574

ぷよつばと!

by
横えび
横えび
いつかおとなになるぷよらー。
と、かつてぷよらーだったおとな。
かわらない、ぷよぷよ。

 
 
 
  
「うーん、だから・・ なんて言うかな・・ 縦に同じ色が3つ繋がって、それが5列あるだろ?で、一番上に色ぷよをズラして置いておく。で、これを右下から消すと左側へ順番に消える。これがほら、階段積み。消え方が階段に見えるだろ?」
「みえない」
「なー!見えねーよなー!?」



うろこさかなびと「横えびの考えることは、全てお見通しだ」
横えび「!?」
うろこさかなびと「死んだ方がいい」
横えび「あ、待てこいつ!2ダブを撃つな!!」
うろこさかなびと「言い訳は、地獄で聞く」
横えび「ギャー!!!」
うろこさかなびと「お金を、大切に」
横えび「ええい、余計なお世話だ!」

 
「ただいま~・・」
「お。どうだった?稼ぎは」
「・・全部死んだ」
「なー。バクチ伸ばしは何も生まねーよなー」
「・・・・」


 
「リーベマーン!!」
「おー!! リーベマン! またきたなー!?」
「また!? よく来るの!?」
「どっちが連鎖尾でどっちが発火点だかわかるまいー」
「おのれー!」
「あははは、バカだ・・」
「あ!ちがう!!
これはほんせんまるだしマンだ!たいへんだ!!」
「え・・?」


 
「どうやって10連鎖するのー?」
「んー。まずはー、折り返しの部分をこうやって作っていく」
「うわっ! 高っ!」
「でー」
「うぎゃ!スケTが2連鎖!」
「敵の連鎖は折り返しを崩すか、大き目の1連鎖で相殺する」
「また2連鎖!!ワー!ワー! ・・敵は殺さずに生かしたままでやるんだー」
「折り返し部分ができたら、階段をくっつけて上の部分を出来るだけ伸ばして発火する」
「ギャ!10万点!痛っ!痛っ!」
「・・私にもできますか?」
「ええっ!?チャレンジャー!?」
「怖がり過ぎて消しまくると、敵が死ぬから」
「こう・・?」
「1列くらいのじゃまぷよは、場合によってはわざと喰らってからきれいに取り除いて」
「すげー。恵那すげー。恐れを知らねぇー。今どきの子供か?バーチャル世代だ。ゲーム感覚だな。2連鎖も組めないような顔して」
「うるさいなー」


 
「ぷよふば、明日はクロスの練習をしよう」
「・・くろす??」
「ぷよつば、クロスは知っているか?」
「り、りろんはしってる」
「理論知ってるのか、すごいな」
 


「ここがレジャーランド藤江本館、加賀百万石のぷよぷよ拠点だ」
「おおー!? でけーな、おい!」
「ぷよぷよ対戦できる遊園地は初めて見ただろ?」
「セガがつくったのか!?」
「いや、山崎屋だけど・・」
「じゃあコンパイルか?コンパイルがつくったのか!?」
「えっと・・ そうよ」
「すっげー!! コンパイルかよー」
 

 
「なぞぷよは、フィールドぷよとネクストぷよの配色があらかじめ固定されている。だからどんなに間違えても、いつかは必ず正解手順に辿り着くことが出来るわけだ」
「へー、そういうシステムなんだ。なんかヤラセくさいな」
「超初心者だってぷよぷよを楽しみたいだろ。でも連鎖が組めないのはつまんねーだろ?」


 
「私は基板ボー。ぷよぷよ内臓ロボットダ」
「ぷよぷよがしゃべった!にんげんがはいってるのか?」
「・・ハイッテないヨ?人間と対戦するためセガが開発シタ」
「すげー!どうすればたいせんできるんだ!?でんきか?」
「違う。私はお金で動く。ゲーセンとかにコインを入れたら遊べるゲームがあるダロ?あれと同じ原理だ」
「ほー」
「う・・
 た、対戦しないとエネルギーが・・ お金を入れてクダサイ・・」
「ぷよつば、おかねもってない。えなもってる!?」
「う、うん。じゃあこれつかって。(あとで返してくれるんでしょーね!?)」
「(あー、一度入れると取り出せませン)」
「(な゛ッ!?)」

 
「なんだよ、よわいぞきばんぼー!」
「(・・おいおいおい、滅茶苦茶強いぞこのガキ!!)・・えっと・・・・ 強い私と対戦するには、コインをたくさん入れる必要がありマス」
「おかねか!?おかねならあげるよ!?」
「ギャーッ!私のお金ー!!」


 
 
「・・ぷよつば、もう一度聞く。人が死ぬ思いで2面スキヤポデスに18連鎖を打ったのに」
「かえるをえらんだよ。にんぎょをえらぼうとしたらしっぱいして、かえるをえらんだよ」

「 な ん じ ゃ そ り ゃ あ ! ! 」
 
更新日時:2018/06/16 09:37
(作成日時:2018/06/15 23:24)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア