1780

~ぷよぷよファイナルズ SEASON1観戦ツアー1/2~「非プロこそリゾートに行こう」

by
scibean
scibean
こんばんわ、すしです。
え、誰?って人も多いと思いと思うので、簡単に自己紹介します。
元関西ぷよらーで、大阪大学ぷよぷよ。というサークルの代表をしたりしていました。現在は福岡在住です(今秋より関東勢になる予定です)。
あまり僕のことを沢山書いても仕方ないですし、前においうリーグで自己紹介記事を書いたのでもし気になる方がいればそちらを参照してください。
自己紹介記事

ところでみなさん、ぷよぷよファイナルズ見ましたか?見ましたよね?過去最高級にハイレベルで熱い試合も多く、興奮冷めやらぬ人も多いのではないでしょうか?
そんな「ぷよぷよファイナルズ SEASON1」ってツアーで観戦ができたんです。
「ぷよぷよファイナルズ SEASON1観戦ツアー」ってやつなんですが、このようにぷよキャンでも告知されていました。(商品ページは現在もうなくなっています)
内容としては
・ファイナルズの現地観戦
・大会後のレセプションパーティー招待
・翌日イオンモール大会での参加確約
といった感じです。
このツアーには「羽田出発ツアー」と「現地集合ツアー」があって、このうちの「現地集合ツアー」で参加しました。この二つの違いは、羽田から飛行機で出発して宮崎空港に行くか、直接行くかだけでその他の差異はありません。
ちなみに現地集合ツアーのお値段は16500円でした。


全日程を通してこのイベントのことを一言で表すと、ものすごくチープな言い方になっちゃうんですが「公式の贅沢オフ会」であると思いました。
なんなら「悪口か?」というコメントが聞こえてきそうですが、コミュニティ文化の強いぷよらー文化にはピッタリな言葉だと思います。プロの視点から見るとまた違うかもしれませんが、いち参加者としては”そういう楽しみ方ができる”ということです。

今回この記事では、ツアー二日間を2つの記事に分けて体験したことを紹介していきます。

-----
4/20 7:30~
頑張っておきました。普段は10時に起きてるのでこれが一番つらかったです。
現地集合ツアーは12時に宮崎空港に集合で、福岡中部在住の僕はこのくらいに起きてブゥーン!と車で行く必要がありました。

9:00~
熊本某所で休憩してたらいきなりMGRプロが乗り込んできました


13:00~
シーガイアに着きました。


ホテルの外観(左)と部屋の景色(右)の写真なんですが、もうこの時点で”最高”の気分になってきました。
とりあえずお昼ご飯を食べようということで、サクッと軽食をつまみに行こうということでMGくんとカフェへ



めちゃくちゃおしゃれ、僕は貧民の生まれなのでこういうところに来ると緊張してしまいます。緊張してシーガイアについてから1時間に1回はトイレに行ってました。
あとこれ写ってない右側はハンモックに寝そべることができる席とかあって良い、天井にモニタ張り付けて観戦させてくれ。


休日の昼間からビールを飲むことをシーガイアでは義務付けされているので(されてない)、仕方なく本当に仕方なくなんですがですがビールを飲みました。めちゃくちゃおいしかったです。800円財布からなくなってた気がしますがおいしかったので大丈夫です。

でもこれって”参加者特権”なんですよね。大会に出てる人たちって試合前に当たり前ですが飲めないじゃないですか。
「プロ上位者ではない」という状況を一気にひっくり返す所業です、これをコペルニクス的転回と言います(言いません)。

観戦会場はバーを貸し切っていたんですが、個人的にはバーも運営してほしかったですね()

14:00~
いよいよ本戦が始まります。試合自体は注目度も高かったことから、ここでは内容に触れませんがどの試合もレベルの高さ、白熱度合いどれをとっても最高でした。

試合中プロはピリピリして最後まで練習を重ねているのかなぁと思いましたが、リゾートマジックなのか場慣れなのか案外皆さんリラックスしていました。
最後の方の試合は、早々に試合が全て終わり彷徨っていた飛車ちゅうプロとお喋りしながら外のモニタで観戦していました。ちなみにdelta戦の前にしていたえいっえいっのポーズはポプテピピックのオマージュだそうです。そか・・・

気分転換に散歩しているプロもいるので、その辺で一般観覧者とコミュニケーションをとっているシーンも散見され、試合は白熱しつつも和気あいあいと進んでいました。

19:30~
試合が終わった後、試合会場がパーティー会場になるんですがその設営を運営さんがあくせくとしており、プロは楽屋で待機していました。
ここで僕はある一つの事実に気づきます。

「あれ・・・一般プレイヤーのツアー参加者って僕だけじゃね・・・?」

そうなんです、僕だけなんです(違ってたらごめんなさい)。一応プロの親族の方や関係者はいたんですが、フツーのぷよぷよプレイヤーのツアー参加者って僕だけだったんです。会場設営を手伝うわけにもいかずプロは楽屋・・・。僕は特にやることがないので隣にあるただっぴろい公園で水を飲んでいました


あまりに情けない顔をしていたので隠しました。水はおいしかったです。

20:00~
衝撃の事実に気づいてしまった僕は少し恐ろしくなりましたが、振り返ってみるとよかったんですよね。
幸いプロの方の多くと親しくさせてもらってるのでパーティーとかは特に問題ないですし、逆に「ってなんですし君が!?」って言ってるだけでなんか笑っちゃうんですよね、自分でも。 僕もこの辺から「自分をプロだと思っている異常者」なのではないか?と思ってきました。

それはさておきレセプションパーティーですが、立食形式でバースタッフがなんか無限にお酒を持ってきてくれるので最高でした。

”ツアー参加者”としての僕の本番はこのあたりからスタートします。
大会参加者は視界が一通りおわり、一喜一憂し楽しんでいくタイミングですが僕は違います。最高の試合を見せてもらいテンションが上がっている中、その試合を作ってくれた人たちとお酒が飲めるんです。こんな幸せなことはないでしょう。

僕は仲の良い人たちでグビグビお酒を飲んでいただけですが、細山田さん椿彩奈さんさん、橘ゆりかさんなどのお馴染み有名人や、裏方の偉い人などもいらっしゃっていたので、興味がある人はいろいろ伺うチャンスがあるかもしれません。もちろん招待プロ(+α)も全員参加していたので、交流を深めるチャンスでしょう。

21:30~
レセプションがおわり、プロも含め自由時間です。まず、一行は温泉に向かいます。
温泉は良かったです(小学生並)

22:30~
「selva,live,MGR,fron,delta,すし」というメンバーで、まずシェラトンの1F中央にあるすごくおしゃれなバーに行くことにしました。
このあたりから急に頭が悪くなってきたので、なんかデカそうという理由ですしセルバりべで「メガモヒート」を注文しました。
なんか「メガモヒート3つでペタモヒートwwww」とか言ってた気がします、色々無茶苦茶ですね。
あとこのあたりから急に全部がエモくなってきました。



24:00~
リゾートなのでここでは終わりません、我々はa-sportsのプロ集団と化しているのでセルバ邸宮崎支部でお酒を交えつつ”意見交流会”をしました。 参加者は未成年を除く、招待プロと僕です。ここではなんかいろんな熱いe-sportsの話が飛び交っていた気がしますが、あまり記憶がありません。なぜならお酒をたくさん飲んでいたからです。

5:00~
寝ました

4/21の話もこれに負けず劣らずあるんですが、後半の記事に譲ります。
ーーーーー

正直僕が一日体験したことを書き連ねただけですがどうだったでしょうか?
ただオマエが楽しんだってだけじゃねーか!ということでもあるんですが、よく考えてください。

今回は僕がプロを独り占めした形になったんですが、究極後半の内容って普段のオフ会とメンツも内容もそんなに変わらないんですよね、プロとか抜きにです。
普段のオフ会って小さなグループごとに日付決めて集まって・・・ってやると思いますが、ファイナルズは場所も時間も決まってますし、そこへ行く手段もツアーという形で用意されています。しかも最高のプレイヤーたちは”絶対”にそこへ来るんです。しかも、途中でも書きましたが非プロ(もっというと非上位プロ)として参加するということは、試合に関しては何も気負う必要はないのです。純粋に試合を料理をお酒を景色を楽しむことができます。リゾートを一番満喫しているのは実感としても実際にも”ツアー参加者”なのではないか?と思うのです。だからこその「非プロこそツアーに行こう」です。

ファイナルズは一年に一度プロぷよらーの頂点を決める戦いの場です。しかし、僕はもっと広く”ぷよらー”が一堂に集結して今期の総決算をする、そういう場になるポテンシャルを秘めたイベントではないかと思っています。
色々言いましたが、何が言いたいかというと「ぷよぷよファイナルズ SEASON"2"観戦ツアー」がもしまたあるならば、もっと参加してほしいということです。今回僕はめちゃくちゃに楽しめましたし、集まれば集まるほどに楽しく鮮烈なイベントになると思います。

では次の記事で
更新日時:2019/04/22 01:48
(作成日時:2019/04/22 01:43)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア