1180

12月ぷよカップレポ~神前裁判~

by
TS
TS
どうも、TSです。今この記事を書いているときは12月15日の21時を回ったころです。
今回のレポートは2日かけてやって、忘れないために当日の夜に書くため、深夜テンションでとんでもない事書いているかもしれませんが生暖かい目で見守っててください。

当日の状況について触れる前に言わせてください。

ぷよぷよを続けてて良かった……!



はい、本題に入ります。

朝の8時、アラームで起きた僕は追い込み練習のためにツイッターでぷよぼをかけたら、もめんどうふ君が釣れた!飽き抜けで10時くらいまで続けてました。とにかく冷静に判断できるように調整。2ダブや3連鎖をうつタイミング、相手の出方に対してどんなアクションがいいのかを1試合1試合吟味する。

僕に足りないのは何よりも安定性と火力。今回僕は予選勝ち抜けをとにかく目標にしていたため、安定性をとって調整していました。でも調整というのはゴールがありません。時間が近づいてきても「あと1試合……」「ちょっと今のままじゃ不満だな……」気づけば予定時刻を過ぎてた。急いで出発して駅に着いた時、気づいた

メガネが無い!!!!!!!!!!!!!

なんてこったい、いや対戦するうえだったらそんなに影響はないんだけども観戦するときはこれが無いと死活問題なんすよ……そんなわけで急遽帰宅。スーツを着たデブが全力で走っております。防寒着だらけだったから汗まみれや……

ちなみに本当にギリッギリに到着しました。(締め切り数分前)


さて、いよいよ始まりました
予選リーグ

その前に、僕のぷよカップの今までの結果をご覧ください
4月大会 予選リーグ6勝1敗3位


6月大会 予選リーグ6勝0敗1位→決勝トーナメント1回戦敗退


8月大会 予選リーグ6勝1敗1位→決勝トーナメント準々決勝敗退

10月大会 予選リーグ4勝2敗4位

そして今回の12月大会



………………プロはいない!!!ホッと一息ついて、予選に臨んだ。
たかのアキさんひめちゃんさんあかじこうさんは知ってるけど他は正直知らない……未知の領域だなーなんて言いながら予選をやっていると、やけにカメラを浴びている人いるなーっと思って後々知ったのですが、ししどんさんって声優さんなんですね……らないさんもスマブラで有名な方じゃないですか……

濃いなーこのリーグ……
ちなみに予選での僕はというと、正直ギリギリでした。ビビリ発火や甘えブッパが目立ち、ちゃんと中盤を制して勝利するという事があまりできず、完全に勢い任せで勝利を重ねました。

結果として全勝でリーグを通過。大喜びでしたが、まだ全力で喜ぶには早すぎたので抑えめに静かにガッツポーズ。


そして決勝の相手は誰だろうとトーナメント表を確認しました。



さたかめさん!?さたかめさんじゃないか!?
勝ち上がってもしばかずさんかmasさん!?

いつもならこれで対戦相手の元にすり寄って三下ムーヴでもして媚び売ってたりするのですが

今日の僕は違いました。

誰だろうがぶっ飛ばす!!!!!!!!!!!!

完全に燃えてました。いつもなら強い相手が当たる事に駄々をこねていましたが、前回大会のliveさんからの説教が僕を変えました
「強い奴倒してこそプロになれよ」
この時僕はこう考えていました

敗けてプロになれないだの駄々をこねるな、実力を示せないのはプロじゃない。

負けたのならそれまでだった。次回までに実力つけてまた挑もう。自分は特別な存在でもなんでもないんだから。そう言い聞かせて、始まる1回戦
以下、現在22:30になった状態で記憶している限りのさたかめさんとの試合を振り返ります

1試合目
お互い何もせずに折り返しを組んでた。多分どっちもGTRだったと思う。俺はとにかく攻めようと早い段階で3連鎖催促を打った。するとさたかめさんは本線発火をしてきた。残しはそこそこ綺麗だったから、3連鎖程度伸ばして、しかも全消しにして後打ち。相手に岩4個分返して勝利

