781

ぷよカップ8月途中ベフェバと福島ミドロ

by
rikaon966
プロ
プロ
rikaon966
これはKuroroによる主観的絶対的パワーによる、
大会日記です。
実際の大会は参加したり見て体感してください。

…と、書いてありますが8月ぷよカップ日記は
途中で終わってます。
放置していたら書くの忘れてました。
しかし消すのは勿体無いかもしれないので
2018年11月2~3日の福島イベント日記と合わせました。



2018年8月18日、ぷよぷよ大会行って来ました。
今回で確か3回目…ワタシが幼少期、
海を割った回数と同じだった気がします。

大会前日、ぷよらーの友人宅へ行く事にし
最近テトリスにうつつを抜かしてしたワタシは
最後の調整はしっかりやるか!と、
意気込んで行った矢先
プレステ4コントローラーが1つしか所持していない
友人だったため、
ワタシは彼を現行犯逮捕、
庭に捨て仕方無くとこぷよで練習しました。

…大会当日。
地図アプリを使わず迷わず現地に到着、
自身の冴え渡る絶対感覚に震えます。
早くも大会での自分の活躍が目に浮かびます。
むしろ、飛翔し滑空している様です。

現地では、早くもプロ達が集まっていましたが
研ぎ澄まされたワタシには
関係の無い事でした。

2ヶ月に1回のペースで大規模な大会を開く…
この業界にいて20年以上経ちますが、
ここまでハイペースなのは初めてですが、
ふと思ったのが
規模が大きい=人が集まる=交流が増える、
または中々会って無かった
人達と
会えたりする。

オンライン対戦がメインにありつつある今、
ワタシもオフラインでの対戦会等に
全く行かなくなり
昔に比べリアルでの
交流は殆ど無くなりました。

なので、大会開催がハイペースではありますが
懐かしい人達や
昔からオンライン交流があった人達、
または自分の事を知ってくれてる方々と
直接会って話せるのは、
それだけで大きな価値を感じました。
ぷよ界に長くいたからこそ、そう感じます。

さて、一気に話を進めてしまって大会です。

まずはぷよカップ。
入賞上位4名がプロになれる大会です。
…と、参加人数やら分けられたブロック数やら覚えてないのは省きます。

ワタシは確か16ブロックでした(7人総当たり戦)

あまり表世界に現れない自分としては、
言うほど表だって活動してねぇし対戦会も年に
一度しか行かないくらいだし
名札さえ隠せばバレねぇだろ…
そんな清い気持ちで居たのですが

某プレイヤーが『Kuroro君こっちだよ!』と
背後から張り叫ぶ声でワタシを呼ぶ人、
すけぞーさんにより
ワタシのブロックが何処かがわかると同時に
同ブロックの方々に名前と顔が割れる
アクシデントが発生、
ワタシは顔真っ赤になりながら
席に着くのです。

ワタシの知る限りの強豪はおらず
ワタシはイキる事を決意、
初戦から悠々と勝ちをモギモギして
いきます…謎の4連鎖とか7連鎖本線で…。
凄まじい乱れっぷり、それは
熱々ご飯上の鰹節踊りの様でしたが
どうやら顔バレしたせいか
相手の方々が
明らかに緊張からがぐちゃぐちゃに
なってくれて、
だがワタシもぐちゃぐちゃで、
でも相手の方々は更に乱れ大根で…

どう考えても負け試合ばかりでしたが
全勝でき無事予選をススス~と
通過しました。
ちなみにすけぞーさんにだけは
顔真っ赤なワタシ、
普段99%やらない速攻を仕掛けたりし
ここ20年くらい溜まった怒りを
彼に全てぶつけました。


~ぷよカップ本選~

予選が次々と終わり、
予選通過者達が次々と発表されていきます。

細かくは覚えてませんが、
他のブロックは激戦区がいくつかあり
くまちょむ&metaブロック、
クラウド&ざいろブロック

更にスラム街ブロックであった
ぴぽにあ&マッキー&ヨダソウマ。

本選候補メンバー達が同じブロックで潰し合い、
ワタシは感無量の気持ちは表情に出さず
冷静な佇(たたず)まいで
強者感アピールをしておりました。


意外と激戦区だったブロックから
okaさん(通称、無茶振りのoka)
が勝ち上がり、
同ブロックにはひしゃちゅう君、
そして女流最強と裏社会ではもっぱら有名な
あやさんが居たらしく

中々の大金星を上げての
予選通過だったようです。


ワタシが覚えてる限りでは、
我が弟子にしてワタシより強い予感しかしない
レオル君通過

亀ちゃんも前回はくまちょむと
同じブロックになり惜しくも
予選通過出来ませんでしたが、今回は通過…?

クラウド君はざいろ君に敗れ、ざいろ君が通過。

metaくまちょむはくまちょむが通過。

テマちゃんも激戦区ブロックだったようで、
さたかめ氏&あべし氏と言う強者ブロック。
そして通過者はあべし氏。


個人的に激戦区に感じていたのは
めいせつさんのブロックでした。
あかじこうさん、れっどり君…だったか?
平均レベルが高く
誰が抜けるかわからないブロック
だった記憶があります。


…こんな感じで、色々な所に色々な人や
知り合いや友達、ライバルがいて
自分らの予選が終わっても
他のブロックの
通過者が気になったりして
待ち時間も楽しんでおりました。


そして予選は終わり、
本選メンバーも揃い、
抽選。

結果は、ワタシの初戦は
優勝候補筆頭『残虐まっきー』。
戦う前から残虐な組み合わせです。
こんな事なら控え室でテトリス40LINEなど
必死な形相でやるべきではありませんでした。


結果、ほふされました。
ほふされると言う言葉があるか忘れましたが、
しかし現実、そうだったのです…

okaさんも負けた様で
ワタシと敗因を語り合いました。
oka『Kuroroさん!なんで助けて
くれなかったんですかッ…!
いや流石に無いですわ~
Kuroroさんはどうでした?』

Kuroro『…観客に…』

oka『観客に?』

Kuroro『観客80人あまりに後ろから体当たりされ…
取り押さえられ、心身の自由を奪われながらも
頑張ったが、残虐まっきーの
冷淡さに為す術が無かった…』

oka『…あぁ~…観客に、後ろから…
体当たりを?
それは仕方無いですね』

okaさんとどうしようもなく抗えなかった
屈辱的敗因を共感し、
我々は大会の見(ケン)に回る事にしたのだ。

2回戦のメンバーも決まり…と思ったが、
ぶっちゃけメンツをあまり覚えていない。
予想外だったのがくまちょむ1回戦敗退。
ワタシの隣の席で戦っていたが、
相手が強かったのか、それとも
ワタシの聖なるさに感情がやられたのだろうか?

他は、セルバ君が勝ち上がり2回戦の
戦うメンバーは
どの試合もプロ対アマチュアの構図になった。


ここからの試合内容はあまり記憶に無いが
優勝候補であるマッキー君は順当に勝ち
ざいろ君も勝ち、
雨宮対めいせつはかなり白熱の試合展開で
最後、めいせつさんが本線後打ち状態に
なり伸ばしに伸ばし
かなり難しい配色ながら大会とは思えない
くらい美しい捌き方をしたが
相手の連鎖を見誤り
伸ばし過ぎにより間に合わず(実際は繋がって無かった?)
雨宮君が勝ち上がった。
彼も、本線をメインに使う戦術を覚え
戦術の幅と安定感が加わり
前回よりも
上達してるのがすぐにわかった。

…と、ここで中断してしまった日記なため、
現時刻福2018年11月2日11時25分のワタシは
完全に忘れてしまったため
取り敢えず8月ぷよカップ話は終わりです。

~しかし福島ヘドロリアル~

はい、現刻のワタシは福島イベントに
向かっています。
昨日の夜中、目が覚めに覚め
覚め過ぎて通り過ぎる思いを
抑えに抑え、
それは強く強く抑えました。
夜中に起きてしまったワタシはぷよeスポのオンラインショッピングに潜りますが
色々な方々に破壊されます。
そのストレスから、ワタシは鶏肉を
さも残虐に噛み千切り食べ散らかします。
更に薄ら笑いを浮かべて
長らく浮かべていたせいで
洗濯機を9時間前に回していた事を忘れ去っていました。
そうこうしてる間に…もとい浮かべ切って
7時間後の朝9時。
準備をして荒々しい山賊の様な
振る舞いで家を出ます。

…出ましたッ!


そして藁(わら)をも掴む必死さで新幹線に乗り
現在に至るのです。

つまり、結果論を述べてしまいますと
ワタシは郡山(こおりやま)という
ロンゴロンゴ文字を解読した人間の
サラにそこから3%の人種だけが読める
国に
読めるワタシは向かっているという事です。


~郡山式バラモスとは…~

そんなバラモスはいませんが、到着しました。
到着後の予定が実はまだ良くわかっておらず
ワタシの来週の予定も不明で
その迫り来る不安感から

『Kuroro 予定 未定』とネット検索を
かけてしまう程の動揺が
そこにはありました確かにありました。

どうやら到着した郡山駅から
向こうのスタッフの方が車で迎え→
あぶくま洞窟へと向かい
くまちょむ&Kuroroは酷使されるとの事です。
なんて恐ろしいのでしょう…
しかし何が恐ろしいのでしょう…。


~あぶくま洞の不思議のダンジョン~

車で連れていかれる事1時間くらいの様な
10分くらいの様な…
気付けば意識を失い知らぬ間に
名刺も失っていたワタシですが
目を開けばあぶくま洞窟に
到着していました。

あぶくま洞は洞窟しかないような
環境と思い込んでいましたが、
周辺には色々な施設が散りばめられており
あぶくまダンジョンで倒れたプレイヤーは
ここに戻されてるのだ、と
ワタシは本能が気付く前に
脳が直に理解しました。

くま&Kuroroさんのお二人は
緊急なのかわからないですが
緊急的な感じで地方ニュースに出演するために
リハーサルをバリッとやらされます。

バリッとされた後は
本番中継です。


そしてバリッと終わりました。

こうして我々はホテルに連れていかれ、
明日の大会のための
兵器道具として悪用されるのです。
混沌なのです。

明日の大会記に続きますが、
面倒くさがりなので続かなかったらすいません…




更新日時:2018/11/02 16:49
(作成日時:2018/11/02 16:49)
コメント( 2 )
ぴとー
ぴとー
2018年11月2日 19時0分

kuroroさんの作る文章が好きで昔からファンです。これからも楽しみにしています。

rikaon966
プロ
プロ
rikaon966
2018年11月2日 19時49分

昔からという事はmixi時代の雰囲気ですね?
ありがとうございます、書くのは好きなので
覚えてたら書きます。

コメントするにはログインが必要です
シェア