1442

ウメブラ見学報告と感想

by
へーょまは
プロ
プロ
へーょまは
りべさんのお誘いでウメブラの見学に行きました。
(ウメブラはスマブラのユーザー主催イベントです)
りべさんと飛車さんと3人でほあーーー・・・ってなりました。

・人数は250人ぐらい?だったそうで、ぷよぷよカップ並みの規模だった。超広い。
・会場は同じ場所を安定して取れるわけではなく、取れたところでやるらしい
・ゲーム機は参加者に持ってきてもらっている。会社管理より、設定などがちゃんとしてあって使いやすい
・モニターはBenQのモニターで統一している。この日は50枚ほど。以前はBenQの協力で無料レンタルしていたが、買った方が安いことに気づき割安で70枚購入した。割安で買ったため色々なところへ貸し出している。モニターを貸し出せますとのこと。普通免許で走れるトラックで運んでいて、専用の保管場所がある。
・ウメブラ開始時は40人規模で、徐々に大きくしていった
・スマブラは2002年の次は2014年まで公式大会がなく、ユーザーでなんとかする空気となっていた。2012年からは世界統一ルールでやるような流れとなった。また、大会はネットで見られるようにしている。(ぷよテトパーティーも放送やりたい。)
・スマブラは公式がファミリー向け、ユーザー主催が競技になりつつある
・ウメブラの紹介冊子を作成中で、RedBull5Gっぽさが漂っていた。印刷代だけで200円ほどかかるらしい。

■ぷよぷよの1P2P問題に関して
・ウメブラのエントリーの番号は世界ランキング順になっている。
・ARMSはオフライン対戦機能が存在しなかった。大会をやるときは無線LANを繋いでIPアドレスを統一して動かす方法を発明した。
・ぷよぷよの1P2P問題は統計を取るべき。

■観戦に関して
・配信上部にプレイヤー名やロゴを出すツールが公開されている。stream controlという。
・運営チームと配信チームが別れている。
・試合のハイライトは別マシンで出している。
・決勝は皆で観戦するように調教した。世界のe-Sportsイベントは観戦をしている!

ぷよテトパーティーで生配信をやりたいですね。
ひとまず無事に2回目を開催することを目標にがんばります。
更新日時:2018/08/26 14:34
(作成日時:2018/08/26 14:34)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア