362

はじめてのオフラインぷよカップ

by
aoiroxbloom
aoiroxbloom
どうせ当たらないと高を括って応募したところ、まさか当選したので名古屋から東京遠征だーってことで久々のぷよぷよ大会に家族で参戦しました。

前日は静岡の掛川花鳥園で観光し、楽しく鳥と戯れました。



レインボーブリッジって高速道路なんだと驚きつつ、こりゃ封鎖できないよなと思いながら夕方お台場につきました。

ガンダムの角が開くことに驚きつつ、ダイバーシティで晩ごはんを食べて東京ビッグサイト近くのホテルで朝を迎えました。

当日、コミケがあるときらとんでもない行列ができてるビッグサイトの長い入口? を歩き、無事に会場に到着しました。
 
今回、eスポーツの祭典の一つとしてぷよスポがあったので、アイドルが踊ってたり、格闘ゲームや太鼓の達人など、他のブースも盛り上がっているようでした。

よく見ると託児所も設けられていて、ちょっと驚きました。
3歳の息子を預けようかなと少し考えたのですが、絶対あの人脱出するよな…ということで一緒に行動していました。

今の結婚平均年齢が30くらいで、今回託児所があるということを鑑みると、eスポーツって子連れもターゲット層なのかな。なんてことを考えました。

受付に近づくと、飛車ちゅうさんがお出迎え。今回は運営側なんですよーとのことだった。個人的にプロで応援してる人の一人なので、少し残念でした。

その後試遊台が数台あったので、少し触れつつ知り合いと会話をして時間潰しました。
 
ちなみに夫と私どちらも抽選に応募してたのですが、夫のみハズレて私だけ当選。
もはや運転手兼子守みたいな形でついてきてくれたのですが、よく見るとなんと当日枠がある事が発覚。
 
 
最終的に当選したものの20人くらいは来ておらず、当日枠希望者10名弱は全員参加することができました。
 
キャンセルが出るなら俺も行きたかったって人居ただろうなと思いますが、個人的には実際現地にいる人を優先すべきと感じたので、今回のやり方はありだなと。
 
1245頃、トナメルにて各ブロックが決定し、予選が開始されました。
 
幸いなことに大会が始まってすぐ息子が爆睡し、夫婦二人とも子どもの存在をあまり気に留める必要なく試合を臨むことが出来ました。
 
予選は8人総当たり。少なくとも7試合できるし、遠征勢からしたらトーナメントで即負けてあと暇だなってこともなかったので良かったです。
 
レベル的にはまぐれで10連鎖組めたらいいなーって人から、上はプロまで、多くの人が出場していました。
 
戦績は3勝4敗、6位。
 
 
ぷよカップのレベルも知らず、何本か勝てればいいなーくらいに思ってたので、満足しました。
 
その後、予選勝ち抜けの人たちはまた総当たり、負けた人々たちはぷよ茶屋で購入した酒を飲みながらぐだぐだしてたり、空いたぷよ台で対戦してたりと各々自由に過ごしていました。
 
「美味しいウニは存在しない。北海道のうにも食べたけどすべて嫌い」
「トマトの青いブニブニしたところはマジで苦手」
 
など、知り合いとよくわからん嫌いな食べ物の話で盛り上がったりもしつつ、決勝リーグが始まった後、Tomさんの解説を遠くで聞きつつ会場を後にしました。
 
そのまま名古屋に帰るため…でなく、女子ぷよらーの知り合いと飲みをすべく、門前仲町へ。ヘヘッ
 
 
日本酒やらお刺身やらで舌鼓を打ちつつ、図々しくも家に泊まらせていただきました。
 
そんな中レディースカップの告知が出ていたのでエントリー。8ブロックで一位通過だけというところで苦い顔をしていました。
 
前回2位通過で決勝トナメに行けたので、中々厳しいかなと思いつつも泊まらせていただいた方の家で5先を何本かなどしておりました。
 
連鎖尾は潜り込みをもっと覚えたほうがいいだの、無駄消しを減らすべきだの、昔のAC対戦会はどうだっただの、あーだこーだ言いつつぷよらーっぽい会話をしていました。
 
翌日二日酔いにもならず、有給消化の喜びを噛み締めながら起床。
 
お昼にラーメンでお腹を満たし、東京駅へ転がり込んだ新幹線の中で今この記事を書いています。
 
 
まだまだ強くなる余地しか無いので、次回少しは爪痕を残せるよう頑張りたいですね。
 
 
最後に

床で転げ回るするなど、少しご迷惑お掛けしたかなと思うのですが、皆様子どもに寛容的に接してくださり、ありがとうございました。
 
また、SEGAの皆様、オフラインのぷよカップの開催ありがとうございます。
 
オンラインだと中々顔が見えないので、矢張り対面して知り合いを増やすという点でもオフラインの大会が好きだと改めて思いました。
 
正直、多少参加費があってもいいので、次回は大阪(欲を言えば名古屋)でも開催してほしい…と切実に思いました。
 
さて、次のオフライン大会は石川です。
 
能登半島は難しいですが、石川復興のためにも皆行きましょう!

海鮮がサイコーに美味しいので、ぷよぷよしつつも美味しい思いをして帰るのだ。
作成日時:2024/01/29 13:32
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア