377

アイツはワシが育てた杯の感想(弟子視点)

by
tadukuri_puyo
tadukuri_puyo
今回飛車ちゅうさんが企画してくださったあいつはワシが育てた杯に弟子として参加させていただきました。
詳細は以下のリンクからどうぞ。

第1回 アイツはワシが育てた杯 | ぷよぷよのコミュニティ|ぷよぷよキャンプ| (puyo-camp.jp)

■応募した経緯
飛車リーグからぷよぷよを本格的にはじめ、飛車リーグ6期に夢のC1昇格を果たしましたが、そのあたりからぷよぷよが楽しくなくなっていました。
理由はいろいろありましたが、毎日のように連戦をしているのにあまりうまくならず、むしろ下手になっているのではと思うような試合しかできなくなってしまっていたからです。
その一方で周りの人たちはどんどんとうまくなっていき、自分もうまくならなきゃというプレッシャーから精神的に追い込まれ、あまりぷよぷよを楽しめずにいました。
そんな時に、飛車ちゅうさんのTwitterにて、「師匠が弟子に教えて戦わせる大会を開いたら面白そう」というような発言を目にし、もし開かれたら応募したいなあという風に考えておりました。
もし開かれて弟子に選ばれたりしたら、この状況を打破できるんじゃないか?とわくわくしてました。
ただ、当初弟子の資格が2600以下、もしくはC2が条件というような書き方をしていたので、「終わった、、、、、」と嘆いてたのですが、蓋を開けてみたらC1も出れるようになっていたので、速攻応募しました。

■師匠が決まってから
幸運なことに弟子としてエントリーが決定し、なんと師匠は「nona」さんに!
過去のアマチュア選抜の大会を見ていたので、「こんな人が師匠をしてくれるのか」と興奮してました。
早速指導前1回目の総当たり戦を行いました。
結果は最下位でした。(2回目やる時まで自分が最下位とは知らなかった)
一回目だと、vs ニッサンさんと vs conanさんの試合がとても印象的で、お二方の速い中盤についていけず、大差で負けてしまいました。
とにかく連鎖が組めなかったのを覚えてます。

■指導
恐らく全ペアの中で一番指導時間が長いんじゃないかなと思います。
1回あたり約2~3時間の指導を計8回も行っていただきました。
恐らく向こう3年(もっとあるかもしれない)実践しても追いつかないんじゃないかというくらいの知識を詰め込んでくださりました。
内容が多すぎてまとめるのは難しいですが、nonaさんが繰り返しおっしゃっていたことがあります。

「わからないことを一つ一つ潰していくしかない」

申し込んだ当時の私は「強い人に教えてもらえれば急激にうまくなるだろうな!!!」と、思っておりましたがそんなことはなく、
結局は地道に一つずつ上手くなるしかないんだなって気づけたのが一番の収穫でした。
それに気づかされてからは自分と周りを比べて焦ることもなくなり、毎日ほんの少し気づきが得れればいいんだなというような思考になり、ぷよぷよをまた楽しむことができるようになりました。

■師匠・指導の感想
nona師匠は生粋のぷよぷよオタクでした。もちろんいい意味で。
ぷよぷよオタクというより連鎖オタクですね。
逆にいうとこのくらいオタクじゃないと、そりゃ新しい土台とか発見できないよなと思いました。
とにかく連鎖・土台に対する知識量がすごくて、細かい1手1手の解説をしてくださったので、本当に勉強になりました。
また、自分の良くない積み方を、なぜよくないのか・この形のほうがどうして強いのかという連鎖の判断基準を説明してくださり、
土台構築に関する意識がかなり変わりました。
中盤戦の考え方や、多重の考え方などについてもご教授いただきました。
本当にnonaさんが師匠でよかったと思います。

■指導が終わって
1ヶ月の指導期間が終わり、2回目の総当たり戦を行いました。
結果は3勝1敗の2位でした。
1か月前と比べて、本当に連鎖の安定感が上がりました。
連鎖が全然組めないことがなくなり、多少なりとも組めるようになったおかげで勝率がだいぶ上がったように感じます。
やっぱり、1か月前に勝てなかったお相手に勝てるようになるのはとても嬉しかったです。

■最後に
この催しを企画してくださった飛車ちゅうさん、そして、1か月間ご指導いただいたnonaさんにはとても感謝しております。
ありがとうございました!
作成日時:2022/04/09 01:56
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア