1293

強くなるために通ルールだけやる必要はない

by
TS
TS
※この投稿はちょっとしたボヤキです。誰に向けてでもないので変な奴がまた何か言ってやがるという気持ちで、生暖かい目で見守ってください・。・ 


僕の友人にはぷよぷよの初心者がとても多いです。もちろん、階段5連鎖が精一杯な人がほとんどで、中盤戦やセカンドどころか、折り返しすら組めない人ばかりです。

そういう人たちに時々言い寄ってくる人がいて「~~したほうがいいよ」とか「~~~って人のプレイ参考にしたらいいよ」って言ってくる人はとても多いです。親切ですね。

でも、何か忘れているような気がするんです。

ぷよぷよはeスポーツだの競技だの超高速将棋だの言いますが、ぷよぷよはゲームです。娯楽です。




なにもそんな肩に力入れてどうやったら上達するかを教えるのは、教えてほしいと自分から言ってきてくれるような意欲のあるプレイヤーだけにした方が良いのではないか、と時々思うんです。言い換えると、「新規や初心者を育てるのにその手段はまだ早い」と言いたい。



ぷよぷよのルールって通だけでしょうか、相殺やクイックターンやネクネクがない初代ぷよ、セガオリジナルルールのフィーバー、ぷよクロで作られたスキルバトル、これら以外にも大量のルールがあるではありませんか。たしかに、それぞれ別ゲーと言えるくらいにルールも戦い方も違います。でもいいじゃないですか。ぷよぷよの楽しさは通やフィーバーや初代だけで語れるものではない。

これは以前TOP(理科大ぷよぷよサークル)で、初心者ぷよらーが混じって4人対戦をしていった時の事です。通ルールやフィーバーや初代をやったら一瞬で勝負がついてしまう。初心者がそれで楽しいと思えるのは余程の聖人かドMくらいでしょう。なのでここはルール変更、でかぷよラッシュで遊ぶことに、

すると何と言う事でしょう。初心者が勝ちました。いつもぼくたちが遊ぶときは、一言二言の会話はあれど、会話が絶えないなんてことは全くなかったです。でもその時だけは、会話がいつまでも続きました。それはまるで、友達の家に行ってパーティゲームをやる小中学生たちのようでした。

対戦の世界に生きてきて、忘れてしまったこの感覚。もちろん勝つことが楽しい事ではないという事は決してないです。何が言いたいかというと

このゲームの楽しさを見出す事が、強くなることどうこう以前に大切なことです。その楽しさを見出すために、通やフィーバー以外にもたくさんのルールがあるのだと思います。

気が向いたら、リア友や別の界隈の友達を誘ってバカゲールールで遊んでみるのもいいかもしれませんね。

以上ちょっとした壁打ちボヤキだした。
更新日時:2018/06/10 14:37
(作成日時:2018/06/10 14:37)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア