1451

ぷよぷよ通スコア 特殊 高難易度操作テクニック

by
Fish1201
Fish1201
落下速度のはやい後半面では特殊な操作やテクニックを使わなければならない場面が
出てきます。 昇竜は必須テクニック 橋渡しも練習しておきましょう。※()内はコマンド

対戦で勝負が長引いて落下速度が速くなったときに役に立つ可能性も?
                                                    


橋渡し (B→→B)

スコアアタックの後半面では落下速度がはやく
横入力をしても置きたい列までいかずに溝に落ちてしまうことがよくありますが
それを回避するのがこのテクニックです。
右に橋渡しをする場合軸ぷよは右側にないといけないのが注意点です。
咄嗟にやるのがかなり難しい操作なので要練習です。
                                                    


5回転 (BBBBB)

タッタカが使えない場面では5回転を使用することによってまわしを行うことができます。
まずこの場面は5回転を使えばいける!と考えが浮かぶのすら難しく
ぷよが設置する前に素早く正確に5回転を行う必要があります。
また画面外でのぷよの動きは当然目で確認できず、ぷよの音もないため成功したかは本人の感覚次第になるところも難しいところです。
2面ではそこそこ安定すると思いますが3面以降は5回転目が間に合わない可能性が高くなります。
                                                    


昇竜ぷよ (BBB(B)

スコアアタックの後半面では落下速度がはやく
4または5列目が高い場合横入力を最初から入れっぱなしでも
ぷよが引っかかってしまう事がよくありますがそれを回避するのがこのテクニックです。
操作自体はレバー横+連打するだけで簡単ですが
引っかかってから反応し連打していては間に合わない可能性があるので
事前に連打で昇る操作が要ると判断する必要があります。

                                                    

はじけ回し (AAAA)

この場面では普通に6列目に紫を置くことは不可能ですが
3列目ではさまりから抜け出す勢いを利用して6列目に回すことが可能です。
一応橋渡しでも6列目に紫を置けますが4列目にぷよを乗せるのが少し難しいのと
操作時間が長いためこの場面では上図のまわしが最善かと思われます。
操作自体は簡単ですがこのまわしが使えると気付くのが難しい技です。
名前は決まっていないので適当です。
                                                     

はさまり回避 (気合い)



高速連打することによってはさまりを回避できます。
5色面からは超高難易度になります。

気合いで回しましょう。

























 
更新日時:2019/11/09 07:23
(作成日時:2018/09/30 12:13)
カテゴリ
上級者向け
コメント( 1 )
根崎
根崎
2018年10月1日 12時35分

すごい…

コメントするにはログインが必要です
シェア