1065

今までの経緯と、福島ゲーミングDAYを終えて

by
macchakora1
macchakora1
気づけば、もう6月も終わりを迎えようとしています。
福島ぷよの会を作ってはや2ヶ月が過ぎようとしているのは、ちょっとビックリ。日々esportsと福島ぷよの会コミュニティの事を考え、わき目も振らずにやってきたからなんでしょうね。僕がコミュニティを起こす大きなきっかけになったのは、りべさんの書いたとあるブログ記事を目にしたからなのですが、それはまたの機会に。
振り返ると、3月に参加した郡山のイベントでは、福島ぷよの会の初期メンバーとなる方々や、くまちょむさん、福島esports協会の高橋さんなど、キーマンになる方々と運命の出会いをしたり、友人の結婚式で4月に行った沖縄ではesportsのシンポジウムが開催されていて、会場では、SEGAのesports推進室の方や、(ゲーマーがアスリートになる瞬間を間近で目にし、esportsを本気で職業にして、その推進に取り組む)高尾恭平さんなどの貴重なお話を聞くことが出来、本人からツイッターで鼓舞していただいたり、旅の最中に、沖縄のesports LABや帰り際に東京の新大久保のesportsカフェなどにお邪魔し、esportsプレイヤーのセカンドライフのあり方を考えさせられた事もありました。
この沖縄の旅行で、私は、福島からぷよぷよのタイトルで、esportsの波の一つを作ると高尾さんに誓ったのでした。(りべさんやくまちょむさんにも、心の中で誓いました。) そうして、帰省してからは、ぷよぷよのAC台の稼働しているゲーセンを片っ端から探し、郡山市や、会津での対戦会をメンバーと協力して開き、結束力が生まれたり、5月5日に正式にコミュニティを立ち上げると、メンバーも徐々に増えていき、いわきで行われた、5月26日の福島のぷよぷよ国体でも、ぷよぷよをこよなく愛するさまざまなメンバーと知り合うことが出来ました。そうして、新たな国体メンバーも加わり、今まで福島ゲーミングDAYに向けて練り上げてきた企画を共有し、夜な夜なチャット会議を開いては、時には週末を準備にあてて来ました。時にはコミュニティのWebページやツイッターの新設、時には県外に遠征し他県のぷよぷよコミュニティと交流をし、対戦会の空気感やノウハウなどを学び、迎えた6月22日の福島ゲーミングDAY!長い準備期間でしたが、今までぷよぷよの大会など、放送などで見たことは何度もあっても裏側を余り知らなかったり、リアルイベントに参加したのも数えるほどだったので、本当に大丈夫か。ちゃんともてなせるだろうか。不安になりながらも、やれることは、やってきました。
迎えた本番当日。.....蓋を開けてみたら、大成功でした!たしかに、まだまだ、改善点は残ったものの、ぷよの会の運営陣や参加者の方々が皆さん修学旅行のようだったと口々に言ってくれました。僕自身楽しすぎて深夜まで童心に帰り遊びつくしてしまいました。ぷよぷよのプロの方々も沢山来ていただいて、また来たいとのお声も頂けましたし、今回繋がりができた方たちとも、また絡んでいきたいです。
この大成功は、全体のゲーマーコミュニティをまとめ上げてくれた福島esports協会の高橋さんや、ガマのあぶらさん、そして、このイベントに参加された全ての方々のゲーム、esportsが好きだという想いや、空気感のおかげだと思っています。
また、今思い返すと、福島ぷよの会のメンバーも最初からこうなると分かっていたんじゃないかと思うくらい人も揃っていてビックリです。他ゲーコミュニティで配信を担当し、機材に詳しいメンバーが配信を担当してくれたり、ぷよぷよとは別に同人活動を行なっているメンバーが会場のpopや賞状を手がけてくれたり、接客業をやっているメンバーが受付をしっかりこなしてくれたり、Web制作の会社に勤めるメンバーが、福島ぷよの会のサイトや、トナメ表作成など行ってくれたり、車の送迎でぷよらーを送迎するメンバー、多方面にツイッターで声をかけ呼びかけをしてくれるメンバー、司会などを任されて、セリフや立て付けを考えてくれたメンバー、休みにもかかわらず、チャレンジの景品として、福島の特産品を買い出しに行くメンバー。本当に感謝しかないです!!
イベントは、運営、観客、プレイヤーがいて、初めて成功します!メンバーのみんな、遊びに来ていただいた、観客やプレイヤーの皆様、皆様のおかげ、楽しく盛り上がれるイベントになりましたし、次に繋がる終わり方ができたと思います!!本当にありがとうございました!!!!
今後も定期的に、さまざまなぷよぷよイベントなどを県内で開催したり、他県のコミュニティと交流していく中で、さらに大きくて面白いことも出来ないか模索していきたいと思います。
あのanime EVOのりべさんの想いを私は忘れません。
esportsの素晴らしさ、ぷよぷよの魅力をこの福島の地でも伝えていきます。まずは楽しく、正しくesportsの魅力や意義が一般の方々に伝わればいいなぁ。
更新日時:2019/07/01 09:28
(作成日時:2019/06/26 22:42)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
macchakora1
macchakora1
2019年6月26日 23時9分

僕もそう思う!

お茶県
お茶県
2019年6月28日 20時5分

福島の大会凄く良かったよ!
結成から2ヶ月であの会を実現したのは凄い。色んな時流をものに出来たのは抹茶コーラ君の動き出しがあったからこそ!今後もがんば!

macchakora1
macchakora1
2019年6月29日 19時35分

僕が、大学生やってた頃にコミュニティ運営に尽力されたお茶県さんにそう言っていただけて、めちゃくちゃ嬉しいです!ありがとうございます!今後も、ぷよぷよ文化が県に根付いていくよう、着実に前進していきます!

コメントするにはログインが必要です
シェア