2試合目
自分が折り返しを組んだあたりでさたかめさんが仕掛けてきて、それがそのまま刺さって決着

3試合目
1試合目とほぼ同じ展開、ちょっと中盤戦が熱くなったけども、ギリギリで刺さって勝利
TS 1-0 夜燐

4試合目
全消しをとって相手は4連鎖ダブル(だったかな?)こっちが若干降ったと思う。とはいえ全消しアドを生かしてゴリオシ、結構危ない勝ち方だったはずだけどよく覚えてない

5試合目
さたかめさんが激しい攻めをしてきたためギリギリで受けたけども、発火色を引けずに敗北。

6試合目
この試合はそこそこ長引いた。お互いに折り返しも連鎖尾も組んで、中盤戦から終盤戦になりそうな時に、お互いに仕掛けあって、最終的にさたかめさんが本線先打ちしてきたが、ここで僕は凝視していたため気づいた。相手折り返しで止まっていると。しかも7連鎖とでかい。発火すれば互角程度にはなれるだろうと思ってギリギリで本線発火。そしてこれがターニングポイント。さたかめさんも伸ばして発火したが、折り返しのGTRが暴発している。その結果相手は返せずに決着。
TS 2-0 夜燐

1回戦突破!!!!!当然声はあまり出さなかったけどもガッツポーズしまくってはしゃいでましたw格上に勝つのは気持ちがいいです。


2回戦の相手はしばかずさん。これに勝てば2日目に進出が決まる。
巨大な壁を越えたと思えばまたしても巨大な壁。しばかずさんと言えば、超巨大な連鎖でしょう。対して僕の火力はしばかずさんと比べて小型犬未満。周りから「中盤しかけまくろう」「火力戦封じよう」といろいろ言われて、始まった2回戦。(ちなみに1Pでした。嬉しい!)

1試合目
さたかめさんの時もそうでしたが、この時僕はとにかく中盤戦を制する事を目標に立ち回っていました。通常通り組んでみろと言わんばかりに威圧的な土台を組んで、露骨なマルチ副砲を構えて、しばかずさんを威圧する。そしてその副砲に注意が向いてる隙に反対側で組んでた連結2連鎖を打って催促の催促に成功。案の定しばかずさんは対応してきたけどもそれこそマルチ副砲にとっては思うツボだぜと思いながらマルチを使って対応。その後しばかずさんは本線発火してきたが、伸ばして後打ちに成功。 理想的な勝ち方をする。

2試合目
1試合目では中々よさげな試合展開ができたが、ここら辺からちょっとずつ歯車が狂い始める。再び早い攻めでしばかずさんを揺さぶる。その結果相手の連鎖を埋めた。そう思っていたが僕の甘え本線追撃が災いしてしばかずさんは掘って本線発火、逆転負け

3試合目
2試合目でちょっと揺さぶられた僕はここで攻めが若干鈍ります。その結果しばかずさんが先に仕掛けてきて、僕は緊急発火。打たれてしまうと負ける!という状況で、緊急発火なだけに連鎖時間が短いという事もありしばかずさんはツモれず負け、後ろの方で観客が「あー……」と言う声が聞こえる。俺も観客ならそう思う。何とも心臓に悪い……
TS 1-0 しばかず

4試合目
この時、とにかく調整通りに安定して勝とう、お利口さんなぷよしようと思って色々と定石通りな立ち回りをしていたけども、そうすると自分の中で決まって生じる弱点がある。それは定石外の手に弱い事。相手がちょっと尖った仕掛けをしてくると成すすべなく防戦一方。その結果押し切られて敗北

5試合目
開幕全消しが刺さり勝利

6試合目
試合開始数十秒後、しばかずさんの土台が隙だらけなように見えた。それを見かねた僕は仕掛けた。しかししばかずさんの形は隙ではなかった。受けに強い形だったのである。その結果受けられた後の発火でお互いのフィールドはおじゃまぷよだらけ、俗にいう空中戦である。実はこの時、自画自賛できるくらい良い堀連鎖を作っていた。とはいえ、相手はしばかずさん、下手に火力勝負を仕掛けたら絶対に負けてしまう。そう思って伸ばしに行ったらしばかずさんが先打ちしてきて、予想以上につながってなくて(確か4連鎖程度だった)刺さり敗北
TS 1-1 しばかず

