1583

【タテ置き】基本の操作をマスターしよう!

by
delta
プロ
プロ
delta
「階段積み」や、「GTR」を覚えましたか?
この記事では、「形をはやく完成させたい!」「上級者の操作が速いけどなんでだろう?」という方に向けて、ぷよの置き方を解説します!
効率の良い置き方を身につけて、覚えた形をすばやく完成させましょう!



☆記事のポイント!
・ぷよをすばやく置けるようになる
・ぷよを狙った場所に置けるようになる
・ぷよを正確に置けるようになる



 
0. 目次

1. ぷよの置き方
2. 各列の解説
3. 練習方法
4. おわりに



1. ぷよの置き方

さっそくですが、ぷよの置き方を解説します!
と、いきたいところですが、お手本の動きをマネして練習するだけで、一瞬でぷよの置き方を覚えられちゃいます。なので、はじめにお手本の動画をバーっと載せますので、動画を見ながら練習してみてください!

練習してみて分からないところが出た方、解説をじっくり見てから練習したい方は、解説を参考にしてください!

※フィールドの数え方…左から「1列目、2列目...」と数えます。

 
フィールドの数え方



■3列目
 
・操作
軸ぷよ…▼
子ぷよ…AA or BB → ▼
※1 ▲▼◀▶…各方向キー。▼=下
※2 A,B…Aは「右回転」、Bは「左回転」。

軸ぷよ」とは、周りがピカピカしているぷよのことです。
子ぷよ」とは、軸ぷよにくっついてるぷよのことです。
ぷよが出てくるときは、必ず軸ぷよが下、子ぷよが上の状態で落ちてきます。


 

軸ぷよを中心にして子ぷよが回転するので、この名前が付いています。

「・操作」では、軸ぷよが下の置き方と、子ぷよが下の置き方を表しています。




■2列目
 
・操作
軸ぷよ…◀ → ▼
子ぷよ…◀ → AA or BB→ ▼




■4列目
 
・操作
軸ぷよ…▶ → ▼
子ぷよ…▶ → AA or BB → ▼




■1列目
 
・操作
軸ぷよ…◀押しっぱなし → ▼
子ぷよ…◀押しっぱなし → AA → ▼




■6列目
 
・操作
軸ぷよ…▶押しっぱなし → ▼
子ぷよ…▶押しっぱなし → BB → ▼




■5列目
 
・操作
軸ぷよ…▶押しっぱなし → AB → ▼
子ぷよ…▶押しっぱなし → AA → ▼

それでは、各列の解説をしていきます!




2. 各列の解説

■3列目
 
・操作
軸ぷよ…▼
子ぷよ…AA or BB → ▼

ぷよは、毎回3列目から出てくるので、「▼ボタン」を押すだけで軸ぷよを下にして落とせます。
子ぷよを下にしたいときは、「Aボタン」または「Bボタン」を2回押しましょう。
3列目に置く練習をして、軸ぷよと子ぷよの関係を理解しておくと、この先の理解がスムーズにいきます。すぐにプレイできる方は、練習してみてください!




■2列目
 
・操作
軸ぷよ…◀ → ▼
子ぷよ…◀ → AA or BB→ ▼

1回だけ「◀」を入力するのがポイントです。
あとは、3列目の置き方と一緒ですね!




■4列目
 
・操作
軸ぷよ…▶ → ▼
子ぷよ…▶ → AA or BB → ▼

「2列目」と同じく、1回だけ「▶ボタン」を入力するのがポイントです。




■1列目
 
・操作
軸ぷよ…◀押しっぱなし → ▼
子ぷよ…◀押しっぱなし → AA → ▼

フィールドには、カベがあります。なので、◀を押しっぱなしにすると、自然に1列目に移動します。端の列に置くためには、ヨコ押しっぱなしと覚えておきましょう!
子ぷよを下にする置き方ですが、「1列目」に移動したあとに左回転をすると、子ぷよがつっかえて、軸ぷよが「2列目」に移動してしまいます。右回転なら軸ぷよが「1列目」のまま、子ぷよを下にできます。



 
NG例

 
■6列目
 
・操作
軸ぷよ…▶押しっぱなし → ▼
子ぷよ…▶押しっぱなし → BB → ▼

「1列目」と同じように、▶押しっぱなしで「6列目」に移動します。
子ぷよの置き方も「1列目」と同じように、移動したあとに右回転をすると軸ぷよが「5列目」に移動してしまいます。注意しましょう!
※動画では、「▶押しっぱなし+BB」と入力してます。余裕がある方は、一緒に入力してみてください!




■5列目
 
・操作
軸ぷよ…▶押しっぱなし → AB → ▼
子ぷよ…▶押しっぱなし → AA → ▼

「1列目」の置き方で出てきた、NG例の操作を使います。
▶押しっぱなしで「6列目」まで移動させたあとに右回転することで、軸ぷよを「5列目」に移動できます。このままではぷよが横向きになっているので、左回転、または右回転で、軸ぷよを下にするか、子ぷよを下にするか選びましょう!
※動画では、「▶押しっぱなし+A」の入力をして、軸ぷよを「5列目」に留めてます。「6列目」に移動する分ロスなので、慣れてきたら同時に入力してみましょう!




3. 練習方法

ここでは、操作の練習方法を紹介します!

①設定を変更しよう

練習方法ですが、はじめての方は、CPU戦で「連鎖しばり」と「ゲームスピード」を変更して、練習するのが一番良いです。おじゃまが降ってこず、ぷよが落ちるスピードがゆっくりになります。
 
右下の「ゲームせってい」を選択します。


 
上から2つめの「連鎖しばり」を「20」、上から5つめの「ゲームスピード」を「×0.5」に設定!
慣れてきたら、ゲームスピードを上げていきましょう!




②ひたすら同じ列にぷよを置こう

設定ができたら対戦をはじめ、ひたすら同じ列にぷよを置いていきましょう!


 
練習の例
 
これを各列、「5分~10分」やるだけで1段階も2段階も操作がうまくなります。
ぜひ、チャレンジしてみてください!




4. おわりに

操作を覚えられると、操作について考えていた分の余裕が生まれて、形をよく考えられるようになります。例えば、「自転車の練習をしたら、こぎ方を考えなくてもこげる」のと一緒ですね。その分、まわりに注意をの目を向けられます。
操作を覚えて、キレイに形を作りましょう!

今回は、ぷよをタテに置く「タテ置き」のみの解説でした。
別の記事で、「ヨコ置き」の解説をしますので、こちらもよろしくお願いします!

 
更新日時:2023/10/13 20:03
(作成日時:2023/09/15 20:52)
カテゴリ
初心者向け
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア