやる、
1つで良いから塗り替えてやる、と。
それからあまりやらなかった「とことんぷよぷよ」で、
階段積みを横いっぱいにとりあえず敷き詰めて、
そこから2段目を使って連鎖を作っていくことで、
二桁連鎖を作れるということに気づき、
何とか11連鎖組め、記録を1つ塗り替えることが出来た。

それから月日が流れ、高校2年に上がった年、
ここで多くのぷよらーと出会うことになる。
この頃、学校内でSNSが流行っており、
私も何となくで始めたSNSを眺めていると、
「岡山ぷよらー」という単語見つける。
何と、岡山にもぷよぷよが好きな人が居て、
ガチなぷよ対戦をしているコミュニティがあったのだ。
その頃まだ若かった私はすぐにコミュニティに参加、
対戦会があるというので、飛びついて参加をしに行った。
対戦会当日、集合場所に居たのは自分より一回り大人な
方々や、大学生の方々ばかり。
今もだが、当時コミュ症であった私は、
正直この時点で半分怖いので帰りたさがあったが、
やっぱりぷよぷよをやりたい気持ちの方が強かったので、
そのまま参加をさせていただくことに。
この頃はまだ岡山県にはACのぷよぷよがあるゲーセンが
なくて、個人宅でコンシューマ版のぷよぷよを
総当たりでローテーションしていくような感じだった。
ここで初めて大連鎖の撃ち合い、攻防、顔を合わせて対戦することの楽しさを知ることになる。
前半は周りが大人ばかりで、場違いなところに来てしまったのではないか、という気持ちが強かったが、
後半には約10年ぶりくらいにリアルで
「ぷよぷよで遊べた」という喜び、楽しさが
前半の気持ちを塗りつぶしていった。
それくらいこの時の対戦会は印象に残っている。

それからさらに月日が流れ
2011年に「ぷよぷよ!!」が発売される。
この頃にはニコ生放送に手を出しており、
土曜の朝〜昼にかけて「win版ぷよぷよフィーバー」の
「クラシックルール」での対戦を毎週のように
放送をしていた。そこでも色々なぷよらーとネットで
知り合ったりもしていた時期だった。
この頃セガは「ぷよぷよ20周年」に力を入れていた記憶で、
「ぷよぷよアニバーサリーツアー」を開催していた。
簡単に言ってしまえばゲーセンのぷよぷよの大会である。
当然、この頃ぷよぷよへのモチベが高かった私は
喜んで参加しに行ったのを覚えている。
ルールはAC版「ぷよぷよフィーバー」で、確か2本先取り
というものだった。
当然、上記で知り合った岡山ぷよらーの方々も参加してて、
正直1回でも勝てれれば良いなーなんて思ってると
まさかまさかの決勝進出、最後には他県から来られた
ぷよらーにフルボッコにされ、あえなく2位という結果に。
この頃はアミパラ岡山店にAC版「ぷよぷよ通」が設置されたり他県のぷよぷよの集まりに飛び入りで参加しに行ったり、とにかくぷよぷよというゲームを楽しんでいた時期だった。

そんな日々が続き、2014年。
アミパラ岡山店にACぷよぷよ通が設置されてから
初のゲーセンの大会「あみおかっぷ」が開かれる。
当然コミュ症ではあるが、ぷよぷよはやりたかった私も
参加させていただくことになり、
この時期に思ってた
「岡山ぷよらーで3番目くらいになれたら良いなー」と
軽い気待ちで参加、これもまさかの決勝進出からの
他県のぷよらーに敗北。もはやお約束。
そこでもぷよぷよを楽しむのだが、
この時期にぷよぷよに対するモチベを全て別のゲームに
持っていかれてしまい、4年間ほどぷよぷよをやらなくなる。

そして2018年、ぷよぷよのeスポ、プロ化が決まり、
モチベが高くなって来たのでぷよぷよ活動を再開して
今に至る。
正直今は4年ほど前の実力の半分以下ではあるが、
別に「強い」とか「強くない」とかは私の中では
そこまで大きい問題なのではなくって、
「楽しく遊べる」ことが一番大事なのだと、
この文章を書いてて再認識をした。
もちろん、あの頃抱いてた
「岡山ぷよらーの中で3、4番目くらいの実力になる」
という野望()は密かに抱いているので、
今盛り上がりつつあるぷよぷよを楽しんで行きたいと思う。


ここまでの長文にお付き合い頂き、
ありがとうございました。






































 
更新日時:2018/06/14 14:26
(作成日時:2018/06/06 02:26)
コメント( 2 )
横えび
横えび
2018年6月8日 21時14分

「他県のぷよらー」こと横えびでございます。
第2回あみおかっぷ、もしくは金沢藤江城🏯での再戦をお待ちしております!

トレル
トレル
2018年6月8日 21時23分

>横えびさん
お久しぶりですー
リベンジマッチ、いつか出来るように
また精進します!

コメントするにはログインが必要です
シェア