7試合目
正直この試合はマジで覚えてない……30分くらい思い返しているけどマジで思い出せない……普通に中盤戦で負けて普通に後打ちで負けてた気がするんだがどうなんだろう……

8試合目
3試合目でなんとも度し難い勝ち方をしてしまった僕はこの試合でもやらかしていました。こっちの量を完全に把握したかのようにでかい催促に対して普通に中盤戦で負けて、先打ち発火。相手は伸ばして、さぁ後は打てばいいだけ、次の手で発火!というところで捨てツモを単発に巻き込んでしまいツモれず勝ち

9試合目
TS氏、ここで賭けに出る。相手の土台を見れば土台構築までに緑3個もいる。ネクストネクネクをみても緑はない。もろたでくd……ゲフン、もろたでしばかず!2ダブじゃあ!
しばかず「あっネクネクネク緑ゾロとネクネクネクネク緑1個あった」
TS「えっ」
はい、ツモられました。ナンデ!?ミドリナンデ!?その後乱戦になり、最終的お互いのフィールドが荒れに荒れた状態での火力勝負となり、ギリギリで勝利。

TS 2-1 しばかず

TS「やったあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」

ぷよぷよ人生で3番目くらいに大きい声。全力でバンザイしました。

いよいよ準々決勝……なんですが、1日目はここで終了。現在12月15日23時34分。明日の事思うと寝られません。
明日の相手は「神」ことあめみやたいようさん。プロの門番……8月大会を思い出す。

その後インタビューにて

司会者「意気込みはありますか?」
ワイ「8月大会の雪辱を晴らします」


やるぞ……俺は今度こそプロになるんだ……誰が何と言おうとプロになる……

ちなみに、その後にプロと対戦できる時間がありました。その時、くまちょむさんとMATTYANさんの所に行って、対戦しながらいろいろと話していました。
特にMATTYANさんの所では、8月大会の事もあるので本気でした。この時僕はMATTYANさんにこう話していました
ワイ「この試合は俺にとってただの練習試合ではない。賭けているものがあるんだ……8月の時の俺を超えられるかってね」
MATTYAN「そうか、じゃあただの試合にはできねえな。」

その後は、来るあめみやさんとの試合のために、彼の対戦台をただひたすらに眺めていました。


以上で大会1日目のレポは終わりになります。最後に、明日の戦いに向けて明日の自分にメッセージを送ります。

明日の大事な1戦、慢心するなよ俺
お前が小物である最大の理由は比較する癖がある事だ。ちょっと油断したら犬みたいに序列付けて見下そうとしやがる。お前は人だ。犬じゃない。
全力で、死に物狂いで、どんな汚い手を使ってでも勝つ意気込みで、罵倒されても我が道を突き進め、俺。決して油断するな。決して他人を見下すな。

PS.ペペペマンが本人も驚いているくらい勝ち残っちゃって宿に困っていたので急遽我が家で寝泊まりする事になりました。ペペペマン?ああ、アイツは俺の目の前で寝ているよ。

ペペペマン、プロになれるかはお互いに分からんが明日は全力出そうな。

【ここから2日目レポ】
現在12月17時0時となりました。こっぱずかしい事凄い書いてるな俺、深夜テンション怖いわ~。はい、レポート入ります。
まず最初に言います。

ありがとう。

僕が1日目のレポートを書き終えた後、ちょっと気になったのでランキングの更新をしていました。(明日に向けての調整?なにそれおいしいの?)
1時くらいになったころに一通り終わって、さぁ寝ようとしたのですが

全然寝れない…………

心臓のバクバクがおさまらない……明日プロになれたらどうしよう。なれなかったらどうしよう。もしなったら、なれなかったら周りはどう思うんだろう。そんなことで頭がいっぱいで何も悲しいことは無いのに涙が止まらなくて、どうしようもない不安に押しつぶされそうでした。結局寝れたのは3時半。明日は7時半くらいに起きて二人で最終調整をしようと思っていたので、圧倒的睡眠失敗。ちなみにペペペマンは11時くらいにはぐっすりでした。羨ましい。

起きた時はちょうど7時半、願掛けで昨日と同じスーツの上にコートやマフラー、そして手袋という完全防備でした。8時くらいになったころ、ペペペマンと二人で最終調整を開始。俺は1P、ペペペマンは2Pと本番ポジションが被ってなくてよかった……。

ちなみに少なくとも9時には出てないとまずい距離です。1時間あるかないかくらいの短時間の調整というのは正直満足なものではありませんでした。その結果二人ともギリギリまで調整していて、大崎駅到着時は9時58分(集合時間10時)

オタクダッシュ×2、日頃ランニングしててよかった……ペペペマン足速いな。

そして到着した決戦会場。セガ本社の中にあるスタジオ、本当にオシャレでした。
控室にはすでにdeltaさんとわっふるさんがいて、僕たちより20分くらい遅れてふむはもさんも到着。

5人で楽しく談笑していましたね、内容はあまり覚えてませんが。

その後本番の13時30分よりも1,2時間くらい前にカップとCS両方のリハーサルが行われました。正直その時の内容ここに書いてもいいのかわからないので書きませんが、正直死ぬほど面白いことだらけだったので気になる人は僕にDMなりLINEなりリアルなりで聞いてくださいwちなみにその時にアプデ情報や4月大会の会場の事を聞いてました。外人4コマ並みにみんな喜んでました。

ちなみに4月大会の会場VTRが流れてた時の当時の様子
「ここどこ?」
「海外?」
「ここ韓国じゃね?」
「ハワイ?」
「ラスベガス?」
「グァムじゃね?」

「 宮 崎 」
「「「国内だった」」」

運営さん曰く物凄く良い所らしいのでプロ勢の方々羨ましい。

その後控室に戻り緊張と興奮で喉を通らない昼飯の後に始まったぷよカップ。
・Kamestry VS delta
・TS VS あめみやたいよう
・ざいろ VS ペペペマン
・わっふる VS ふむはも
最大4人、最低1人がプロになる大会。今度こそ……今度こそ……と死ぬほどガッチガチになりながらひきつった笑顔でカメラの前に立つ。やばいろれつが回らない……めっちゃ噛んでるし声がか細い……これコメントでいろいろ言われてるんだろうなあと思ってました。

そして始まる準々決勝第1試合。目の前でdeltaさんが頑張っているところを見ていました。最初の1セット1P2P間違えて認識していたためかめさんがとったセットで拍手してちょっと気まずい空気になった気がした……スマンやで、でも今日のdeltaさん本当に強かった!!!見事かめさんに勝利してプロ入り!おめでとうございます!3度目の正直ですね!(これでアマチュアランキング圧倒的1位は卒業した……)

そして僕の出番です。
試合開始直前の会話
TS「今日はよろしくお願いします」
あめみや「ああ、よろしく。」
TS「神前裁判だ……」
あめみや「ww、俺が裁く」

1試合目
いきなり序盤全消しを引けた。嬉しい。けども相手はそこそこ大きめな5連鎖をもってきたから5列、状態は互角。すぐさま発火したもののあめみやさんカウンターをうまくつくっている。飽和的に不利かな?と思って6連鎖くらいを目標に組んでいたのですが、予想以上にツモがかみ合わない。なんてこった……苦し紛れの3ダブを打って、あめみやさんがミスってたから本当に苦しすぎる勝利で先制

2試合目
正直好きな形を組んでなかった。望んでないツモが連続で来て得意でない形に、正直メンタルがひよりはじめたのはこの試合でした。折り返しの黄色が怪しすぎてどうしようかと思っていた所あめみやさんが速い攻めをしてきて2列を受ける。あめみやさんの事だから追撃してくるだろうと思って急いで本線を復帰させたのだが、全然飛んでこないため普通に中盤に戻ろうとしたらどこを飛ばそうとしても不利になるか本線繋がってしまうと当時思ってどうしようと考えているうちに本線先打ち、残当の敗北。(5列目の黄色消せばなんとかなった説を今提唱したい)

3試合目
圧倒的問題の試合。序盤5連鎖全消しが見えた。次のツモで2回目全消しあるけど……普通取らんよなと思ってスルーしたらあめみやさんが打ってきた。
嘘だろ???
普通誰も打たないよそんな手……

これ普通にとって全消し消費した方が良かったなーと後悔しまくってる現在です。それか普通に伸ばせばよかった。ていうかあの試合展開なら普通のバスだろ俺、何で見えないんだよ……その後も押し切られてしまい敗北
TS 0-1 あめみやたいよう

4試合目
最近ハマっている全消しの取り方。これで勝てた結果壊れかけていたメンタルが復活。

5試合目
催促打ってなんか気づいたら結構強い形組んでたw相手飛んでそうだしうってもいいかwと思って売ったらこっちも緑飛んでて火力減少、互角の火力となりセカンド勝負へ、あめみやさん中盤仕掛けてくる気配なさそうだからさっさと催促しちゃおうと思って打ったら思い通りに動いてくれた。都合のいいツモも来てくれて、後打ち発火して勝利。

TS 1-1 あめみやたいよう

6試合目
ある程度の中盤戦が終わった後、限界まで組み切ったと思って発火しようとした。実はこの時、発火ツモはハチイチなのは気づいていた。しかしその上に置いてある青が判断を狂わせた。一瞬の判断の中でハチイチで1連鎖プラスしたらその後同時消しが絡んで暴発するんじゃないかと。でもそれは間違いだった。結局飛ばなかったのだが、ハチイチとしてでなく普通に発火して1連鎖分減少して火力が低くなり、敗北。ここでまたメンタルが崩れる

7試合目
黄色が思うように来ねえ!!!折り返しツモもこねええ!!!!!!!うせやろ……て思ってたら2列半飛んできた。この時黄色キーぷよがないことはもちろん分かっていた。だから必死に掘ろうとしたが彼の2ダブがそれを許さない。苦し紛れの末に、そして降伏をするかのように発火した。この程度見切り、今の彼なら造作もないだろうと思っていた。

結果は予想通り、諦観の拍手をしながら、「おめでとうございます」と言った。
TS 1-2 あめみやたいよう

はい、またプロにはなれませんでした……まただめだったよ……

TS「おめでとうございます」
あめみや「ありがとうございます」
TS「出直して来ます」
あめみや「待っているよ。」

その後の事なのですが、ペペペマンがプロになったりわっふるさんがプロになったり、プロが一気に3人も生まれたそうなのですが、その時僕は後ろの方の椅子で顔を下に向けてうなだれていました。その時後ろに居た運営の人とかセガ社員の人とか、何人かすごい慰めてくれた……セガさん優しいなぁ。

心弱っているときにああいうことされたら涙止まらなくなりますよ。(カップ終了後やCS終了後もいろんなプロから慰められました。プロ勢優しすぎて涙がヤバイ)

まぁ控室に戻ってふむはもさん帰った後一人だと思って泣いてたんですが……(SEGA会長の最後の話で見られてた事知って恥ずかしかった)

まぁ、その後はCS中にもこう先生とちょっと話したり、マッキー君と昔話に花を咲かせたりしてました。話してて思ったけども環境は変化するもんやなぁ……

PS.上の文書いた瞬間に寝落ちしました。草


大会を終えて
正直、今思うと結構辛いです。結構落ち込んでます。でもなぜでしょうか。不思議と良い予感がしているんです。なぜだか、希望が見えているんです。まだプロへの道をあきらめきれずにいる自分の強がりなのかはわかりません。そして今僕はこう思っています。

準々決勝で2回も敗北したのなんて俺くらいだろう?これから色々な人がプロを目指す中で、その人の気持ちを誰よりも分かれる人なんじゃないかなと。そう思っています。そして、準々決勝で負けた要因も前回と違います。

8月大会、MATTYAN戦での理由は「慢心」
12月大会、あめみや戦での理由は「緊張」

もう2度と同じ轍は踏まない。

8月の時は「おぼえてろよ」でしめましたが、今回は

待っていろよ、ペペペマン…………
更新日時:2018/12/17 19:00
(作成日時:2018/12/17 18:45)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア