13185

『超初心者』でもぷよぷよ通ルールが絶対に上達する裏技

by
live
プロ
プロ
live
りべです。

今日は、読んで字の如く、初心者向けのとっておきの裏技をご紹介しようと思います。
プロ筆頭の僕が言うのですから間違いありません。必ずこれを行えば上達します。




目次
  • あなたは何故上達したいのか?
  • ぷよぷよの楽しさとは?
  • 才能とは、環境を整える力
  • どんな実力差の対戦でも楽しめる裏ルール
  • まとめ




・あなたは何故上達したいのか?
まず、初心者であるあなたはどこからぷよぷよを知り、何故上達したいと思っているのでしょうか。


『どこから知ったのか?』は愚問ですね。「ぷよぷよチャンピオンシップを見た!」と答えましょう。今ならぷよぷよクロニクルが廉価で買えるようになります。
『何故上達したいのか?』が本命の質問です。「ゲームとして面白そうだから」「誰かとやるのが楽しいから」「誰かに勝ちたいから」あたりの回答になるでしょう。


答えはどれでも構わないのですが、自分のモチベーションを左右するのは最初の気持ちです。
ここがわからなくなってしまうと、びっくりするくらい突然冷めます。



また初心者の大半は、他のことに目移りしてやめてしまうケースが多いと思っています。
それは、さらなる楽しそうな物事に、最初の「ぷよぷよが上達したい!」という気持ちが上書きされてしまっているからです。
上達のためには、最初の気持ちを忘れない強い意志を持っておくことが必要になります。





・ぷよぷよの楽しさとは?
さて、ぷよぷよがゲームとして面白いところはどこでしょうか。


当然、自分で『連鎖』を作れるところですね。

実際にやっていて、「楽しい!」と実感できるゲームは続けられます。
では、「楽しい!」と感じられなくなり、上達を諦めてしまう原因は何なのでしょうか。


はい。これはひっくり返すだけです。『連鎖』を作ることを対戦相手に妨害されるからです。

対人戦で中級者~上級者にマッチングすると、初心者は全く連鎖を組ませてもらえません。
これが、ネット対戦に足を踏み入れた初心者の大きな壁となっています。



「ゲームとして面白そうだから」をベースに頑張っている人は、とにかく相手に阻害されても連鎖が組めるレベルに達しなければいけません。
これに対する具体的な方案については後述します。





・才能とは、環境を整える力
残りの原動力である、「誰かとやるのが楽しいから」「誰かに勝ちたいから」についてです。


これはそれぞれ、「エンジョイ勢」や「ガチ勢」の素養となっているモチベーションですが、
どちらの場合も、自分の目標である人を定めているのがポイントです。



「才能とは目標に向かって努力できる人のことである。」とは巷でも度々言われたりしますが、
もっと細かく言ってしまえば、「才能とは、自身の目標設定が上手で、モチベーションを管理できる人」のことなのです。
すなわち、「目標や原動力となる人を定めるのが上手だったり、そういった人と切磋琢磨できる環境をグイグイ作っていける人。」
才能とは、自身が上達するための環境を整える力のことなのです。



同レベル帯の「誰か」をどんどん作って、自分のモチベーションにできる人は本当にあっという間に上達します。
幸いなことに、ぷよぷよキャンプというコミュニティサイトができたおかげで、そのハードルはぐっと下がりました。
ライバルをたくさん見つけていきましょう。






・どんな実力差の対戦でも楽しめる裏ルール
「メンタリティ的なことばっかいってんじゃねーよ!俺は今すぐ楽しく上手くなりてーんだよ!」

大変長らくお待たせしました!!
具体的な練習方法についてお教えいたします。



僕はちょくちょくせがまれて、ゆっくり10連鎖を組める程度のプレイヤー(初級者)と対戦することがあるのですが、
当然そのまま対戦すると連鎖を組ませる間もなくボコボコにしてしまい、お互いにもやもやしたまま終わることになります。

同レベル帯の人を見つけて対戦してもらう方が得策なのですが、なかなかそう上手くはいきません。
どうにか当人のモチベーションを削がない方法がないか、僕は考えました。


連鎖を組むのが楽しさ…目標を作ってあげることがモチベーション…



そうか!
連鎖を自由に組ませてやればいいんだ!



なんとこのゲームには、素晴らしいことに設定内に“連鎖しばり”という項目があります。特定連鎖数までお邪魔を送らない機能です。
これを20連鎖に設定して対戦する。それだけです。
勝敗は、それぞれの目標点数に到達するのが早かった方の勝ち。実にシンプルです。



この対戦方式は、僕とTomが一時期ぷよぷよクロニクルで配信していた、10万点RTAの亜種となります。
目標点数にハンディキャップを付けることで、どんな相手でも平等に対戦をすることが可能となります。
僕と初級者の場合の目標点数では、僕側が30~50万点、相手側が10万点といった具合です。


基礎的なぷよぷよの技術である連鎖力、スピードを鍛えるとともに、隣でプレイするため相手に対するアドバイスなども可能です。
初心者の育成法に困っている方は、是非一度試してみてください。





----------


いかがでしたでしょうか?
ぷよぷよテトリス、ぷよぷよクロニクルどちらでも可能で、ネット対戦にも対応しており、この練習法は非常に有効だと思います。
この方法が浸透し、一人でも多くの初心者が、連鎖を組む楽しさ、誰かと競う楽しさに気付いてくれることを願っています。


まとめ
・最初に抱いた楽しいという気持ちを忘れない
・たくさんのライバルを作り、自分で環境を整える
・連鎖しばりを活用した練習法を自分なりに試す


 
更新日時:2018/06/08 17:00
(作成日時:2018/06/08 17:00)
コメント( 5 )
5件のコメントを全て表示する
うぃにしえ
うぃにしえ
2018年6月8日 19時16分

目標点数RTA楽しそう!
普通にゲーム側で用意されてるルールの1つとして採用してほしいかも。

RUA
RUA
2018年6月15日 12時24分

連鎖縛りの案がすばらしい‼

梨缶-nashican-
梨缶-nashican-
2018年6月22日 12時38分

これは目からウロコでした!そんな楽しみ方があるとは…
そして記事も読みやすい…

コメントするにはログインが必要です
シェア