685

フィーバーの勝ちパターンについて 相手をフィーバーに入れた後

by
han_the_troll
han_the_troll
1-3 相手をフィーバーに入れた後の行動 について書きます
あなたは6連鎖の土台を確保しつつ相手をフィーバーに突入させることに成功しました
さて、そこからどうしたら勝てるでしょうか?
勝つ方法
1.相手にフィーバー伸ばし+フィーバー終了後の本線を打たれても返されない量の本線を撃つ
2.フィーバー潰しを行う
3.自分が13連鎖級の本線を確保しつつ、相手のフィーバー中に送られてくるお邪魔を単発やらで相殺して本線を保ったまま、相手のフィーバーの終わるタイミングと同時にフィーバーに突入する

が大まかに分けてあります。

1について
これが最もポピュラーな勝ちパターンの一つです
中級者レベルでもこれをデキる人は多いのではないでしょうか?
ただこの行動にも練度がありますので、練度の上げ方を解説します

相手のフィーバー伸ばしは結構運が絡みます
フィーバーに突入した最初の土台+来るツモの形や色+フィーバータイムは何秒あるのか+初回のフィーバー土台発火後次の土台を発火できるタイミングであるか
=こちらに送られてくるお邪魔の量
となります
よほど噛み合わせが良ければ初回で12連鎖とか軽々いかれますが、まあそんなにないです
もし12連鎖付近まで伸ばされた場合は不利な状態に自分が置かれたと認識しなければなりません

相手のフィーバー伸ばしが
1.成功した場合(12連鎖レベルまで伸びた)
2.成功した場合(8~9連鎖レベルまで伸びた)
3.失敗した場合(ほとんど伸びなかった+時間を使った)
4.順当に伸ばさず発火した場合(おそらく岩レベルのお邪魔が自陣にくる)
5.ミスして3連鎖レベルになった場合


でそれぞれ解説していきます
1の場合
おそらくかなりのお邪魔が自陣にきます
自分は不利であると自覚しましょう

有利不利が逆転したので、行動を変える必要があります
1.本線ぶっ放してお邪魔を返してフィーバーイン
2.フィバ待ち(本線壊し系)
3.フィバ待ち(本線維持系)
のパターンに分類されます

1の場合
おそらく五分五分の状態に持っていけます
自キャラが大連鎖キャラであれば有利、そうでなければ不利~互角レベルまではいけます
フィーバーイン後の行動はフィーバー伸ばしのパターンに当てはまります

2の場
フィーバー中に12連鎖以上に伸ばしてお邪魔を返せなかった時点で負け確定です
フィーバー中のツモ運を祈るしかないです
お邪魔を少し返しても絶対的不利です(その後のフィバインの種を貯めれないため=相手から追撃が来るため)
勝つためには絶対にお邪魔を岩1個でもいいので返してください

3の場合
希望があります
できればフィーバー中は伸ばしたほうがいいですが、相手からの潰しが予想されるので安定して8~9程度で止めたほうが良いです
その理由として、2と違うのはフィーバー終了後に本線がまるまる残っているからです(発火色を覚えていてフィーバー後に発火色を引けている前提)
フィーバー後はそのまま単発でまたフィーバーに入ってもいいし、本線を打って返してフィバインしてもいい状態です
この状態で単発でフィバインするメリットとしては、本線をある程度保ったまま、再度効率よくフィバインできるときです
単発で消していって本線が崩壊しそうなときは素直に本線を発火してフィバインしましょう


フィーバー伸ばしの2の部分に戻ります
このパターンでは相手は次にフィバインしてもあまり希望はなく、種もあまり残っていない状態です
7:3くらいで有利を取れていると言えます
ですが行動をミスしたら負けに直結しますので、慎重に潰しを打ってまたフィバインさせるか、潰しきってください
本線13連鎖をぶっ放すのは負けパターンです
なぜかというと、その時間で相手に種を貯められるor本線を組まれてしまうので3回目のフィバインが見えてしまうからです
2回目までのフィバインならまだなんとか潰しが入りますが、3回目となると確実に15連鎖まではいくので潰せなくなり、逆に不利になります
なので2のパターンのときは絶対に潰しで潰しきってください

フィーバー伸ばしの3の場合
圧倒的有利です
本線打っても潰しでも勝てます
本線が暴発してないか潰しが弱くないかぎり2回目のフィバインをされても押し切れることが多いので焦らず攻撃してください

4の場合
こちらもフィーバーに突入します
フィーバーに突入する方法は本線でも潰しでも良いです(相手の2回目のフィーバーが軟弱なことが多いため)
ただ一つ気をつけたいのはフィバイン時の行動のパターン(上記1.2.3)をミスらないことです
本線を打ってフィバカウントを貯めるか、インするのが安定しています
(相手にフィバインを確実にさせる量を返せる+フィバインしても種が10連鎖程度のため返せない)
ただ状況としてはお邪魔が帰ってきた時点で良くて6:4なので、一つミスをしたら負けます

5の場合
よほどのことがない限り勝ちます
返せない量の本線を撃つのが一番安定しているので本線安定です


相手のフィーバーイン後の2のパターンについて
一番理想的なフィバイン後のフィバ潰しパターンとしては
相手にフィバインさせる→本線10連鎖→フィバ潰しも兼ねているフィバ中へのお邪魔蓄積→相手はフィバ終了後一度でも発火できなかったら負け確定
というパターンです
相手がフィバイン後、10連鎖程度を撃つのがすべてのパターンで安定しているので10連鎖をとりあえず撃つのがおすすめです

というかこれが一番強いです
これをできるようになったらフィバ強くなれます
フィバ潰しパターンの亜種としては、細かく潰しをうったりして伸ばさせなかったりするのがありますが、本線10連でいいです
一番オススメです


相手のフィーバーイン後の3のパターンについて
これはその後の展開がかなり変わりやすい難しい状態です
状態としては7:3くらいで有利ですが、自分のフィバ後に発火色を保持できなかった時点で負けなのでなかなか難しい上級者向けの戦い方になります
この戦い方のメリットとしては、大連鎖キャラを使っている場合相手は2回目のフィバインでも返せない可能性が高いことです
つまり確実な勝利を手にすることができます
ですが本線を維持したり発火色保持したりとやることが多いのでミスが出やすいです(人間は複雑になればなるほど細かなミスが出るため
この戦い方もやってみなければうまくならないので、積極的に試していきましょう
このパターンで勝つことができるようになるとフィバでできることの幅が広がります



とりあえず相手フィバインさせた後の勝ちパターンについてはこれで終わりです
更新日時:2018/06/18 22:51
(作成日時:2018/06/18 22:51)
カテゴリ
上級者向け
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア