870

10月度ぷよカップ、チャンピオンシップを終えて

by
コインさん
コインさん
皆様お疲れ様でした。

今回は初のセガ新社屋開催ということで大崎までやってきました。
大崎駅まで電車でおよそ2時間とちょっとかかるので、早めに到着するのに家を6時くらいに出発しました。
予定では8時30分くらいに着く予定でしたが、うたた寝をしてしまったため実際に到着したのは8時45分くらいになったかな?


既に気の早いぷよらーが5名ほど先に到着しており、スタッフの指示に従って事前に同意書や身分証の用意を進めていました。
僕も漏れなく気の早いぷよらーなのでそれに習うように待機列に並ぶことに。

9時受付開始とのことでしたが色々と準備に時間がかかったのか、自分が受付を終えたのは多分9時20分すぎだった気がします。
受付の際に名札と通行証等を貰い、11階にある大会会場へエレベーターで向かいました。
11階の会場前には物販コーナーが設けられており、入場前に応援用のうちわを2枚購入。
入場すると25ブロックに分けられた座席が用意されており、受付終了時刻までは自由な席に座ることが出来ました。
この時間帯に知り合いと合流しつつ、無料配布のライジンを飲んだりして時間を潰しました。
既にブロックごとにPS4の設置はされていましたが、一般プレイヤーは事前に触ることは出来ませんでした。トラブル防止のためでしょうか。
しばらくするとプロプレイヤーの方が手分けしてコントローラーの動作チェックを済ませ、受付終了時刻を少しすぎたあたりでリーグ表が公開されました。
リーグ表は受付の際に使用したエントリー確認用のURLから自動的に表示されるようになっており、自分のブロックを確認した後各自席の移動を始めました。

予選は全25ブロックに別れて7〜8人でのリーグ戦を行い、上位1名が勝ち抜いて決勝トーナメントに進む形式となります。

リーグ戦はエントリーの際にランダムに割り振られた番号の若い方が1P側になるように対戦、勝敗は2先で決定し、全試合を終えて勝ち数の1番多い選手の勝ち抜け、同率勝ち数の場合は勝ち本数の多い方の勝ち抜け、勝ち本数も同率の場合は同率選手で再試合を行い決着をつけました。
今回は結構なブロックで同率1位での三つ巴などが見受けられ、混戦していたように思います。
予選リーグ全試合が終了すると決勝トーナメントの準備のため、勝ち上がった選手以外は9階にある社員食堂へ向かいました。

事前告知のあった通り、社食にはカレーが用意されており、ICカードなどでの支払いのみに対応していました。
カレーのトッピングに100円のカツと50円のコロッケが用意されており、お好みで追加することが出来ました。
※live選手はトッピングではありません。

ドリンクも購入できるようになっていて、コーヒーなどを各自注文をすることができます。
カレーの味はとても美味しかったのですが、舌が敏感な方には少々辛さが目立った様子。
食堂には10台くらいでしたか、ぷよぷよeスポーツのフリープレイ台が用意されており、参加者で自由にプレイ出来る他、プロ選手との対戦も可能となっていました。
その他にもダーツやビリヤードなどが設置されていたり(自由にプレイ可)、ライジンの無料配布や物販コーナーも設けられていました。
今回は朝早くに出発したので空腹状態だったため、カツカレーを2杯頂きました。
15時までは自由時間だったので、その間に物販コーナーにて追加でうちわを2枚購入。
既存プロ選手のネームシールを切ったり貼ったりして、決勝トーナメントで戦う選手の名前入りうちわをその場で作成。
※えさし選手の[し]、めいせつ選手の[い]、[め]をくり抜いて作った[の]を組み合わせて作成。

15時に近くなると決勝トーナメントが始まるため、再び11階の会場へと向かいました。


ここからは公式配信が始まるためカメラや音響などもスタンバイしおり、結構ごちゃごちゃしていましたが、今回から観戦するにあたって椅子が用意されたため、床に長時間座ることはほぼなくなりました。(近くで観戦するためにあえて座ることはありました。)
決勝トーナメントは会場内に配置された複数のプレイ台で同時に進行していたため、配信の際も1台分の試合のみ放送されており、全ての試合を網羅することは出来ませんでした。
準々決勝からは勝てばプロライセンス取得ということもあり、全て壇上での対戦形式になりました。
推しのプレイヤーもここまで残っていたため頑張って応援していましたが、惜しくも敗退。
今回のぷよぷよカップではCOOさんとfronさんの2名が新規プロプレイヤーとなりました。おめでとうございます。


ぷよぷよカップの決勝トーナメントが全て終了すると、今度はチャンピオンシップの準備が始まるため、再び9階の食堂にて自由時間。
お面をつけていたためか、自由時間に地方テレビのカメラマンさんから取材を受けました。
なお、イベントでテレビの取材を受けたのはこれで2回目。
18時からチャンピオンシップが始まるため、みたび11階の会場へ向かいました。
チャンピオンシップの流れは全て生配信されていた通りの内容のため割愛、優勝はくまちょむさんでした。速攻戦略を駆使して終始自分のペースで試合を進めておりとても強かったです。

チャンピオンシップが終わると観戦していた一般選手は解散、選手同士感想を談笑しつつ速やかに1階へ降りて行きました。
スタッフによる片付けが粛々と行われる中、プロ選手全員が揃ったところで記念写真を撮影するとの事だったため、メディアのカメラマンに混ざって写真撮影に勤しんでいました。(怒られないうちにこっそり退場)

1階のエントランスにて、通行証と名札の返却を行い今度こそ解散。
アフターで食事に行く人もいましたが、僕は次の日に仕事があるので大人しく帰宅。

帰宅まで2時間以上かかるので帰路の電車の中でこの記事を書いています。
次回大会は2日にかけて開催される?とのことで、この場合遠征勢はかなり大変そうですね。
ただよく見ると運営の都合で1日開催になる可能性もあると記載もあるし、まあとりあえず2日分の休みを取っておこうとは思いますがどうなるか。
なるべく早く詳しい情報を公開してくれることを祈るばかりです、セガさんよろしくお願いします。
更新日時:2018/10/28 00:52
(作成日時:2018/10/28 00:12)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア