578

逃げることはダメなことか

by
Πανδώρα
Πανδώρα
ぷよぷよeスポーツ。
ぷよぷよがeスポーツになった後初の新作として、ガチ勢はもちろん夜中にダウンロードしたであろう。
また今まで興味も無かった人にも、期間限定500円ということで、ぷよぷよに触れるいいきっかけになったのは間違いない。
そして、対戦とはどんなものか、「ちょっとレート戦やってみよう」と思った人もいよう。





そして絶望するのである。








ここまで寒い口調でしたが、こんにちは。
Πανδώραと申す者です。
普段はテトラーとして生きてます。
そんな僕でも、ぷよぷよもやりたいと思っていました。
ですがぷよテトでやろうとすると、別アカウント作成でネット代がかかる、レートが初期値、さらに対テトもやらなければいけないということで諦めていました。
そんな中で、テトリスが排除された「ぷよぷよeスポーツ」が発表されました。
まだ迷い所さんでしたが、500円ということが決め手になり、購入を決定。
そして、いざぷよぷよらーしかいない新天地へ…
レートで当たる猛者達と切磋琢磨しながら、ぷよぷよの楽しさを見つけ…

というのはちょっと美化しすぎましたね。
本題に移りましょう。

タイトルにもある通り、逃げることはダメなことか」についてです。
今作では、格差マッチングが問題になっています。
ある凍結で有名な名前のヤバい方は、レート2600差マッチングに成功していました(意図的なものでしたが)
つまり、今作から始めたばかりの人でも、超上級者とマッチングする可能性があるということです。
もちろん、自分よりかなり強い方と戦うことが楽しい方もいると思いますし、そういう方はこの記事を見る必要はないと思います。
ですが大半の方は、コテンパンに打ち負かされ、やる気が無くなってしまうのではないかと思います。
実際僕も最初はコテンパンに打ち負かされレートはどんどん下がり、しばらく離れてしまいました。

そしてタイトルの問いへと至るわけです。
そもそも、ぷよテトにもあった「逃げる(意思を示さない限りマッチングが成立しない)」機能には、批判の声も多かったです。
特にレートカンストを狙えるような方からしてみれば、マッチングし、逃げられ…の繰り返しはストレスだったとは思います。
しかし戦う側からすれば、したいことをさせてもらえず、気づいたら負けているような試合は楽しくないのです。

あまりまとまっていないような気がしますが、結論としては、「逃げたければ逃げても良い」
と思います。
そうすれば楽しくできるのであれば、我慢するよりは全然マシでしょう。
そして自分の適正レートを見つけ、その中で成長していくのが一番良いと思います。
更新日時:2018/11/18 21:02
(作成日時:2018/11/18 21:02)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア