640

AnimEVO2018旅行記

by
tema2424
プロ
プロ
tema2424

2017年、テトリスの神あめみやたいよう君とラスベガスへ行きました。
あれから私は芸能事務所SDMに所属し、
セガはぷよぷよのeスポーツ化に向けて取り組みを始め、
あめみやたいよう君もJeSUのライセンスを持ちプロゲーマーとなりました。

あれから1年後…今年もラスベガスの大会、Evolutionへ行ってきました。
 

【8月1日】
去年はぷよぷよプレイヤーとテトリスプレイヤーが協力するタッグ戦があったため、
飛行機の便等はあめみや君と同じ日程でスケジュールを組んでいました。
今年は個人戦ですし、参加予定のliveさんはパフォーマーの謳歌さんが同行予定とのことで完全なる1人参加。
乗り継ぎが1時間しかないこともあり不安に思っていたところ、偶然成田空港でストリートファイターⅤのプロゲーマー、ふ~どさんとsakoさん、akikiさんとお会いし、同行させていただきました。

※ふ~どさん:CyGames所属、人間性能最強のプレイヤー。
複数タイトルで超上級者の実力を持つ。ストⅤはミカ使い。

※sakoさん&akikiさん
sakoさんはTEAM HORI、FAV gaming所属の高難易度コンボが得意なプレイヤー。
akikiさんはお嫁さん。sakoさんを常に支えているマネージャー。


sakoさんから昼食をごちそうになり、
ふ~どさんからSFっぽさあるお水をいただく。

akikiさんは単に旦那様のプロゲーマー業に理解があるだけではなく、
ブログでは家族の日常、Twitterでは大会情報の速報等を発信している凄腕マネージャーです。
私のホテルのアクセス方法を調べてくださったり、本当にお世話になりました。


機内食の謎の炊き込みご飯。おいしかった。


機内食その2、ビーフの何か。これもおいしかった。


機内食のシリアル。
オムレツがおいしそうだったので、ハズレを選んでしまった感ある。
  途中で水派さん、コサクさんとも合流して記念撮影。
 


ホテルに着いてからは速攻でPS4のセッティングをする。

夜は周辺環境を知るために、ホテル周辺のスーパーを検索して移動。
着いた先は食料を扱うスーパーマーケットではなく、アダルトスーパーでした。
念のために中に入ってみましたが、残念ながら食料はありませんでした。
拷問器具が販売されていたり、ちょっとワクワクしましたが、
ぷよぷよキャンプは健全なサイトなのでお写真は少ししか載せられません。
アダルトスーパーの1つ手前で99セントショップを見つけたので食料の確保はできました。良かったです。
 

アダルトスーパーに到着。どうしてこうなった。


スーパー入口。良い子のみんなはここまで★



99セントショップではココナッツチップスのお菓子と水を購入。
このチップス、おいしすぎて自分用に5袋買った。
 
夕飯はデニーズでナチョスを頼みました。
トルティーヤチップスにひき肉やチリソースを載せた料理です。
半分食べた時点で満腹でしたが、「『ハーフサイズを頼めばよかった』と後悔したら負けだ」と思って全部食べました。
1200円くらいしましたが、このナチョスのおかげで翌日の夜まで満腹でした。



ナチョス。ビッグサイズ!!

【8月2日】
この日はスワップ予選の前日だったので、Switchを持参して隙間時間に練習はしていましたが、
正直前日に練習してもできることが限られているので、
ガッツリ練習より適当に会場付近を散策してリフレッシュを選んでいた気がします。
私は日本でも、大会数日前の調整はするんですけど直前は特に何もしません。
いつも通り自然体でやりたいことをやって、食べたいものを食べている方が調子が良いですw

夕方はレッドブルのプレパーティにてliveさん謳歌さんと合流。
ようやくお会い出来ました。
夕飯は3人でマンダレイベイホテル(EVOの会場、超高級ホテル)のフードコートで食べることにしましたが、私は昨晩のナチョスのダメージを引きずっていたのでスニッカーズアイスです。
   
 
そうそう、ラスベガスは…というか日本が特殊なのかもしれませんが、治安や周辺の建物によって物価が全然違います。
私の滞在ホテルはマンダレイベイから2キロ程度しか離れていないのですが、同じサブウェイのサンドウィッチでも、フードコート内と滞在ホテル最寄りでは値段が3ドルも違って驚きました。
マンダレイベイホテルは言うまでもなく物価が最大級に高いです。売店では値札が付いていないのですが、500mlの水が4ドル近かったり、予想の倍くらいします。恐ろしい。


スニッカーズアイス♪
これでも400円くらいしますがホテル内ではお買い得品w

【8月3日】
鉄拳女性プロのたぬかなさん、加齢さん、ユウさんとお会いし、
また99セントショップに行った後に、ラスベガス内でおいしいと有名なラーメン屋Montaに行きました。
たぬかなさんには今回の旅で多くの鉄拳プロをご紹介いただきました。本当ありがとうございます。


Montaは日本人の味覚に合った味でした。日本でも全然通用する味。


99セントショップ再び。
左上のドリンクはココナッツ風味のコーヒー、蜂蜜入りの緑茶。
どっちもおいしかった。そしてココナッツチップスを買いまくる。
 
この日はスワップ大会のベスト8を決める大会です。
ぷよぷよの大連鎖力は参加者で2~3番目に入るはずなので、ひたすらぷよぷよパートでの連鎖で押し切る作戦を考えていました。
ルーレット運の良さも重なり、初手がぷよぷよばかりだったのでベスト8まで残れました。
(スワップルールはぷよぷよとテトリスが入れ替わるルールですが、どちらが最初になるかはルーレットによる完全ランダムです)
ベスト8まで残れたのは嬉しかったのですが、それと同時に「やはりテトリスを真剣に練習しないとここから先は厳しいなあ」ということも感じていました。
1年くらい前からテトリスはちょいちょい嗜んでいるのですが、現時点の私のテトリススキルではぷよぷよで劣勢になった場合、逆転の手段がないのでなかなか辛いです(・_・)



会場風景


物販コーナー、ギルティギアの女の子は可愛い


試合の合間にレッドブルアスリートのボンちゃんさんにサインを貰いに行った。
私のことを覚えて下さっていて感動
 
そしてこの日、日本では千葉でぷよぷよイベントが行われていました。
私は身体を分身させ、千葉にも行きたい気分でしたが残念ながら分身の術を習得していなかったのでラスベガスにいることしかできませんでした。
 

【8月4日】
スワップの決勝トーナメント、
そして本番のぷよぷよ大会、
2つの大イベントを控えた一番肝心な夜に事件は起こりました。
隣の部屋から聞こえるテレビの音がうるさくて寝られないのです。

時刻は午前1時半、普通は寝ている時間ですし、もう少しボリュームを抑えてくれても良いのでは…?!
仕方がないので「Please」をつけて少し丁寧に壁越しに注意してみたのですが、
どうやら聞こえていなかったのか、テレビの音量はそのままでした。
10分後、もう少し大きめの声で注意。それでも音量は変わりません。
大会前でイラついていた私のストレスポイントは着実に向上していきます。
時刻が午前2時を過ぎた時、私はついに壁を殴りながら怒鳴りだし、
「ホラー映画のオープニング早々監禁されている人」レベルでのリアクションで注意を行いました。
それでも音量が下がることはありませんでした。

そして朝…私は一睡もできないまま朝を迎え、テレビの音量も相変わらず爆音でした。
てっきり「隣はグループ客で、テレビを付けたまま別の部屋に行ったのでは?」と思い、早朝からは隣人のことなどすっかり忘れ、眠気覚ましにシャワーを浴び、歌い、ぷよテトを起動させていました。
しかし、この後に隣人のドアの開閉音よりも早く生活音が聞こえ、後述する事件から隣人は私のクレームをガン無視して部屋で寝ていたことが発覚するのです。

朝7~8時頃、隣人は外に出て廊下で電話をしていました。
「テレビの騒音を気にしない人が、廊下で電話…?!」少し不思議に思いつつも、最初は気にしませんでした。
隣人は電話をしたかと思うと謎の日光浴を始め、
たまに30秒ほど部屋の中に戻るものの、またすぐに外に出て来て、9時を過ぎても廊下にいました。
私のホテルはアパートの様な形状で、廊下は屋外になっています。
ラスベガスの気温は40度を越え、湿度は20%、日差しは「痛い」です。
外なんて5分すらいたくない様な砂漠特有の気候で
プールでもないのに無駄に外で時間を潰すなどありえないことです。

「なんだこいつ…?!おかしいだろ…?!」

カーテン越しに姿を見ると、スキンヘッドでマッチョのおじ様が私の部屋と隣人のドアの間に座っていました。
もしかしたら、通常なら朝にチェックアウトか外出するであろう私を待っているのかもしれません。
 
「ヤベエ奴に喧嘩を売っちまった!!」

ワタクシは、おじ様が部屋に入った瞬間に自分のドアノブの音を出すフェイントをかける心理戦を30分ほど続けた後、一瞬のスキをついて脱出。
廊下を走る途中で部屋の鍵をかけたか気になって引き返そうとしましたが、
引き返そうと振り返った瞬間におじ様が部屋から出てきたので、私は通行人のフリをして通り過ぎ、奥の別の階段からホテルを出ました。

この隣人トラブル、ホテルのフロントに事情を説明したのですが、
私がどれくらい本気で注意したか、相手もブチ切れている等の詳細までは伝えきれず、
ちょっとテレビがうるさかっただけ、と思われたようです。
「隣人のチェックアウトは明日だけど、騒音程度で部屋は変えられない。セキュリティセンターから騒音の報告を匿名で入れるから、今夜はぐっすり眠れるわよノープロブレム!!」と言われてしまいました。
いやいやいやいや、そいつの部屋、端っこなんだからクレーム入れたのは端から2番目の私しかいないだろ?!
これ以上ヤバイ隣人を刺激しないでくれよ?!

こうして、隣人との仲が最悪になったワタクシは身の危険を感じる程度に焦り、PuyoNexusの協力でこの夜だけは別の宿を手配しました。

今回のホテルについてですが、ストリップ街というメイン通りから1本外れているだけで会場のアクセス等は去年よりも良いです。マンダレイベイまで徒歩2キロです。
ホテル周辺は、99セント均一ショップに、3ドルで食べられるおいしいハンバーガー屋さん(メイン通りの高級ホテルは10ドルする)、サブウェイもメイン通りより3ドル安く、環境は文句なしだったのですが、物価が安いということは観光客が少ないということで、交差点ではポケットモンスターのトレーナーよろしく浮浪者が待ち構えており、客質もこういうトラブルが起こってしまう程度に悪い訳です。たった1本の道でここまで環境が違うのです。
やはり海外ホテルに滞在する時は治安の良さは大事なんだなあと実感しました。
ガイドブックに記載されている治安マップで「治安が良い」と書かれている以外の場所に行くのはやめましょう。


会場には何とか到着しましたが、開始時間が遅れそうとのことで、
フードコートでサブウェイのサンドウィッチを食べようとしたら、一口目をかじった瞬間に謳歌さんから呼び出しの連絡がありスワップ決勝トーナメントが始まりました。
一応、テトリス初手になった時に25秒耐える練習はしていたのですが、
この日の私は判断速度が鈍くミスも多く何も良いところがなかったですw

そしていよいよ本命のぷよぷよ大会…正直なところ、私はとてもビビっていました。
「絶対に入賞しよう」「入賞しなければラスベガスに来た意味はない」と考えながらラスベガスの日々を過ごし、更に隣人イベントでの睡眠不足です。
普段以上に慎重なプレイスタイルになり、本来だったらササッと積めば間に合ったであろう状況でも、悩み過ぎて間に合わなくなっていました。
そして台湾最強プレイヤー、aclivさんに負けてルーザーズへ…(・_・)

liveさん以外は全員倒したかったのでショックはあったのですが、後がなくなったことで吹っ切れたというか、あんまり緊張せずに動けました。
結局ルーザーズファイナルで再びaclivさんと再戦し、8-10で負けてしまうのですが個人的には再戦した時の方が内容が良かったので悔いはないです。
また、手順の綺麗さがaclivさんの方が私より上回っているように感じたので、結果も妥当だったと思っています。
   
優勝はliveさん、準優勝aclivさん、3位が私です。
liveさん優勝おめでとうございます!!

個人で参加した遠征大会は初めてなので、試合前の調整等での不安がありましたが、
蓋を開けたらスワップTOP8、ぷよぷよ3位という結果になり満足しています。
去年に引き続き結果を出せて嬉しいです。
応援してくださった方々、本当にありがとうございます。
 
【8月5日】
ファイナルの前に鉄拳プロのダブルさんに3位祝いでマンダレイベイのバイキングをごちそうになりました。
自分一人では絶対に行かなかったでしょう。超高級ホテルのバイキングです。
超高級ホテルなので多国籍の料理に対応しており、キムチやお寿司、白米もありました。
でもアメリカン料理の方がおいしかったですw


バイキング写真その1、牛肉のピリ辛煮込みが最高でした。


バイキング写真その2、シーフードもあるよ!!

EVOのファイナルはPuyo Nexusの皆様とホテルの一室に集まって観ていました。
ストリートファイターⅤでは私が推しているふ~どさん、ガチくんを応援。
ふ~どさんのミカ、めちゃくちゃアクティブでめちゃくちゃ上手いことが素人の私でもわかりました。
そして去年優勝したときどさんが今年も決勝に上がっていて驚きました。ときどさん格好良い。



観戦中に食べていたピザ。大きい!!


観戦風景。こんな感じでワイワイ応援してました。

EVOが終わった後は、会場隣にあるルクソールホテルのアフターパーティに立ち寄る。
日本で行われているパーティ(上品にご飯食べたりお酒飲んだり)とは違って、
みんなで音楽に合わせて踊るウェイウェイ風パーティでした。
スプラトゥーンのフェスみたいな感じです。
2階のVIPルームではゲーム環境が用意されていて、sakoさんが練習していたり、
ウメハラさんとすれ違ったり、プロの方が数人集まっておりました。
twitchの帽子を配布?していたので記念に貰いました。


これ、私の知っているパーティと違う。


帽子を貰ったよ!!


 

チェックアウト前の荷物&ゴミ整理。
大きいボトルは1ガロン(3.8L)、水分取り過ぎw
 

【8月6日】
最終日は特にやることがなかったので、去年できなかった観光をすることにしました。
(去年は大会終わって即帰ったからダイビングとプールしか行ってないのよ)
ラスベガスの観光と言えば、ストリップ街沿いのホテル巡り&ショッピング、
シルクドソレイユ等の夜のショーなのですが、夜のショーは時間がないのでショッピングを満喫しました。


M&Mのチョコレートショップが4~5階建ての大きなショップで、
無料で観られる20分の3D体験型ムービーもクオリティ高くて良かったです。
ラスベガスに来た人は一度は体験するべき。
近くにコカ・コーラショップもあるので、合わせて行くと「アメリカに来た感」を味わえます。



M&M名物?のチョコレートの壁。全部食べられます。
下のレバーで袋に好きなチョコを詰めてお土産に買うこともできます。



MGMホテルのカジノ横にあるDance Dance Revolution、
パネルの反応はイマイチでしたが、ラスベガスで遊べるだけでもすごいw


ラスベガスのホテル、ホテルでジェットコースターが走っていたり色々とすごいw
 

私の主食その1、ホテル付近にあったIN-N-OUT BURGER。
メニューは数種類しかないのだが、味にこだわっており
3ドルで出来立てハンバーガーが食べられる神ショップ。
シェイクもアイスをその場でシェイクに加工しているらしい。
こちらは裏メニュー「アニマルスタイル」、炒めた玉ねぎが乗ります。


私の主食その2、ビアハウスのホットドッグ。
普段は8ドルするが、14~18時限定で4ドルで販売している。
ストリップ街にいる時はここで満足してしまう。

ストリップ街のショップを満喫した後は、出発6時間前で少し早いのですが空港まで移動。
疲れたので空港でのんびりしていました。
帰りはよしもとゲーミングの皆様、sakoご夫妻、liveさん謳歌さんと韓国までは同便で、私の後ろにAbadangoさんがいて驚きましたw



機内食その1、ビビンバが出てきた。
炒めコチュジャン、ごま油のソース付き。



機内食その2、今度はオムレツを頼んだ
 


機内食その3、このご飯に混ざっている黒い穀物は何だ…?!
見た目よりは美味しかったです。
大韓航空の機内食はご飯の炊き方が日本人好みの固さで良い。

そんなこんなで無事に日本へ到着。
帰国して真っ先にやったことはGODIVAショップでショコリキサーを飲むことでした。
楽しかったEVOに乾杯!!
そしてまた来年、お会いしましょう!!
See you again next year.
 
更新日時:2018/08/13 04:15
(作成日時:2018/08/13 03:21)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア