306

【初代ぷよ】デスタワー次の一手問題集 解答編

by
cymk
cymk
ツイッターで出題した問題の解答編
出題はここでしてました
問1 緑赤は pic.twitter.com/pQsQqqEF9m
— cymk (@CYMK_bpuyo) 2018年8月31日
解答者は述べ116人でした! アリシャス!
 
 
今回は面倒がらずにhtml編集もちゃんとしているので偉い(自分で言っていく)
  
 
解答
  第1問
f:id:cymk2424:20180901210718p:plain
 
 アンケート結果
 f:id:cymk2424:20180902163229p:plain
 
正解は「緑下で置くべき」でした!
直後に緑黄が来たとき、ハチイチで4色19個に届くので、これを置かない手はないですね!
f:id:cymk2424:20180901211255p:plain
 
 
第2問
f:id:cymk2424:20180901211507p:plain
 
アンケート結果
 f:id:cymk2424:20180902163334p:plain
 
正解は「3縦」です!意外と票が割れて作問者としては気持ちがいい
黄色があと2つ来れば4色19個を打って致死になる場面なので、このタイミングで千切って速度を遅くしたり、単発耐性を下げる意味はないでしょう。
23千切りは、その意味で3色タワーを狙う手ですが、現状16個しか有効ぷよがないため、残り3つを稼ぎに行かなくてはいけません。
f:id:cymk2424:20180901212149p:plain
しかし、赤は高い3列目から入れなければいけないので大変です。紫は6列目からですが、赤と緑の連結でデビルハチイチになる可能性が高いので、意外と紫を伸ばすのは難儀します。緑は、ゾロを引けなければ伸びが止まってしまうので、確率としては薄いところですね(黄緑なら緑の連結を伸ばせるが、上部の黄色を完成させたほうが圧倒的によく、そして千切った意味が無くなる)。
f:id:cymk2424:20180901213048p:plain
以上のように23千切りを深く考察していると、最終的に3色を狙うにも3縦がよいことがわかってきます。赤は赤ゾロが引ければ解決、または赤緑が引ければ千切りながら両方使えて味がいいです。緑も足しやすくなっているので、千切るより受けが広いといえます。
 
 
第3問
f:id:cymk2424:20180901212752p:plain
 
アンケート結果
 f:id:cymk2424:20180902163402p:plain
 
正解は「23千切り」です。
直前手が赤紫を4縦したであろう場面で、瞬間的には紫の連結がいっぱい狙える!という局面ですが、千切って紫をさっさと諦めてしまうほうがだいたい優秀ですね。
とこぷよしているときの感覚として、これによって緑の受けが3列目に残っているのがすごく大きいという気がします(赤緑がくると気持ちいい)。また、紫の連結をどれだけ伸ばしても、結局は赤の上になにか別の色を足さないと致死に行かない(紫緑をどう置いても紫の連結が阻害されて伸びなくなる)ので、そこまで紫にこだわってもしょうがないというのもあるでしょう。
 
 
第4問
f:id:cymk2424:20180901215407p:plain
 
アンケート結果
 f:id:cymk2424:20180902174117p:plain
 
正解は「12横置き」!絶対に解答がめちゃめちゃ割れる問題を作ってやるという気持ちで作問したら酷いことになった
1縦には票がほぼ入りませんでしたが、そこまで致命的に悪い手ではありません。しかし、紫を離したことで千切りが発生する可能性がかなりあります。また、そもそもぷよを離しても3色では絶対に届かない(ハチイチ引いても最大18個)ので、キルアイス移行を狙う必要が高い場面です(上部でのプラス1色を狙うなら、そもそも1縦にして紫を受ける意味が相対的に下がってしまう)。ただ、キルアイスを狙おうと思っても、1列目2段目を埋めたことと、2列目が空いていることが重荷になって厳しいので、結局そこまでよくないですね。
となると、12横置きか23千切りかであり、結局は「23千切りで速度を犠牲にしつつ効率を求めることにどれだけ意味があるか」という話に集約されます。
今回の場合だと、千切って赤を使いきると赤がL字になって赤の連結が伸びなくなります。これによって、後に来る赤を含むツモがかなり受けづらくなっています。特に、赤黄が来るとなんで千切ったのか意味が分からなくなるので、とてもつらくなりますね。緑がどうあがいても足せないことから、最終的には上で何か別の1色を構えることが必要です。これを考慮すると、タワーの1番強い勝ち筋は、赤黄を縦置きして黄色を意図しつつも他の色も入れられるようにする展開で、23千切りはそれを自ら絶つことになってしまいます。
細かいところでは、かなり難しいですが3-4列目の段差で1色足すことも出来るでしょう。
23千切りが12横置きに勝る点はいくつかありますが、その1つがキルアイス移行です。この点で、「上部で黄色お祈りvs下部で緑赤の2択」に思えて、一見するとかなり優勢に見えますが、ただ黄色の前を埋めた瞬間にツモお祈りになるので、結局はほぼ「黄色お祈りvs埋めた色お祈り」となってしまう可能性が高いため、優位性は先の評価を覆せるほど大きいとは考えられません。また、効率を取ったことで短手数タワーの目も残しましたが、黄色を4つ引く必要があるので、そこまでに他の必要ぷよを引く可能性がかなりある場面だと思います。実際に配ぷよを固定して試してみると、かなり差があるのは発火が黄ゾロでジュウロクイチとなる展開ですが、その確率よりは間違いなくどこかで赤黄を引く可能性のほうが高いでしょう。
とまあ、長々と書きましたが、フィールドとツモを固定してやってみればわかります。というわけで、今回の正解は12横置きとします。
ちなみに、問題の状況だとそもそも1手前の3縦緑赤を34で千切ったほうがよい可能性がそこそこあるので、そもそもこの形にすることをあまり推奨できません。じゃあなんでこんな問題作ったんだという話になるけど、私の実戦譜がこの手を選んでいたからだな!
 
更新日時:2018/11/11 00:51
(作成日時:2018/11/11 00:51)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア