932

ぷよぷよのペア大会に参加してきました

by
秋田犬
秋田犬
こんにちは、すでに発売から丸5年が経過しているps4を一昨日買った秋田犬です。

今回は神戸の六甲アイランドにある神戸ファッションマートにて開催されたぷよぷよPCワンズカップin KOBEに参加してきたのでそのことについて書こうと思います。
https://puyo-camp.jp/events/6518

まず会場について・・・今回の大会はウイニングイレブンの国体予選も開催されていた(というかそっちがメイン)ので会場が想定の10倍くらい大きかったです
予選・・・実際の国体予選のスコアアタックと同じ2分間を1人2回行って個人の得点を出し、その後ペアで得点を合計して順位をつけ、上位4チームがトーナメントへという方式でした。国体に向けた練習でみんな慣れてるはず…と思いきやぷよスポやったことない私にとっては初めてのスコアタで心臓バクバクでした。
1回目は緊張からか形が汚くなってしまい12連鎖しか打てずに370000点くらい。ペアの方も350000点くらいで本来の力が出せませんでしたがしっかりと2回目の挑戦で15連鎖を打つことができ580000点。パートナーもしっかりと14連鎖を組み上げ500000点で結果は予選2位通過となりました。

予選の後トーナメントまでは2時間ほど空いた時間がありその間はお昼ご飯を食べたりステージで行われているウイニングイレブンの試合を見たり、ぷよスポのフリープレイブースで対戦したりしていました。瀬田凪プロが強い!

トーナメント・・・予選で4チームしか上がれないということはもちろんいきなり準決勝からです。ここからは2VS2の対戦となるのですが、”やりこんだ!”と言える人はまずいないと思われるこのルールでは確立された戦法などもありませんし「ぷよぷよ 2vs2 戦い方」でググってもこのルールの戦略に関するページは出てきません。そこでちょうど最近よく配信されているtomさんの放送を参考にして自分なりにある程度の戦術を立ててチームで共有していました。その戦術が果たして有効なのかそうでないかは本番で試して判断する、というなんともいい加減な考えでしたがその戦術が見事にはまりなんとか準決勝を勝利で終えることができました。

最後は決勝戦ですが先ほどまでの準決勝とは打って変わって速攻の打ち合いになりました。お互いにチームの一人が早めに仕掛けてという早いテンポの試合になり、乱戦模様が続きましたが相手の一人の催促に対して2人で本線発火するなど戦術に幅を持たせて試合を進めることができなんと優勝することができました!
この後は優勝チームVS瀬田凪プロ&実況のお姉さんのエキシビションマッチがありましたがプロの連鎖に粉砕されてしまいました...催促だけじゃなくてしっかり本線組めよ、と言われた気がしました。

総括
今回神戸でぷよぷよのイベントがあるということでとりあえず参加するかくらいの軽い気持ちだったのですが優勝することができて本当にうれしかったです!
ぷよぷよクロニクルでぷよぷよを始めて以来大会(オンライン・オフライン問わず)ではほとんど勝利したことがなく、ましてや壇上にあがるなんていうのも初めてだったので勝ち上がれることがこんなに嬉しいんだと感動していました。
今回優勝したのは2vs2というマイナーなルールでしたがそれが逆にプレイヤースキル的に劣る自分たちのペアへのチャンスにもなったと思います。正直言って、1vs1での試合だと私たちのペア2人ともが準決勝と決勝で戦った4人の全員に負けると思いますがそれでも勝つことができたのは2人でコミュニケーションを取って戦術の共有ができたからだと思っています。
また、自分の頭でぷよぷよの戦術を考えるということが楽しかったです。もちろんその考えた戦術は正解でもないだろうし勝てたのは偶然による部分も多いとは思いますが(現に瀬田凪プロのペアに負けた)その試行錯誤の過程が本当のぷよぷよ、ひいてはeスポーツの楽しみなんだろうなと実感することができました。以前から私の中には「自分は先人たちの積み上げてきたぷよを真似しているだけだ」という思いもあったのでそこに異なるルールではあるものの自分の力で考えることはとても良い経験になりました。さらにこれからは自分の頭で考えてぷよを打つこととそれを再現できるだけの技術を身に着けていきたいと思いました。
最後に、一緒に戦ってくれたパートナーのとろまきさんに感謝を述べてこの記事を終わらせて頂こうと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
更新日時:2019/04/28 22:58
(作成日時:2019/04/28 22:35)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア