771

真面目な考察 未確定に戻す操作について

by
machine322
machine322
前の記事はふざけすぎたので真面目に。
前提条件は、常に本線発火点を維持すること?




折り返しの上を未確定に戻す場合


連鎖尾を未確定に戻す場合



前者は折り返しの上の青のL字が「確定領域であり未確定領域である」と言える。ようは本線のキーぷよにもなるし2連鎖として青発火で消すこともできる。
後者は連鎖尾の赤が確定領域であり未確定領域である。
この時、未確定に戻す操作で使用したぷよを再び確定するには、前者は一列目に青一つ。後者は6列目などに青を二つ必要。
そこから『更に未確定に戻す操作』をした場合


折り返し上の未確定に戻す操作は、操作を重ねるとキーぷよの列制限が発生しやすい?のと、上に重ねていく都合上理想とする発火点が高くなって横に伸ばしづらい?
緊急発火時、未確定に戻す操作に利用したぷよでの火力向上はあまりない(序盤での連結は本線火力には貢献しづらい)

連鎖尾の未確定に戻す操作は、重ねても特に連鎖尾のキーぷよの列制限は発生しない?発火点が同様に高くなるが、不定形の多重折と不定形の連鎖尾どちらが組みやすいかとなると多重折の方がマシ?(某M氏とかなら関係ないのかも)
緊急発火時、未確定に戻す操作に利用したぷよは本線火力になる(連鎖数の増加)



多分本線発火点の維持をしない場合はこの限りではないと思う。けどとりあえず、確定操作の不可逆性はキーが連結している場合が連鎖尾は多いのでおそらく連鎖尾の方が低く、また「未確定操作の不可逆性?(今考えた)」もまた連鎖尾の方が低そうな気がした。

もっといろんな形で検討しないといけないけどとりあえずGTRの理想形で検討しました。
更新日時:2018/06/25 16:09
(作成日時:2018/06/25 16:09)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア