1015

全消しのススメ~2・全消しを狙ううえでの基本~

by
TS
TS
※この投稿はあくまで序盤の全消しに焦点を当てているものです。

みなさんはどういう時に全消しを狙いますか?多くの方は、意識として最序盤は全消しを狙うでしょう。AAAAや、ABABABABなんて来たら大体の人はとりますもんね、

今回は全消しを取る上で基本中の基本とも呼べる
「どのようなツモの時に全消しを狙うか」についてです。

え?形や繋げ方で全消しがどうこうはどうするのかって?

そもそも色の制約を乗り越えないと全消しはどんだけ頑張ってもとれません。

じゃあその色の制約って何よって思う方、拍子抜けするかもしれませんが、大前提中の大前提は、「出ている色がそれぞれ4つ以上ある」です。うん分かってるって?

でも大体の奴対戦の途中でこのこと意識せずに形の良し悪しばかり気にするんだもん。

コホン、とまぁボヤキはおいといて、既にフィールドに4つ以上ある場合は手遅れになる事があります。なので以下の条件に当てはまるときは、全消しを特に狙って見るといいかもしれません

・5手または6手を見終わった時点で一つ以上の色が4つすでに出ている場合
・7手目を見た時点で4色目が来ていない場合

これだけ?はい、これだけです。
じゃあなんでこれが全消しを狙えるツモに繋がっていくかというと
「色が明らかに偏っている」というのが前述した内容からわかります。7手も引いて4色目が来ない、6手引いた時点で4つ以上出ている色が1つ二つある。ほとんどの場合は色が偏ります。

イメージしてみてください。3色のぷよぷよを、これどこかで見たことありませんか?

そう!激甘のぷよぷよですよ!これ!!!
やったことがある人ならわかると思います。狙おうと思えばいくらでも狙えるで3色ルール。小難しい理論振りかざすよりもかなりイメージできると思います。

ちなみに、皆さんに知ってほしいのですが
「4色全消しはかなりのレアケースです」
加えて、4色全消しは相手も強い手札を揃えている場合もあるため、4色全消しは2クアでもない限り大体弱いです。4色4連鎖全消しはかなり弱いです。特に上級者相手には

つまり、色に偏りのある全消しは比較的狙いやすい上に4色より強く、さらに多いのです。

ちなみに、提示した条件の一つである
・5手または6手を見終わった時点で一つ以上の色が4つすでに出ている場合
において、4:4:3:1のように4色目が来てしかも1個しかないという場合は、次の手に4色目のゾロ目が来ない限りあきらめましょう。
本当はもうちょっと色々ツモの制約はありますが、今回はここまで
更新日時:2018/06/06 23:28
(作成日時:2018/06/06 21:21)
コメント( 1 )
パララ
パララ
2018年6月6日 21時28分

「序盤では4色目が見えた時点で全消しは避ける」っていうことかー
これは確かに、頭では意識してたんだろうけど文章にするとスッキリしますねー

コメントするにはログインが必要です
シェア